話すことの重要性

話すことの重要性

普段あなたは誰とどんな会話をしていますか?

職場で仕事の話。
家庭で家族と子供の話。
プライベートで友人と遊びの話。
他人だから話せる、人には話せない話。

色々な会話がありますね。

最近は「コーチング」よりも『傾聴』の仕事が増えてきています。

コーチングはクライアントが問題解決や目標達成が自分で出来るように”質問”を使って導く事をして行きます。

会話には色々な目的があります。

・問題解決
・気晴らし
・関係構築
・コミュニケーション
・自己確認

しかし最近は、

「コーチングよりもただ私の話しを聞いてくれるだけでいい…。」

そういうお客様が増えて来ています。

問題解決しない会話があるのです。

特に女性に多いのですが会話で『問題解決』をしない事を望んでいる方も居ます。
女性は問題と向き合う時は『複数』(複数人数)で対応する傾向がみられます。

逆に男性は会話で『問題解決』することを目的としている事が多いですね。
男性は問題と向き合う時は『単数』(一人)で対応する傾向が見みられます。

『問題解決したい男性』と『問題解決したくない女性』
そんな男女が会話をすればどうなるか…。

男性と女性ではコミュニケーションの目的が違う事があるので要注意です。

「ただ話しを聞いてくれるだけで良い…」
「親や友達には話せないことだけども話したい、聞いて欲しい…」

話すことで楽になれたり、自分の考えをまとめたり色々な効果がありますね。

会話は「聞き手」と「話し手」が居ます。

キャッチボールで言えば「ボールを投げる人」と「ボールを受け取る人」になります。

必要なのは「話しを聞いてくれる」話し相手ではないでしょうか?

人は話をいくら長い時間「聞いて」もらっても全然心は晴れないときがあります。
そんな時、気持ちはラクになりません。聞き流されているだけですから。

そうではなく、自分の話にしっかりと耳を傾けてくれて、気持ちを理解し、共感し、自分の存在と考えを認めてくれる。

そんな話しを聞いてくれる『話し相手』に話さなければ何も変わらないのです。

話しを黙って聞いてられない人も多いと思います。
それは感情があるからです。
話しを聞く大切さは分かってもお互い人間ですから感情を持っています。
お互い考えが一緒という訳ではない時もあるでしょうから、自分の意見を言いたくなってしまうでしょう。
それは、聞き上手になれない人に多いパターンです。

『聞き上手になれる人』は問題解決しないからだとも言われています。
相手を受け取る事が出来る『余裕』があれば誰でも聞き上手になれます。

話す側のことを語るには、話しを聞く側のことを語ることになります。
光を語れば、影も語ることになります。
女を語れば、男を語ることになります。

すべてに楽しみを見出せる余裕を持って行きましょう。

話し相手、愚痴聞き、安否確認、高齢者・一人暮らしご老人の話し相手は宮 弘智へ

 

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」

「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」

「副業として傾聴の仕事を始めたい方」

「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」

を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/