人からめちゃくちゃ悪口を言われるあなたは、あげまん。

人からめちゃくちゃ悪口を言われるあなたは、あげまん。

 

最近、色々な相談が来るのですが…

「私は、人によく悪口を言われるんですけど、どうすれば良いんでしょうか?」

「悪口や陰口に対して、どうやって対抗してやればいいでしょうか?」

「人からの悪口やかげ愚痴に対しての対処方を教えてください。」

という相談がも来るので、その対処方どうして悪口を言われるのか?についてお話していきたいと思います。

※この事を知っておくだけで人間関係がラクになりますし、自分の精神状態も良い状態でいられますからね!

 

【あげまんは悪口には絶対に反論しない】

あげまんは、人からの悪口に絶対に反論はしないんです。

 

逆に、さげまんは人から悪口を言われたらその言われた倍以上の悪口で反論をするんですって…。(汗)

 

これが、あげまんさげまんの違いなんです。

 

そもそも、あげまん色々な人から悪口を言われるんですよね。

 

この色々な人っていうのが「さげまん」と呼ばれる人たちです。

 

さげまんの人からしてみれば、あげまんと呼ばれる人は「目の上のたんこぶ」のような気に入らない存在です。

 

ですから、「あげまん」「さげまん」から物凄く悪口を言われるんですって。

 

でも、あげまんはその悪口に対して絶対に反論はしないんです。

LIG86_konnakaisyayameteyaruwa500-thumb-775x500-3763

↑悪口を言って、悪口に対して反論したら「さげまん」

 

LIG86_yutorisedainikirerujyousi500-thumb-733x500-3765

↑悪口を言わず、悪口に対して反論しないのが「あげまん」

この差が、あげまんさげまんの差なんです。

ですから、「さげまん」さげまんから悪口を言われるんですって。(汗)

でも、「さげまん」あげまんからは悪口は言われないんです。

 

だって、あげまんは悪口を言いませんからね〜

 

さげまんは、さげまん同士で悪口を言い合っているんですって…。

さげまんは、ひたすら悪口を言って、ひたすら反論をし合っているんですよね。

 

以前に【「良い女子会」と「悪い女子会」は選んで参加しましょう☆】の中でも書きましたが、女子会は愚痴や文句を言い合ったりする会だったりするので、女子会は選んで参加するのをお勧めします。

 

 

【あげまんは悪口を言われても悩まない】

ですから、

「私はひどい悪口を言われているんですけど、どうしたらいいでしょうか?宮さん教えてください…。」

と相談に来る人の相談には、私は乗らないんです。

 

なぜなら、その相談者もさげまんだから、私は関わり合わないようにしているんです。

 

「こんな悪口を言われているんですけど…。」という人があげまんだったら相談に乗ります。

 

ですが、あげまんと呼ばれる人は”そんな相談はしてきません。

 

ですから、悪口を言われたら、聞き流すことであげまんになれるんです。

 

あげまんさげまんも、どちらも悪口を言われているんですって。

 

【怒りが残って消えない人はさげまん】

凄くいい人で、皆から誤解をされやすくて、皆から悪口を言われて「怒りが収まらない人」がいるんです。

その人がどんなにいい人でも、怒りが収まらない人は”さげまん”なんですよね…。

 

ですから、

怒りが収まる人が「あげまん」

怒りが収まらない人が「さげまん」

ということです。

 

【「誤送メッセージを送ってしまいました。お願いですから読ますに消してください。」《読む人はさげまん、消せる人はあげまん》】の中でも書きましたが、反論しなかったとしても、怒りが収まらなかったら「さげまん」になるんです。

さげまんは、自分の中で沈黙の反論をしているんです。

こういう人って怒りが収まらなくて、なんかイライラしてピリピリして怒っているんです。

とても良い人なのに、人間的にも素晴らしい人なのに、反論しないけど心の底では怒っている人っているんです。

 

このような人の周りには、ちゃんとさげまんの子分のような人がいるんです。

「私の先生は皆さんから勘違いをされやすくて、残念なことに悪口や誹謗中傷を書かれたりして怒りが収まらないんです…。

「宮さん何とかお言葉をかけてもらえませんか?」

ということを言われても、私は何も言いません!

それには理由があるんです。

 

なぜならば、怒りが収まらない人にどんな良いアドバイスをしてところで、相手の耳には届かないのです…。

その方を先生と慕っている方々も残念ですが、やっぱりさげまんなんです。(汗)

 

そのグループは全員さげまんになってしまうんです…。

怒りをずーっとグチグチ言っている人というのは、さげまんなんですよね。

 

実際、あげまんの人もムッとして怒ることもあるんです。

でも、ムッとしても一日寝れば「怒り」を忘れているんです。

 

皆さん仏様じゃありませんから、怒ったりムッとすることは誰でもありますよね?

 

でも、ムッとして怒ることをズルズル引きずらずに持続することはないのです。

 

それはどうしてですか?と言えば、ムッとしていることを言葉としても出さないし、心の声でも反論しないんです。

 

よくSNSとかで、怒っていてムカついた出来事などを投稿している人がいますよね?

あげまんはそんな投稿はしませんからね。

 

私もSNSやブログにも色々悪口や陰口を書かれることがあるのですが、一切反応はしませんし、無視しています。

あまりにしつこい人には「迷惑メール」「ブロック」「着信拒否」で無視をしています。

悪口を言う人は、相手の反応を楽しんでいるんです。

ですから、それに反応すると余計に面倒くさいことになりますからね〜

 

 

【あげまんは良い意味で忘れっぽい】

あげまんはムッとしても、次の瞬間にはそのことを忘れているんですって。

 

ですから、あげまんは良い意味で忘れっぽいんですよね。

 

あげまんは、

良いことはしっかり覚えていて、悪いことはしっかり忘れている人

のことなんです。

 

皆さんが関わるとしたら、

良いことはよく覚えていて、悪いことは忘れている人

悪いことはよく覚えていて、良いことは忘れている人

だったら、どちらの人と関わりたいでしょうか?

そう考えれば、おのずとわかると思います。

 

 

【最後に】

あなたに対して、愚痴や泣き言を言っている人がいたら反論をせずに、聞き流すことをお勧めします。

 

さげまんの好物は『反応』ですから、違うよ!と「反論」されたり、あーでもない、こーでもないと言われて「議論」することが大好きなんです。

 

逆に、さげまんの嫌いなことは『無視』で、相手にされないと反論してくれて自分を相手にしてくれる人を求めているのです。

 

【「誤送メッセージを送ってしまいました。お願いですから読ますに消してください。」《読む人はさげまん、消せる人はあげまん》】の中でも書きましたが、誰かに悪口や言いがかりを言われても、聞き流して無視をすることで、あなたも『あげまん』になれますからね。

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に「電子書籍」を出版します!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますのでお楽しみに〜☆  

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

2 件のコメント

  • 宮さん、はじめまして。

    良くないのですが、どうしても愚痴や弱音などを言ってしまいます。
    それに対して言ってはいけなかったのにと罪悪感をもってしまいます。

    愚痴について、以下2点について教えて頂けませんか?

    1.どうすれば、愚痴を言わないあげまん女性になれるのでしょうか。

    2.愚痴を言う人間が社内におり、雰囲気に触れるだけで神経が消耗してしまいます。(そういう人間と接触する時間が長いときに愚痴が止まらなくなります)
    愚痴を言う相手に対してどういう風に接すればよいでしょうか。

    宜しくお願い申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    あげまんコンサルタントの宮 弘智

    名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/