男性から食事に誘われると「友達も一緒に呼んでいいですか?」と言う女性は、さげまん

男性から食事に誘われると「友達も一緒に呼んでいいですか?」と言う女性は、さげまん

 

今日はさげまん女性の「あるあるネタ」のお話をしたいと思います。

 

例えば、女性が男性に食事に誘われたとします。

 

そのときに、

さげまん女
誰々ちゃんも一緒に誘っていいですか?

と言って、女友達などを誘ってしまう女性は典型的なさげまんちゃんなんですよね…。

 

嫌いな男性から誘われて、二人きりになって変なムードになっても困ると言って、付き添いとして誰かに付いて来て別に良いんですって。

 

さげまん女性は面白いことに気になっている好きな男性から食事に誘われているのに、友達を一緒に連れて行こうとするんですよ。

 

そういうことをしておきながら…

さげまん女
私、全然出会いがないんです、どうして何だろう…。

とか言っちゃているんですよね…。(汗)

 

気になる男性と会うというのに、さげまん女性はどういうわけか他の誰かを誘って来るんですって。

 

そこで本日は、さげまん女性が言っている「私、モテないんです…。」という本当の理由をお話しましょう。

 

※この内容を読んで、「私も同じことしてるかも!?」と思ったあなたはさげまんちゃんですからご注意ください!

 

◆さげまん女性が二度目の食事に誘われない理由とは?

例えば、男の人が…

男性
みんなでご飯食べに行こうよ!

他に誰か誘えるかな?

と女性に言ってきたら、合コンをセッティングして!と言われてるのと同じなんですよね。

 

でもね、男性が一人の女性に対して…

男性
もしよかったら今度、僕と一緒にご飯でも食べに行きませんか?

みんなではなく、僕とと言ってきたら、『あなたと僕の二人きり』ってことになるんですよ。

 

それなのに、

さげまん女
ぜひ!

じゃあ友達も一緒に連れて行っていいですか!?

とか聞いちゃうのはどうよ!?って思うんですよ。

 

その瞬間に『あげまんの男性♂』からすると…

あげまん男
この女性はさげまん女だな…。
あげまん男
この女性とは、次に会うことはないな…。

と思われちゃうんですって…。(汗)

 

以前に【約束をドタキャンされて怒る「さげまん」、喜ぶ「あげまん」《「あげまん」が「さげまん」を遠ざけてくれる理由》】の中でも書きましたが、この「友達も一緒に連れて行っていいですか?」と言ってくる女性からの連絡は面白いことにデートの直前にくるんです。

 

ですから…

VER88_sumafoijiru15150126-thumb-1000xauto-17301

(画像:「今日のお誘いに友達も連れて行ってもいいですか?」とメッセージを送る女性)

♀「今日の食事なんですけど、友達も一緒に連れて行ってもいいですか?」

と言ってくるんですよ。

 

そのときにあげまん男は…

あげまん男
いいですよ〜

と言うんです。

 

それは何故かといえば、『さげまん女と会うのは今日が最後』だからそう言えるのです。

 

だから、そのさげまん女との『二度目の食事』(二度目のデート)はないんですよ。

 

この『あげまん男』と言われる人たちは、さげまん女性たちとの食事を早く切り上げて、その後のスケジュールを「自分のために使う」ことができるのです。

 

もしも、その女性と二人きりで食事をしていたら、お互いに「いい大人」なのでそのあとの予定♥もいい感じに変わっていたのかもしれないんですって!

 

ですから、男性側も色々と計画してくれるのでその後のスケジュール♥を空けているんですよね。

 

しかし、さげまん女その友達も一緒なら食事の後の流れで…

あげまん男
今日は彼女と良いムードになる展開はないな…。

と男性は思うので、彼女たちとの食事を早めに切り上げられてしまうんです。

 

そうすると…

さげまん女
私はどうして男性から次のデートに誘われることはないのかしら…。

と、さげまん女性は不思議に思っているし、その理由もわかっていないんですよね…。

 

自分がみずからさげまん的な行為をやっているのに、さげまん女性はいつまでも気づかないんですよね…。(汗)

 

◆さげまん女性は一生満たされることはない「極度の寂しがり屋」とは?

そもそも、あげまん女性気になる男性から食事に誘われたら「友達も一緒に連れてってもいいですか?」なんて聞いてきませんよ。

 

さげまん女性はの特徴と言えば【パーティー嫌いなあなたは、あげまんとは?】という記事の中でも書きましたが、

よくわからない不特定多数の人間たちと、
ワイワイガヤガヤと騒ぐのが好き

なんですよね。

 

でね、さげまんは「二人っきりは寂しい…。」とか思っているんですよね…。(汗)

 

それなのに「出会いがないんです…。私はどうすればいいですか?」とか言っているんですよ。

 

ですから、さげまん女性は「二人で食事をすることが寂しい…。」と思うし、とにかく誰でもいいので、みんなでが好きなのでパーティーとかでワイワイするのが好きなんですよね。

 

ですから、さげまんは二人きりのデートとかはあまり好きじゃないし、「出会いがない…。寂しい…。」とか言っているんです。

 

簡単に言えば、さげまんは二人は寂しいと思っているんです。

 

以前に【彼氏が途切れることがなくモテる女性は「さげまん」《複数の男たちにモテるさげまん、運命の男だけにモテるあげまん》】という記事を書きましたが、さげまん女性は「極度の寂しがり屋」ってことですよ。

 

以前に【食事に誰かを呼ぶのが好きな人は、さげまん】という記事でも書きましたが、さげまん女性と食事をしているとナゼか…

さげまん女
誰々ちゃんも呼ぶ? 
さげまん女
誰々君は絶対来れると思うから、電話してみます! 
さげまん女
誰々ちゃんは恋愛のことで悩んでいるから呼んであげようよ! 

とあれこれ理由をつけて、何かにつけて人を呼ぼうするんですって。

 

これがもしも、あげまんの男性女性を誘うときに考えることと言えば…

あげまん男
この女性にどんなことしたら喜んでもらえるだろうか? 
あげまん男
この女性を何処へ連れてってあげたら喜んでもらえるだろうか?
あげまん男
この女性が望んでいることは何だろう?

ということを凄い考えるんですよ。

 

それは何故かと言えば、あげまんの男性にとってみれば…

「食事」と「エッ◯」は同じぐらい大事なこと

だと考えているので、お店の雰囲気はどうか?料理は何か?どういう演出にしようか?などなどをメチャメチャ考えてこだわってしまうんですよね。

 

そこまで考えている相手に対して、「友達も一緒に誘っていいですか?」と言ってしまうさげまんちゃんは…

「普段から自分に対して、色々考えてくれる人に出会えていない…。」

ってことなんですよね…。(汗)

 

◆「一度しか会っていない人」(名前も知らない人)のことも『友達』と呼ぶ、さげまん

平たく言えば…、

「自分のためを思って色々考えてくれる人とお付き合いした経験がない…。」

ってことですって。

 

N811_teburuniokaretasyanpangurasu-thumb-1000xauto-14633

そもそも、レストランの予約をするときに「二人席」「三〜四人席」では雰囲気もおもてなしの対応も明らかに違うんですよね。

 

それなのに、♀「今日は友達も連れて行くので、もう一人増えてもいいですか?」とか言われると、再度お店に連絡し直して流れを変えなければならないっていう羽目になるんです。

 

そういうことを言ってくる人は、二度と誘う気にもなれないし、この食事にかける情熱や思いがないし、ありがたみ0(ゼロ)ですって…。(汗)

 

30代後半から40代の独身女性で…

女性
男性と食事に行くけど、かなかなか恋愛に発展しないんです…。

と言っている人は、ちょっとこのことを考えてみると意外にいい流れになるもんですよ。

 

男性が誰のためにレストランを予約して、誰のために素敵な時間を演出するためにいろいろ考えているか?なんて、さげまん女は全くわかっていないんですよね…。

 

そういう人って…

さげまん女
あと一緒に行きたいって言う人がいたら連れてきてもいいですか?

それと、誰々ちゃんと、誰々さんと…。

とか言ってきて、さらには…

さげまん女
その友達が、また他の友達を連れて来たいって言っているんですけど大丈夫ですか?

とか平気で言ってくるんですって…。(汗)

 

友達が友達を連れてきたいと言っていても、その友達が親友かと思ってよく聞くと…

さげまん女
以前にどこかのパーティーで一度あった人で、私も「その人」のことをまだよく知らないんです…。

とか訳がわからないことを言っているんですよね。

 

そもそも、名前も知らない「その友達」って、誰よ!?

それって、もはや他人だよね!?

 

まだ一度しか会っていないのに、「私たちは仲良しなんです!」とか言っちゃって名前も知らない人のことを「友達」と言っているのがビックリだし、その友達と恋愛関係になるとも思えませんからね…。(汗)

 

◆最後に

最近はSNSやマッチングアプリをする人が増えていて、実際に会っていなくてもSNSやWEBの中では実際に会ったこともない人でも「友達」になっていますから、”本当のお友達”と錯覚してしまうのですね。

 

『広く浅い人間関係』は、女性だけではなくて男性にも多いんですよ。

もし、あなたがこれらをやっている人だったらさげまんちゃんってことですからね〜!

 

例えば、「結婚をしたい!」と本気で思っているのであれば、パーティーに行くのも良いのですが、私はそれよりも結婚ができる確率が高い結婚相談所に登録して婚活をする方を断然おすすめしますからね!

その理由としては結婚相談所には「結婚をしたい!」と思っている人たちが登録して婚活をしているので、出会ってから交際をして結婚するまでの流れもスムーズだし、結婚情報サービスの『パートナーエージェント』という所は実際に登録している異性の人数が55,000名のいるので出会いたい異性に出会える可能性が高いのでその点でもお勧めですからね〜!

 

一年以内の成婚率・交際率・成婚退会者の声も多いさ・が多くて高い結婚相談所をおすすめします!

↑関連記事:一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

宮がおすすめする結婚相談所情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所選びのコツが読めます!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 ◆《人数限定》「30~40代独身男性専門♂・婚活コンサルティング」の募集を開始します! この度、人数限定で30~40代独身男性専門の個別婚活セッションコースを始めました!

今、男性のあなたにはこんなお悩みはありませんか?

・結婚相談所に登録して活動してるけど、数回会ってそれっきりになる事が多い。

・いつも理由がわからないまま女性にフラれてしまう事がある。

・女性とお付き合いができたとしても、何をどうして良いかわからない事がある。

・婚活パーティーや出会いの場に頻繁に参加しても、思うように結果が出ない。

・婚活をしていく上で相談できる人や、アドバイスをしてくれる人がいない。

以上のようなお悩みを持っている独身男性の皆さんのために『30~40代男性向けの個別婚活セッションコース』を人数限定で募集します。→詳しくはこちら

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

 

パートナーエージェント
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/