男にチヤホヤされて来た独身女性はアラサー以降「婚活こじらせ女子」になって婚期を逃す!

目次

男にチヤホヤされて来た独身女性はアラサー以降「婚活こじらせ女子」になって婚期を逃す!

 

今回が実際に私が相談に乗って関わった女性のお話をご紹介したいと思います。

特に若い頃に男たちからモテた女性は、アラサーを過ぎると一気に男たちからモテなくなり、アラフォーになり、アラフィフになり、婚期を逃し続けて、一生シングルで終わる…。なんていう状況になって婚活が上手くいかずにずっとこじらせている女性も多いんですよね〜

このお話は「こんな“婚活こじらせ女子”にならないように気をつけてね〜」という悪い例だし、絶対に真似してはダメな例えだから、皆さんは反面教師になってそうならないようにすれば“きっと幸せなパートナーシップに恵まれる”というお話よ♥

 

◆「若さという魅力」に敗北し続ける“婚活こじらせ女子”たち

その日も私も元にお試しカウンセリングの申し込みメールが来た。お問い合わせしてきた斉藤美都里さん(仮名)は、私が以前勤めていたとある職場で一緒に働いていた女性からだった。斉藤さんとは部署が違うのでほとんど話す機会はなかったけど、私が婚活コンサルをしているのを風の噂で知って連絡が来た。

斉藤
宮さん、お久しぶりです。

私も斉藤さんとお会いするのは本当に久しぶりだったし、失礼な話だけど直接お会いするまで顔を思い出す事ができなかった。不思議なことに実際に会ってみると当時のことを思い出よね。でも、斉藤さんとまた再開するなんて思っていなかったし、まさか斉藤さんが婚活に苦戦していたなんて全く考えられなかった。

その理由は、斉藤さんは“とっても人当たりのいい女性”だし、“男女問わずに親しみを覚える人”だったし、婚活をこじらせているとはその時はまだ知らなかった。斉藤さんももう50代のアラフィフになっていたけど、見た目はとても若いし、とても笑顔が素敵な女性だったし、だから余計に「本当に異性関係に問題を抱えているの?」と素直にそう思った。

斉藤
宮さんは知らないと思いますけど、私離婚したんです。

それから数人の男性とお付き合いをしたんですけど、それでも上手くいかなかったんです…。(汗)

私って“尻軽女”に見えますか?

斉藤さんは唐突にそう聞いてきた。でも、斉藤さんが言う“尻軽女”と言う意味が私には直感的に何となくわかった。男から見ると斉藤さんは基本的にいつも笑顔だし、そういう女性は男性からしてみればとっても好意的に思える。ただもっと具体的に言うと斉藤さんは『男を勘違いさせちゃう女』でもあるわけよ。ある意味で魔性の女ってやつだ。

この特徴を持っている女性は恋愛もスンナリと良好に進むのよ。でもその裏側では“簡単に男性との関係を持ちやすい特徴”を持っているの。でも、アラフィフになって独り身でいるということは“異性関係ではかなりこじらせていると言えるよね…。(汗)

斉藤
私はいつも“この人と付き合いたい”とか“この人と結婚したい”と思っている男性とは上手くいかなくて、いつも「どうでもいい男」にばかり言い寄られていつの間にかにその男とくっ付いちゃうんです。

別に付き合うと決まっていないのに、何となくカラダの関係を持っちゃって、そんな感じだから数ヶ月すると別れちゃうんです…。(涙)

この数年はその繰り返しだし、自分でもどうしたらいいのかわからなくて…。

宮さんに相談したいと思ったんです。

ただ、斉藤さんから話を聞くと結婚をする直前まで行った男性が数人いたけど、その男性には他に付き合っていた女性(二股されていた)がいて「ごめん、俺と別れてくれ!」と言われて結局破局を迎えてしまったのだそう。斉藤さんは“男から本命の女として選ばれない状況”になっていたわけだ。

その彼がなぜ斉藤さんを選ばなかったのか?と聞くと、相手の女性はまだ20代後半で彼の中に「子どもを産みたい。」という想いがあったんだよね。(その頃斉藤さんは40代後半でアラフィフに差し掛かっていた)でも、40代は子どもを埋めないか?と言えば今の時代は逆に高齢出産が増えているし何の問題もないと思う。でもね、悲しいけど、彼は年齢(赤ちゃんを産みたいという想い)で相手の女性を選んだんだよね。これは斉藤さんにとってみればとても辛い事だったと思う…。相手の女性の顔は中の下だったらしいけど、男は若い女おっぱいが大きい女お尻がポッチャリした女が好きってことよ。つまりは、お酒はたしなむ程度、タバコは吸わないし“元気な赤ちゃんが産めそうな健康体”ってことなの。

斉藤さんの顔はそれなりに美人だったの。ただ細身でお世辞にもおっぱいは大きいとは言えないし(むしろ洗濯板だし)、タバコもお酒もやっていたし、何となく不健康な感じに見えてたと思う。(幸が薄い感じの女性にも見えちゃうかもね…。)

次に付き合った男性は趣味のボディーボード(マリンスポーツ)で出会った人でその彼はサーフィン(ロングボード)をしていて、同じ趣味のマリンスポーツということもありすぐに意気投合していつの間にかに男女の関係になったとのこと。

私もロングボードをやっていたからわかるけど、サーフィンなどのマリンスポーツ(波乗りスポーツ)は海で波待ちをしていると、「どこからきたの?」「今日は波が無いね〜」「今日の波は最高だね〜!」と隣り合った相手と会話をしたりするからすぐに友達になるし、夏になれば気持ちも開放的になるのですぐに仲良くなって打ち解けたりするし、波乗りをする男もカッコ良く見えるので(ゲレンデマジック的な事がよく起こるので)特に男女の関係になりやすいスポーツなのだよ!

ただでさえサーファーは遊び人も多いのにさ、斉藤さんも彼らに弄ばれていた状態になっていたみたいだし。サーファーの全員がヤリチンとヤリマンという訳じゃ無いよ、でもさ“そういうイメージがある”ってことは確かだしね…。(汗)

男性に「この女性と結婚したい!」と思わせる女性の魅力

斉藤さんが婚活でこじらせている問題があるとすれば“男を本気にさせる魅力が無い女性”ってことなの。

この男を本気にさせるとは、男性に…

男性A
この女性と結婚したい!
男性B
この女性と一緒になったら、“僕の人生はきっと素晴らしいもの”になるぞ!
no name
この女性を逃したら僕は「一生後悔する人生」を送る事になる…。(汗)

と思わせる女性のことなの。

この内容は私が書いた電子書籍の【運命の人と結ばれたいなら、今すぐ婚活はお辞めなさい。】 (極上のパートナーと結ばれている幸せな「あげまん」が実践してる21のこと)の中でも書いてあるけど、相手の男性に「この女性の逃したら絶対に後悔する…!!」と思わせる事が出来るか?ってことなのよ。これは魅力とか説得力とかクロージング力とか交渉力とか言うの。それができる女性は何歳になっても男性に困ることはないからね!

でもね、残念なことに斉藤さんにはそれができなかったし、それを学んだり勉強する機会も無かったと思うの。なぜなら20〜30代前半の若い頃にそこそこモテてたし、“自分からアプローチをしなくても男性から誘ってくれる状況”が続いていたからね。若さという期限付きの魅力にあぐらをかいて何もしていなかったから、今になって苦労しているし婚活をこじらせアラフィフ女子になっちゃっていのよ。今現在婚活が上手くいっていないサラサーオーバーの女性の多くはこれが原因になっている女子が多いのよ…。(汗)

若い頃から男性にモテない所謂中の下と言われている女子たちは、早いうちから“見た目や外見では可愛くて綺麗な女子には敵わない”と悟って『見た目や外見以外の魅力』を磨くようにしていったの。彼女たちは見た目や外見という土俵で戦ってもブサイクな自分には勝ち目がないとわかっていたので、お笑い・漫画・ゲーム・スポーツ(マラソン・筋トレ)・サバゲー・お酒などなどの男性が好きになる趣味やジャンル男性達とコミュニケーションを深め独自の分野で恋愛に発展させるという手法を取りざる負えなかったのよ。でもそれが逆に良かったの!

綺麗とか美人は年齢を重ねる事でその魅力は年々低下していくので、彼女達は「若さ=美=愛される為に必要不可欠なもの」と信じきっているので、若さを失う事をもっとも恐れているし「老いる=美が低下する=愛されなくなる」と思っているの。だから、若さを追求し続けるのよ。若さを追求する事は別に良いけど、「若さを失うと彼(パートナー)から愛されなくなる…。」というのは違うと思うしね。

JPモルガンのCEOが教えてくた「年収50万ドル(4000万円)稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》

【JPモルガンのCEOが教えてくた「年収50万ドル(4000万円)稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》】という記事の中でも紹介したけど、外見や見た目の可愛い綺麗美しいという事だけしかない女性は“20代のうちに結婚をしないと結婚できなくなるリスクが高くなる”ってことよ。だって下の世代から若い女子がどんどん出てくるし、30代になると一気に肌質も変わるし、どんどん男性から選ばれなくなるの。それに、男性も結婚するとなると“見た目が美人の女性”(その他には何もない空っぽ女)を選ぶか?と言えばそんな事はないからね。

可愛げもない愛嬌もない「ただ綺麗だけの女と結婚しても結婚生活(夫婦生活)がどうなるか?」と想像してごらんよ。若くて綺麗な女性が好きな男と結婚しても、奥さんが子どもを産んで小ジワが増えてきた頃に若くて美人の女子と浮気や不倫をしちゃうのよ。だって、その男は“若くて美人な女が好き”なんだもん!それに美人は三日で飽きると言うし、どんどん違う女を関係を持っちゃってもう泥沼よ。結婚しても良いとこ2〜3年したら離婚しちゃうから。

でもね、中の下と言われる女子たちの中には結婚をして幸せになっている人たちもたくさんいるし、独自に身につけた魅力は年齢を重ねても健在でその光をピカピカと放っているのよ!見た目や外見以外の魅力で勝負してきた女たちはとてもハングリーでめちゃ強いのよ!可愛いだけで男達はチヤホヤして甘やかされてきた一人では何にもできない甘ったれ女子たちなんて目じゃないって!

餌の時間になると勝手に食べやすい餌をもらえて外敵から守って育てられた鯛と、大海原を逃げ惑う甲殻類のエビやカニをガブガブと食べて貝類もガリガリを食べて行く中で顎も牙も強くなった鯛とではメンタルもハングリも違うし、何よりも魅力が全然違うのだよ。美人が取り柄だけのアラサーオーバーの女子愛嬌と可愛げがあってどんな状況も対応力があるアラサーオーバーの中の下女子、実際に結婚するとなると男達は中の下女子を選ぶのよ。赤い彗星のシャー大佐も「ザクとは違うのだよ、ザクとは…。」と言っているし、男は結局は機動性性能を重視するのよ!マジで!!

中の下女子はメイクで美人に化けるし、奴らのメイク術は特殊メイク並みにすごいのよ!その神技メイク術にハリウッド監督も彼女たちをスカウトしたくなるほどよ!そして、徐々にメイク時とすっぴんの境を曖昧にしていくの。男たちもじわじわと「あれ?以外に可愛くない!?」(だんだんと彼女が綾瀬はるかに見えてきた!)と勘違いするの。男の脳を騙したもん勝ちよ!あんた達は男の脳を洗脳して行くのよ!彼が寝たら頭にこっそりと洗脳ヘッドギアを装着するぐらいの気持ちで行きなさいよ!マジで!!

今からでも男の扱い方男女のコミュニケーションの違いを学んだりおすすめ書籍を読んで勉強していく中で実践していけば、しくじりの婚活からを卒業できるのに斉藤さんはそれもしなかったの…。まるで過去の栄光(そこそこモテた20代の頃)を取り戻そうと必死になっていのよ。でもさ、若さはを取り戻すことはできないし顔やスタイルによほどの自信がない女性がアラサーになったら「若さに変わる魅力」を身につけないと正直婚活を成就させるのはキツイし厳しいからね…。(汗)

この若さに変わる魅力とは、男性が喜ぶ心と身体の取り扱いをマスターしたり、あげまんの考え方や思考を持つことだったりするの。これは難しいことじゃなくて、簡単に言えば『相手(男性)の立場になって物事を考える事』を意識したり実践するこのなのよ。

婚活をこじらせている女子のほとんどは、相手の顔や性格や年収などのスペックだけを重視して見て婚活をしていから婚活がこじれ続けているの。つまり、ジャイアンののように「お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの。」という“自分の事だけしか考えていない”(自己中心的思考)の。だから、相手が持っているスペックなどの価値や魅力に寄生して自分の魅力にしようとしているの。そんな彼女たちは若さに変わる魅力もないし、いつまで経っても若い女子たちに自分が気に入った男たちを横取りされ続けるの。そうすることで余計に「プルプルコラーゲン摂取」「ヒアルロン酸注射」「プチ整形」「キラキラメイク」とかしてそれをInstagramやFacebookに投稿しちゃうし、そうすることで余計にヤリモク変態男からDMが来てもうめんど臭くなっちゃって婚活どころじゃなくなるの!

そんな事をいつまでもやっていたらさ、あんた達の明るい未来は来ないわよ!今の自分を観察して『今の自分の魅力を引き出すブランディング』をしきゃダメよ!

自分に魅力あっても相手から「素敵!」「好き!」と思われないと意味がない。

よく自分でやりたい事見せたい事自分が好きな事“自分の魅力と思っている女子がいるけど、でもそれは大は間違いなのよ。

例えば、あんたたちの中にスピリチュアルな事が大好き人間もいると思うもの。男性からどんな男性が好きなの?と聞かれたら「私と同じソウルメイトで特にツインソウルを持っている人」とか言っちゃうと…

「ツインソウルって何?靴に入れる中敷のソールのこと!?」

「え?こいつヤバイ女じゃね?早くこの女から逃げたい…。」

「カルト教の信者かよ?」

「お前とはルームメイトにもなりたくないわ…。(汗)」

と思うよね〜。男にとってその女はハッキリ言ってマジで痛い女だわ…。よく自分が好きな事柄が自分の魅力とかほざいて起業したり婚活している女子はだいたい失敗するんだよね…。(汗)

「スピリチュアル」も「あげまん」もバランスが大事!

【 「スピリチュアル」も「あげまん」もバランスが大事!という記事の中でも紹介したけど、宮はあんた達に自分の好きなことをやめろ!とかスピリチュアルはダメと言っているんじゃないの。自分の好きなことは好きなままで勝手に楽しんでくださいよ。でもさ、それはあんたの魅力じゃないしただの趣味や自己満だから。

魅力とは“相手(第三者)が判断”するものなのよ。

自分が魅力的になるために気に入っている香水をつけていても、相手に「うわ!なにこの匂い?クッサ!!」と思われたら魅力にならないしアウトよ!そんな女に近寄れるのは臭い匂いが大好きなハエだけよ!その女にはハエ男がお似合いよ。リアル「ザ・フライ」(映画)よ!ハエ男の子どもを産んで恐怖するがいいわ!バカチン!

アンコウという魚は見た目はバケモンなの。アンコウ自身も「オイラは醜くて最低な魚なんだべ…。」と思っているかもしれない。でも鍋で食べてみるととても美味しいし、アンコウのひれ・皮・えら・肝(肝臓)・胃袋・ぬの(卵巣)・身は捨てる所がないほど美味しくて魅力的な魚なんだよね。でもそれって美味しいかどうか?は食べる相手(人間)が判断した結果だよね?この「魅力」と言うものは“あんたと関わる相手が決めている事”なの。

あんた達の中に「自分の魅力って何ですか?自分でもわかりません…。」と質問したくなると思うし、その気持ちはよくわかる。実際に自分の魅力を自分で見つけようとするのは難しいのよ。だから、親や友達などあなたの事をよく知ってる人たち「私の魅力って何だと思う?」と聞いてご覧なさいよ!それは長所とか才能とか得意な事とかでも良いし!きっと自分の知らない魅力が発見できると思うから!マジで!!

相手から見れば自分のコンプレックスが「素敵な魅力」になっている《赤毛のアン症候群》

【相手から見れば自分のコンプレックスが「素敵な魅力」になっている《赤毛のアン症候群》】という記事の中でも書いたけど、自分の中にある魅力が中には「自分では受け入れがたい事」(認めたくない事)だったりするの。赤毛のアン“自分の赤毛もそばかすもコンプレックス”だったんだよね?でも男の子のギルバートからはとても魅力的な女性に見えていたの。つまりコンプレックスが魅力になる事があるってことなのよ!婚活を成就するには、“自分の中になる可能性(魅力)に気づく事”なのよ!その魅力を知らずに(知っていても隠し続けて)婚活をしても上手くいかないのよ。斉藤さんも「自分の魅力」には気づいていなかったし、そもそも自分と向き合う事から逃げていた感じだっよね…。(汗)

だからと言って、何もしないで何もしないで放置していても何も変わらないし、自分の未来を変えることはできないのよ。もしも、あんたたちの中に同じようなこじらせ婚活女子がい居るのであれば、宮があんた達の魅力が出るまでお尻をバシバシ叩いて魅力がポロポロと出てくるまでお仕置きたるわ!マジで!(実際にはコーチング技法を使ってカウンセリングするんだけどね〜)

 

◆こじらせ女子は「理想の異性と結婚したい!」とプライドだけは高いけど、結局は“自分に自信が持てない女”たち!

斉藤さんは“自分の理想の異性”“一生涯のパートナーになる相手”のズレが凄すぎて、私は思わず「斉藤、半端ないって〜!」と叫んだわ!マジで!!(心の中で叫んだだけど、本当に叫んだらヤバイ人でしょ?笑)

婚活をこじらせている女子たちは自分が好きになった相手に対して、声もかけないし、アプローチもしないし、「わたしはあなたが好きなんです♥」ということを伝えないし、そうやって何度も何度も恋愛が終わっちゃうの。

まるで回転寿に行って自分が食べたい寿司ネタが目の前を通っているのに、生唾を吞み込みながら自分の目の前を通過するのをじーっと何もせずに見送る感じだよね〜。そのくせ「また中トロのお寿司を食べたかったのにまた逃してしまったわ、私ってダメな女なの…。」って、あたしゃそんなの知らねえよ!あんた回転寿しに何しに来ているんだい?と聞きたくなるよ…。(汗)

そんなことを繰り返していると定員さんから「すみません、もう中トロが終わりました。」「すみませんラストオーダーです、お帰りの準備をお願いします。」とか言われて後悔する事になるんだよね…。(汗)

お目当の寿司が食べたい寿司ネタを発見したら、確実にゲットするためにロックオンするの!そして目の前に来たらガブッとゲットしなきゃ!それがいつまでも出来ないでいると、オリジン弁当ののり弁で空腹を満たす事になるの。でもね、年齢が上がれば上がるほどのり弁に入っている魚のフライのこってりした油が重くて受け付けなくなってくるの…。これは婚活も一緒なの。

アラサー→アラフォー→アラフィフになると、男性に対する理想(スペック)がどんどん上がってくるし、そのスペックが下げられなくなるの。「私はの胃は中トロの油じゃないと受け付けないのよ!逆に大トロに油がクドくて…。」「だからと言って、かっぱ寿司の中トロじゃダメなの!せめて銚子丸の中トロが良いの!」と限定するのよ。そういう女に限って実際に銚子丸に行って中トロが目の前を通過しても、結局は手を出さないし何もしないんだよね。おいおい!お前が銚子丸の中トロしか食べないと言ったんだよね?でもさそう言う女に限って周りの人の目を気にしたりしてさ、結局はかっぱ巻きを食べるんだよね〜 え?お前が「わたしはかっぱ寿司はダメなの!」とか言っていたんだよね?そのくせ手頃なかっぱ巻きとかおいなりさんとかかんぴょう巻きしか食べないし…。確かにかっぱ巻きお稲荷さんかんぴょう巻きも美味しいよ!だったら、背伸びしないで堂々とかっぱ巻きを堂々と食べれば良いじゃん!!

理想の異性のスペックを落とて出会った相手と結婚して幸せになる女子たちもたくさんいるんだし、だったら中トロ男じゃなくてもかっぱ巻き男を食ってお腹を満たせば良いじゃん!

でもさ、あんた達はかっぱ巻きでお腹一杯にしたくないんでしょ? “かっぱ巻のような低スペックな男”じゃ満足出来ないのはわかっているんでしょ?だったら、中トロ男が目の前を通過したらガバッとゲットしなさいよ!「人生一度きりだし好きなことしなきゃ損だよ!」とか言っているけど、だったら好きな男がいるなら声をかけなきゃだろうが!バカチン!それとも店員さんに「お願いです。中トロの握りください!」って頼みなよ!それと同じように友達や知り合いに「ねえ?結婚相手を紹介してくれないかな?」と頼みなさいよ!あんた達がよく「人生一度きり!死ぬ気でやればな何とかなる!!」とか言っているよね?だったら土下座でもなんで死ぬ気でできるでしょ!?それで人生が変わるならやれる事は何でもしなさいよ!バカチンが〜!

《婚活四十八手》婚活中の独身女性が、友達や知り合いから男性を紹介してもらう時の注意点とは?

【《婚活四十八手》婚活中の独身女性が、友達や知り合いから男性を紹介してもらう時の注意点とは?】という記事の中でも書いたけど、友達に自分の理想の異性を紹介してもらうように頭を下げ頼んでてみようよ。変なプライドばかり持っていても自分から行動して中トロの握り(自分の理想のスペックを持った相手)は一生食べれない(結婚できない)し、そんなことばかりやっていると一生結婚できないままだだからね。それは嫌でしょ?一生独身女子たちと女子会したいなら別に良いけど。よくババアがドトールでコーヒー一杯で何時間も居座っているけど、ああだけはなりたくないわマジで…。(汗)

 

◆「理想の男」ばかり求めて“自分の今の姿を直視できない婚活しくじり女子たち”は結婚できない!

あんた達が永久に婚活にしくじり続ける理由は『結婚する気がない男』ばかり好きになって付き合っているからだから。良い加減それに気づきなさいよ!お前たちが結婚できる方法は『結婚したいと思っている男性と出会うこと』なの。

(よく「良い男がいないんです…。」とか言っている女子は、お前が良い女じゃないから良い男が見えていないだけだから、もう論外よ。)

斉藤さんも言ってたけど…

斉藤
私が付き合う男たちはみんなダメな男たちなんです…。

だから、私は結婚できないんです…。(涙)

↑あんたは自分自身を分析できてるじゃん!まさにその通りだよ!

女性
でも、私が好きになる男性に自分から声をかける勇気もないし…。

でも、それじゃダメだと私自身もわかっているんです…。(汗)

↑そうそう!今の自分じゃダメなんだよね?だったらどうすれば良いのよ?

女性
だから、それがわからなくて悩んでいるんです…。(涙)

じゃあ、一旦整理してみよう!

・自分から声をかける勇気もない。

・声をかけてる相手(誘ってくる相手)ととりあえず付き合っても結局別れる。

・でも友達(知り合い)に結婚相手を紹介してもらうもの気が進まない。
(可愛げがないし無駄にプライドが高いだけだって!)

↑もう行き詰まってるんじゃん。八方塞がりってやつ?ただのめんどくさいさげまん頑固ババアなの。結局自分では何もできないし何もしない婚活しくじり女子ってこと。こういう婚活しくじり女子は多いと思うし、アラサーアラフォー→アラフィフそれ以上(この上は省略)それぞれの世代でどんどん絶賛増殖中なの。でもね、残念だけど彼女たちは“よっぽどの事がない限り自分自身の力ではもうどうにもできない”と思うの。

斉藤さんも結局は…

女性
自分自身でなんとか頑張ってみます…。

と言ってたけど、一人で頑張れるんだったらすでに結婚していると思うし、今頃は家族を持てていたと思うのよ。でも、本人がそういう以上は宮は何もできないし、そればかりは仕方がないよね…。(汗)

でもね、斉藤さんも…

斉藤
結婚相談所で婚活するなら“自分の力”で結婚したいんです!

だからさ、“自分の力で結婚できているならもう結婚しているはず”なのよ。でも現実はそうじゃないし、同じことをしていたらいつまでも同じ結果(独身のまま)で何も変わらないの。

斉藤さんも無料マッチングアプリで婚活をしているみたいだったけど、遊び目的・カラダ目的・ヤリモク目的だった男性にしか出会わなかったみたい。

婚活サイトのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【婚活サイトのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!】という記事の中でもおすすめ婚活アプリを紹介ているけど、無料マッチングアプリで婚活をするのであればプロフィール詐称・既婚者・金銭詐欺・ネットワークビジネス勧誘・宗教勧誘などを目的にしている人たちに出会ってしまうから本当に注意して!でも、婚活をしていてそんな相手に出会っちゃうと、婚活が嫌になってやめちゃうのもわかるし、婚活が中途半端なままで進まないくなるのもわかるのよ。でも、そんなこともいつまでも言ってられないでしょ?だからこそ「私はアラフィフになっても婚活がこじれ続けているのかな?」と気づかなきゃ!(気づいていないから婚活がこじれているんだけどね…。)気づたらその問題と向き合う事だ何よりも大事。

大体さ、こじれる女子たちは“問題が起きても放置プレイ”(問題が起きても見てぬフリ)をしているし、それが婚活をこじらせている元凶なのよ。ある意味で自分の問題を他人事のように見ているし、因果応報とか自分で蒔いた種を刈り取るとか言うけど“自分に起きている問題を先送りにし続けた結果、今頃になってそのツケ(代償)が自分の身に起きている”ってことなのよ。だから、結婚相談所以外のマッチングアプリとか婚活サイトとか色々新しいことをするけど、でも基本的な事ができていないから婚活が上手く行かない事が多いよね…。

宮が言うこの「基本的な事」とは、“気が向いた時にだけ頑張る人”“気が向かない時も少しづつでもコツコツ頑張れる人”だったら、後者の“気が向かない時も少しづつでもコツコツ頑張れる人”の方が当たり前だけど成果も結果も出るの。

お米を育てるのに「秋の収穫の時だけ頑張ります!」という良いところ取りをしたいと考える人がいるけどそう言うのは自分勝手で都合がいい人し、結局成果も結果も出せない人が考える事なの。

お米を育てて収穫するには、3月ごろ苗を育てて、4月に代がきをして、5月ごろ田植えをして、6〜7月は水の管理や肥料の管理に追われて、9月ごろに稲刈りをするの。だから、お米を育てて食べるようにするまでには一年かかるの。土壌の整備も田植えもしないのに「収穫の時だけ頑張ります!」と言ってもそれは無理よ。レンジでチンするだけのサトウのごはんとは違うの。コンビニに行けばおにぎりやお弁当が簡単に手に入ると思っていると思ってない?ご飯を食べることはそんだ単純なことじゃないのよ!これは婚活も同じなの!

婚活は生まれる前からすでに始まっているから「相手のスペック」にこだわりすぎると今期を逃す理由

よく「異性と出会って結婚できるように頑張ります!」と言って婚活をしている人がいるけど、異性に出会う前からすでに婚活は始まっているのよ。

例えば、どんな男性と結婚したいの?と質問されたら「清潔感があってスマートで、仕事はお医者さんで年収も1000万円前後で、優しくて、身長が180センチ以上あって…。」と言うとするよね?だとしたら、男は“清潔感を保つように髪型や肌にも気を使えて、大学の医学部に入学して医者を目指して今頃は研修医を終えていて、親の教育が良かったおかげで性格も良くて、親が180センチでその遺伝子を受け継いる男性”になれるようなライフスタイルを送っていないと結婚相手として見られないってことでしょ?

つまり、彼らの婚活は身長180センチの親の遺伝子を授かって生まれる事から始まっていると言えるし、清潔感が出せるように髪型のセットも練習もしないとならないし、服のセンスもメンズファッション雑誌を読んで勉強しないとダメだし、何よりも医者になる為に血の滲むような努力をして勉強をして医大に入学して、そのあとに待っている地獄のような研修医を経験しなければならなないよね?そして、あんた達と同じように、彼らにも理想の女性(結婚相手の理想)というものがあるの。

彼らにどんな女性と結婚したい?と質問したら、「おっぱいがCカップル以上あって、くびれがあって、二重で、サラサラなロングヘアーで、料理は得意じゃなくても良いけど努力して頑張れる人で、おっちょこちょいでも良いけど笑顔が素敵で愛嬌があって、一緒にいて癒される女性が良いです!」と言っているとするじゃん?そうだとしたら、“おっぱいを大きくするエクササイズをしたり、さもなくば豊胸手術をしたり、くびれを出すためにヨガに通ってスタイル維持をする為に頑張ったり、料理教室に通って不得意な料理も克服する為の行動ができたり、ドジでおっちょこちょいでも愛嬌を出す為に鏡を見て笑顔の練習をしたり、癒しを与える為にコーチングやコミュニケーション、心や心理の勉強をしている女性”になるような生き方や考え方やライフテーマを持っていなきゃダメってことでしょ?

じゃあさ、あんた達に質問ね。おっぱいを大きくするエクササイズをしたり、さもなくば豊胸手術をしたり、くびれを出すためにヨガに通ってスタイル維持をする為に頑張ったり、料理教室に通って不得意な料理も克服する為の行動ができたり、ドジでおっちょこちょいでも愛嬌を出す為に鏡を見て笑顔の練習をしたり、癒しを与える為にコーチングやコミュニケーション、心や心理の勉強をしている女性のようなライフテーマを持て生活すれば“理想の男性”と結婚できるよ!」と言われたら、そうなるように頑張れるの?そうなれる努力できるの?

多分…

女性A
そんな事できるわけないじゃない!!
女性B
そんなの無理に決まっているわよ!(怒)
女性C
若い頃ならまだしも、今の年齢からもうできませんよ…。(汗)

↑そうなのよ、もう無理なのよ。

でもさ、あんた達は相手の男たちにそんな妄想?理想?を抱いて、そんなハイスペックな男と結婚しようとしているんだよね?あんた達はその無理な婚活をしようとしているがわかっていなのよ。

プライドも無駄に高いし、可愛げもないし、いつまでたっても婚活をこじらせ続けるだろうし、これからも婚活を失敗し続けると思うのよ。そんなことしたら一生独身確定なのよ。これは婚活に夢を描いている男たち(「綾瀬はるか似の女と結婚したい!」とほざいているバカ男)も一緒なの。

全てのアラサー婚活こじらせ女子たちよ、結婚したけりゃ「わらしべ長者」になれ!

【全てのアラサー婚活こじらせ女子たちよ、結婚したけりゃ「わらしべ長者」になれ!】という記事の中でも紹介したこじらせ婚活女子がいたけど、そんな事をやっていると永久に結婚できないし、本当に独身一直線になっちゃうの。

でもさ、そんなの嫌でしょ?

 

◆「とにかく彼氏が欲しい!」と婚活しているこじらせ女子は“自分をジャンク扱い”してい事に気づけ!

私は失礼ながら「斉藤さんは本当に結婚したいのかな?」と思っちゃったんだよ。つまりさ「一人じゃ寂しいから、彼氏が欲しい…。(だけ)」なのでは?と思った。こういう婚活こじらせ女子ってたくさん居るから。

でもね、これはとっても大事な考え方なのだよ!彼氏は彼氏だし結婚相手になることはないの。結婚したいのなら、彼氏を探すんじゃなくて『結婚に繋がる相手』を探さなきゃダメなのよ。こじらせているアラサー以上の女子の多くは「結婚したい!」と言いながらも、結局は寂しさを満たしてくれる彼氏を探しているんだよね。だから不倫に走る女子も多いの。

彼氏がいずれ結婚相手になると思うけど、でも正確に言うとそうじゃないの。

確かに、彼氏がいずれ結婚相手になるし、一生涯のパートナーシップを組む相手になるの。でもさ、“彼氏になる男”“結婚する男”(一生涯のパートナーシップを組む相手)は違うのよ。どのぐらい違うのか?と言うなら、食事で例えると…

てりやきマックバーガーセット(ジャンクフード)

を毎日食べるのと、

ご飯・味噌汁・納豆・焼き魚・煮物・漬物(和食)

を毎日食べるぐらい違うのよ。

お腹が空いたからと言って、朝昼晩に毎日毎日自分が食べたいと思うてりやきマックバーガーセット牛丼のようなジャンクフードばかりお腹いっぱい食べていたら身体がおかしくなるでしょ?そんな食事でお腹をいっぱいにしていたらメタボになるし、体臭も臭くなるだろうし、間違いなく健康を害するよね…。(汗)

でもさ、ご飯・味噌汁・納豆・焼き魚・煮物・漬物(和食)を朝昼晩に毎日毎日食べても身体の健康はそこまでおかしくならないでしょ?逆に健康になるんじゃないかな?つまり宮が言いたいのは「今が良ければ良い!」と言って“自分が食べたいものばかり選んでお腹いっぱい食べていると不健康になるし早死にする”ってことなの。ちゃんとカラダの事を考えて「先々のこと(将来のこと・未来のこと)を考えたい!」と言って考えながら食材を吟味して、食べ過ぎに注意して食べていると健康になるし長生きするよね。

その点、その場の感情で流されてしまう人は自分の気持ちをその場の相手や勢いで満たそうとするし、そういう人は「後先どうなるか?」という事なんて何も考えてないし、「今良ければそれでいい!」とか言って好き勝手やっちゃってさ、後々になって後悔するんだよね…。それって“自分自身の感情をジャンクフード扱いしているのと一緒”だし、“本当の意味で自分自身を大事にし、自分の未来も大事にしていない証拠”なの。

その反対に、その場の感情に流されない人は自分の気持ちをその場の相手や勢いで満たそうとせずに、本当に大事で大切な一人の相手一緒になることで愛を満たそうとするのよ。だから、一人で寂しくても自分を安売りしないし、その大切な相手と一緒に過ごせるまでは自分を自分で満たそうとするの。それって、“自分を大切に扱っているし、自分の未来を大事にしている証拠”なの。それができる人は相手も大事にできる人たちってことだから!

だから、斉藤さんは今まで自分の寂しい感情を満たしてくれるなら別に誰でも良かったと思うし、ヤリチン男(ヤリモク)浮気男(既婚者)のようなダメ男(サゲチン)から目をつけられちゃって面倒な状況になっちゃうし、ずっと“婚活こじらせ女子”になっていくの。一旦こうなるとその負のスパイラルから抜け出すのは難しいんだよね…。(汗)

その理由の一つはアラフィフという現実なの。

これが10代や20代だったらまだ状況をラクに変えられるけど、30代〜50代のように年齢を重ねれば重ねるほど自分が男性を選べるという状況が難しくなるし、だからと言って相手の男性から選ばれるか?と言えばそれも難しいし…。だからと言って「結婚は絶望的か?」と言えばそうでもないの。

じゃあどうすれば結婚できるか?って事だけど、それは「結婚相手(自分と結婚してくれる女性)を探している男性と一緒になる事」なのよ。(←当たり前だよね。)

斉藤さんの彼氏になる男たちは“彼女になってくれる女”を探していたんだよね?つまり、恋愛ができて、エッチができて、寂しい時に一緒に過ごして、一人になりたい時は離れて、それはただの都合のいい女なの。でもさ、斉藤さんも「結婚したい!」とは言っているものの、一人の寂しさを満たしてくれる都合がいい男を探しているんだからお互い様だし類友(類は友を呼ぶ)の同類同士だから仕方がないよね…。そんな事をいつまでも繰り返していたら本当に結婚できないし、結婚したとしてもまた離婚しちゃって独身に戻っちゃうし、そうなるとクリスマスは一生シングルベルを鳴らすことのなるよね〜

じゃあ“結婚したいと思っている男性”だけど、これはよくある…

男性
僕と“結婚を前提”としてお付き合いしてください!

って言っている男性の事なの。

今まで斉藤さんが関わってきた男たちというのは“結婚を前提としないお付き合い”(彼氏彼女の関係・恋愛目的)を目的としていた人達なの。だから、斉藤さんは結婚しても離婚しちゃうし、今まで何度も何度も婚期を逃してきた訳だし、婚活をこじらせている訳なのよ。特に「良い人が居たら結婚したい!」と言っている人の多くは婚活をこじらせている女子が多いの。

宮もたくさんの婚活女子に会ってきたけど、そういう女子たちは「結婚もしたいけど、ドキドキするような恋愛をしていたい…。」と思っているし「本当に結婚したい!」と思えていない人が多いんだよね…。(心が寂しい満たされることのない女子ばかりなのよ。)ドキドキしたいなら韓流ドラマをみなさいよ!アホみたいにドキドキできるから!

「後々は結婚したい。」と思っているんだったら、普段から自分が結婚したい相手のイメージや理想像とか、夫婦生活なんかも具体的に考えいると思うでしょ?でも実際は「そんな事全然していません…。(汗)」という女子がいるしそれじゃ本当にマズイのよ…。(汗)

「理想の異性に出会って結婚する人」が日々考えて行動している事

婚活は普段の私生活での考え方や価値観で成功したり失敗するから、普段から結婚やパートナーシップ(男女のコミュニケーション・男女関係)について考えないで過ごし方をしていると、突然自分の目の前に理想の異性が現れてた時(結婚のチャンスが巡って来た時)にその大チャンスに気づけないで、後々になって「あの彼を逃したのは大失敗だわ…。」なんて毎回毎回後悔する事になるの。

理想の異性が目の前に現れた時にゲットできる人(チャンスを逃さない人)は、普段から「私の運命の相手はこの人かしら…♥!?」と意識しているの!

だから、実際に相手が表れた時に「あ!この人だわ〜♥絶対に逃しがしないわ!!」と行動できるし、勢いが全然違うのよ!

よく野球少年が野球観戦に行く時に、ホームランボールをキャッチするためにグローブを持っているアレよ!

ホームランボールなんて滅多にゲットできないのはみんなわかっているし、彼らもそれはちゃんと理解しているの。

でも野球少年たちは「もしかしたら、今日はホームランボールをゲットできるかもしれない!?」という希望を常に持っているし、いつ飛んで来るかわからないホームランボールをゲットするために絶対に野球観戦に行く時は絶対にグローブを持って行くんだよ。でも、その機会は突然に訪れるのよ!

「やったー!ホームランボールをゲットだぜ!!」(ポケモンか!!←ツッコミ 笑)

その野球少年は準備をし続けて行動をし続けてきたからチャンスを逃さずにゲットできるわけよ!

野球少年は良い意味で諦めが悪いのよ!野球少年はもう野球バカなのよ!だから、野球少年たちは諦めずに準備し続けて行動し続けたからホームランボールをゲットできたの。これは婚活も一緒なの!

理想の異性に出会える人は「もしかしたら、今日は理想の彼に出会えるかもしれない!?」といつもそう思って準備をし続けて、行動し続けたから“運命の彼に出会えるチャンスをゲット”できるの!それは、職場に来た中途採用の人・お客さん・取引先のお得意さんかもしれないじゃん?理想の異性に出会える人は本当に諦めが悪い女子たちなの!周りの人間達に幾度となくバカにされ続けてきて、でも本人が“バカに成り続ける事”ができたから一生に一度のチャンスをゲットできたの!

中には「私はそんな事はやり続けられません!」という女子がいるけど、だからあんたは“ただバカにされて終わるだけの女”だし、あんたにはその器が無いし口だで行動もできないさげまん女って事だし、いつまでもそんなことばかり言っている女は一生独身生活を送るが良いわ!バカチン!

話を戻すけど、理想の異性に出会って結婚したければ、“普段から「私の理想の相手はこの人かもしれないわ!」と意識する事(野球少年がホームランボールをゲットするためにグローブを持ち歩いている状況と一緒)”だからね!もうねそれしかないのよ!マジで!!

【理想の異性に出会う為の3つの事】

それを可能にするには…

・期待して行動し続けて待ち続けること!

“日々チャンスが訪れる”と思い諦めないで居られること!

・理想の異性に出会ったら即行動に移すこと!

以上の3つよ!

↑これを実践すればまず理想の異性と出会えるから!マジで!

「死ぬ気でやれば何となかる!」と言う人の多くは、何も出来ないまま死ぬ。

よく「人生は一度きりなんだから、精一杯楽しまないと!」とか「死ぬ気でやれば何でもできる!」とか「死ぬ気で祈れば願いが叶う!」とかほざいている女子がいるけど、そう言う女子に限って何もしないで平凡な人生を送っているし、別に平凡な人生でも幸せならそれで良いと思うのよ。

でもさ、“人生の中で一度でも何かを死ぬ気でやった事なんてあったのか!?ボケ!”と言いたいわ。

死ぬ気になればってそんな簡単じゃ無いから。戦争に行った人たちは死ぬ気で戦地に行ったと思うし、後先の事なんて何にも考えられなかったと思う。死ぬ気になってやるってことは「後先の事を考えずに没頭する事」だと思うの。だからさ、あんた達の婚活がしくじりが続いているんだったら、変なプライド・意地・他人の目(同世代の女性の目)・世間体とか気にしないで人生一度きりなんだから婚活ぐらい精一杯やってみなさいよ!それこそ死ぬ気でやればそれなりの成果を得られるはずだから!マジで!!

でも、アラサー→アラフォー→アラフィフ(それ以上は省略)の婚活こじらせ女子たちは「はい!宮先生の言う通り頑張ります!」とはならないのよ…。(汗)彼女たちにとって、そのプライド・意地・他人の目(同世代の女子の目)・世間体を気にするし、それらがあるから自分自信を保っている基盤になっているの。だから、そこを理解した上で婚活しないと「私、婚活に疲れました…。(汗)」とか「婚活はしばらくお休みしたいんです…。」とか「今は仕事に力を注ぎたいんです。」とか出だすの。つまりさ、婚活から逃げたしたくなるの。

でもさ、宮はあんた達に「元気やエネルギーや若さがあるうちに婚活をしておいた方が良い。」と思うよ。(当たり前だけどさ…。)

そのうちに嫌でも元気もエネルギーも若さも無くなって、逆にシワとシミと白髪と背中の脂肪が増えて行くのは間違いないしさ、その状況になって「死ぬ気で必死になれば何とかなる!」とか言ってももう無理だと思うの。でも「死ぬ気になればどうにか…。」と言うけどさ、それでも自殺をしたり、精神的に追い詰められて自分から命を経つ人もいるんだよ。宮にも経験があるけど精神的に追い詰められて「死ぬ気でやれば…。」と思ったこともあったけど、もうその時には心も身体も病んじゃって鬱状態になるし何も出来なくなるからね…。(汗)

だから、宮はあんた達は手遅れにならないように「この内容があんた達の反面教師になって、婚活が良い方向に行くように!!」と本当に願うばかりだよ。

 

◆しくじり婚活女子達は「自分の力だけでいつか結婚できる」と勘違いしている。でも「一生涯独身で終わる」と覚悟せよ!

あんた達はそうなっちゃ絶対にダメだし、斉藤さんのように独身一直線生活になっちゃダメだと思うのよ。ただ「一生独身のままでいたい!」と言う人は別にそのままで良いし、独身貴族を桜花したら良いと思うの。

でも、そうじゃない人は「じゃあ何をすれば婚活をこじらせている女子は、結婚をしてパートナーシップを組める相手と結ばれるの?」という答えはとても単純よ。結婚相談所で婚活したことが無い女子は婚活でできることは何でもやってみても良いんじゃないの?と思うわけよ。

だってさ、自分一人で婚活をしても結局しくじって失敗し続けるわけでしょ?だからと言って、友達や知り合いに異性を紹介してもらう為に頭を下げる事もできないわけでしょ?じゃあお前はどうするの?って話よ。

そういうと「根性と気合いで婚活して、今年中に結婚してみます!」とか言い出すバカがいるの!?そう言うバカチンは勝手にしたらいいの。

でもさ、根性で結婚できるなら、あんた達はとっくに結婚しているわ!ボケ!

あんた達はすでに根性も時間も無いと気づきなさいよ!もう自分でも「こりゃダメだ…。」ってわかっているんでしょ!?何をそんなに強がっているの?強がって結婚できるならいつまでも強がってワンワン吠え続けたら良いわ!いつまでも無駄なプライドばかり持って強がっても、あんた達に増えていくのは年齢・シワ・白髪・背中と二の腕に乗った脂肪だけよ。誰もあんた達の背中と二の腕の脂肪なんていらんわ!バカチン!

そんなに自分が婚活をガツガツしているところを世間様や周りの人たちに見られたくないんでしょ?誰もあんた達の婚活なんて気にしてないし見てないの。あんたは電車の車内で「あの人は婚活をガツガツやっているに違いない!!」とかわかるのかい?もしも、あんた達の中にそれがわかる人がいたら、それは間違いなくエスパーだよ!超能力者だよ!アベンジャーズに加入して地球の危機を救えるわ!マジで!

その力があれば男の心の中を読めるし、逆に婚活も上手くいくよね?もしも、本当にエスパーがいて「あの女は婚活してこじらせている!ダサ!痛!」とか知っても気づかないフリをしてくれるから心配しなくても大丈夫!エスパーは自分の能力を知られないようにようにするのに必死だと思うし。多分…。

とにかくあんた達が婚活をしていてもバレないし、誰かに知られる事もないのよ。お見合い中に食べたケーキやアフタヌーンティーの写真やなんかをInstagramやFacebookで投稿しない限りバレないから!

あんた達が理想の異性に出会ってもアタックするものダメ…、誰かに結婚相手を紹介してもらうのもダメ…、そんな女が…

女性
 私はどうしたら結婚できますか?(涙)

って知らんわ!バカチン!

 

◆婚活こじらせ女子は「ケチ癖」があるもももから上手くいかない!

《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

↑例えば【《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!】という記事の中でも紹介したけど結婚相談所で婚活をすると、専属担当コンシェルジュさんがあんた達が理想としている相手のリストを出して来てくれるし、もし気に入ればお見合いの手続きもおあんな達に変わってやってくれるの。

もっと言えば、相手の男性はそもそも“元から結婚したいと思っている男性”だし、あんたの事が気に入れば即交際に発展するし成婚する可能性は大なの。あんたも相手の事が気に入れば、結婚すれば良いんじゃん!それだけのことななの。別に難しい事はないの。婚活を難しくしているのはあんた達なのよ。

お高いプライド変なこだわり無知という恐怖(結婚相談所の婚活の仕方を知らない事)があんた達の婚活を失敗させる原因になっているし、あんた達自身が婚活を難しくさせているのに気づきなさいって。

あとは、あんた達が抱えている問題と言えば…、お金(資金不足問題・経済問題)でしょ?

斉藤さんも以前は結婚相談所で婚活をしていたし、話をよく聞いてみたらとにかく料金の安い個人が運営している結婚相談所に入会して数年間頑張ったけど、結局良い出会いもなかったらしくて途中でやめたみたいだったしね。でもさ、それが失敗の原因なの。つまりお金をケチったの。(安いだけの結婚相談所に入会たの。)

じゃあさ「お金をかければ良いか?」と言えばそうじゃないの。それなりの料金がかかる結婚相談所はそれなりのサービスやシステムが充実しているって事なの。高く良い車は金額が高いなりの理由があるでしょ?良い車は乗りごごちや静粛性に優れていたり、故障も滅多にしないから長い年数乗れるの。中古で金額もケチって安い車を買うのも良いけど、故障をしたり燃費も悪かったりで逆にコストも高くかかるのよ。長い目で見れば良い車(それなりの高い車)に長年に渡って乗るもの、中古車(安い車)を買い替えながら乗るのも、金額的には結局そこまで変わらなしね…。

やる気も無くて長期に渡ってズルズルやっていたら、お金だけ無駄に払ってやっていても結果も出ないまま終わるだろうし…。(汗)

そう考えるなら期間を半年ぐらいに集中して頑張って婚活をすれば、結婚相談所で婚活をしても月会費も抑えられるし、良いサービスやシステムを計画的に利用した方がコストも抑えられるしその方が賢くない?と思わない?

【2019年度結婚相談所比較】最も結婚できるおすすめ結婚相談所紹介!

【《2019年度結婚相談所比較》最も結婚できるおすすめ結婚相談所紹介!】という記事の中でも紹介したけどさ、結婚相談所は各社でサービスやシステムや質などを競い合っているし、企業努力で価格も以前よりもだいぶ手頃になっているし、結婚相談所は資料請求をしたり無料見学会に参加して実際のスタッフの雰囲気や人柄を自分の目と耳で肌感覚で確かめる事は忘れちゃダメよ!(←これは絶対にそう!)

結婚相談所で婚活をしても良いし、やらなくても良いし、結局のところは、“自分の足で動く・自分の目で見る・自分で体験する・というプロセス”が婚活を始まりなの。

このプリセスが出来ない人まだ何もしていない人婚活のスタートラインにも立っていないとの一緒なの。だから、婚活の本やネットサイトでよく紹介されている内容で「まずは行動しましょう!」「一歩踏み出しましょう!」とか書かれているでしょ?しくじり婚活女子のあんた達がまずしなきゃならないのは“婚活のスタートラインに立つ事”なのよ!わかる?これがわからなかったらもうあんた達はアウトよ!あんた達は一生独身女子確定よ!あんた達にはその覚悟(生涯独身生活を決断する勇気)も無いのよ!

私の元に相談やアドバイスを求めて訪れる人の多くは、婚活が上手く行っていない人パートナーシップに何らかの問題を抱えている人自分自身の中にある精神的な問題やトラウマを抱えている人たちもたくさんいるんだけど、宮は彼女達と関わっているとお医者様の気持ちがよくわかる時があるの。みんな色々な症状の疾病に悩んでいて、その心の疾病を直したり、痛いみを和らげたり、それを望んでいる人たちがたくさんいるの。

でもね、中には“自分が抱えている病気の症状を放っておいたら、取り返しのつかない状況になる。(すでにもう危ない状況になっている)”とわかっていても…

女性
わたしやっぱり「婚活を失敗する事」を繰り返してをだったんですね。でも、自分で何とか頑張って婚活してみます…。(汗)

って言うのよ。いやいや、あんたバカ?自分で何度も何度も婚活を頑張って来てダメだったから、それで宮の元に来たんじゃないの?と思うわけよ。

あんたは虫歯になって歯医者に行って「私はやっぱり虫歯だったんですね。でも、自分で何とか頑張って虫歯を治してみます。」って言うつもりなの?自分で虫歯を電動ドリルでガリガリ削って直す気なの?どんだけドSなのよ?口の中血だらけになるわ!ボケ!素直に歯医者さんに治療してもらいなさい!

これ虫歯になったら歯医者に行って治療してもらうのは当たり前だし誰でもわかるけど、婚活になると「自分の力で結婚する事が出来る!」という自信を持っているんだよね…。それは悪い事じゃないし、婚活も自分でなんとか出来ればそれに越したことはないからね。振込詐欺の被害に合う人は「私は絶対に騙されない!」と思っている人が騙されるでしょ?

「私は大丈夫!」

「私は結婚できる!」

「私は特別だから!」

と思っている女子たちが婚活をこじらせているのに気づきなさいよ!

宮はあんた達に、才能が無いとか、能力が無いとか、人間的に魅力的じゃないと言っているんじゃないの。スバリ言っちゃうけどさ、あんた達は間違いなく婚活を成就させる才能や能力や魅力は無いの。一昔前、あんた達の親はお見合いオバサンやオジサンがお節介してくれたおかげだし、世間の目も今よりも厳しい時代だったから、そのおかげで結婚できた親達もたくさんいると思うし、そのおかげであんた達が生まれたんだと思うのよ。

その子孫のあんた達には間違いなく“自分の力で異性と結婚する遺伝子”とのは無いし、だからこそあんた達の親は他人の協力が合ったおかげであんた達が生まれたのよ。つまり、チャンスは人からもらえるものなのよ。だから、人からの助けを素直に受け入れられる人たち人に助けを求められる素直さがある人たちはチャンスに恵まれる仕組みになっているの。

もしも、婚活をしていてもなかなか結婚ができないのなら『自分の力』をもう疑った方が良いと思うし、あんたにはその能力が無いって事を認めた方が良いと思うのよ。でも、すでに自分でもその事には気づいているんだよね?それを受け入れられないんだよね?自分でもどうしようも出来ないから苦しんでもがいているんだよね?

だからさ、宮は…

「だから素直になりなさい!」

「頑固でい続けるとチャンスを逃し続けるよ!」

「ずっとこのままでいいの?」

「今年のクリスマスもシングルベルをリンリン鳴らすの?」

ってしつこく言っているの!このバカチン娘!!

自分で異性と付き合えるキッカケを作れる人たちは、学生時代に出会った異性とお付き合いを経て結婚したり、バイト先や職場で出会った異性と付き合って結婚したり、サークルや趣味のコミュニティで出会った相手と付き合って結婚したり、つまりはは友達になってから“男女の関係になるために愛の告白する状況”(恋愛行為)ができる人たちはその中で出会って結婚していけば良いと思うの。

でも、自分で異性と付き合えるキッカケが作れない人たち(異性との出会いがない・恋愛に奥手・周りに結婚したいと思える相手がな居ない・などなど)は、結婚相手を知り合いや友達に紹介してもらって結婚したり、お見合いで出会った相手と結婚したり、マッチングアプリや婚活サイトで出会った相手と結婚したり、結婚相談所で出会った相手と結婚したり、つまり世の中を上手に渡り合えている人たちは『他人の力を上手に借りたり、他人に助けを求められる人たち』だからね!それはどんな事にも言えるし、これは婚活も一緒だからね!

しくじり婚活アラサー&アラフォー&アラフィフ女子たちよ、「無駄なプライド」を捨てて素直に結婚を掴め!バカチン!!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/