東大名誉教授の上野千鶴子さんに学ぶ「これからの女性の生きる道」とは?

東大名誉教授の上野千鶴子さんに学ぶ「これからの女性の生きる道」とは?

 

(※今回は東大入学式の祝辞(がんばっても報われない社会が待っている)で話題に上がっている東大名誉教授上野千鶴子さんのある記事(記事の最後に紹介してあります)を元に、以前に書き上げた記事ブラッシュアップしました。良かったらご覧ください。)

 

先日、あるカフェで隣に座っていた女性たちの会話が宮の耳に入って来ちゃったんです👂

女性A
彼の収入が少なくて、結婚しても私も働かないといけないと思うの…。

別に私は働くのがイヤというわけじゃないの…。

私は年齢的にも(30代の女性)子どもが欲しいんだけど、子どもを産むタイミングがあるのかな?と思って、それが心配なのよ…。

そう話しているアラサー女子たち。

男女雇用機会均等法の成立から30年がもうすぐ経って、企業や社会の中で活躍する女性はたくさん増えましたよね。でも、実際には女性管理職の比率がまだまだ低くて、出産後の女性がキャリアップが難しかったり、まだまだ厳しい現状が続いているんですよね。

また、益々格差社会が広がって、収入や学歴の差も益々格差がガッツリ出ている国になっちゃっているよね。

結婚どころではない、20代の8割のシングルマザーが貧困女子

↑関連記事:結婚どころではない、20代の8割のシングルマザーが貧困女子

「これからの時代、働く女性たちの未来はどうなっていくのでしょうか?」ということを記事にしてみたので良かったらご覧ください!

 

◆出産後の「マミートラック」で洗脳される女性たち

現在は産休育休の法的整備が進められてきたため、出産後に職場への復帰をして、時短制度などを活用して仕事を続ける女性の方々増えちゃったわけよ。「非婚」「出産離職」に続く第3の選択肢が登場したわけだね。

でもね、この選択が”女性にとって幸せな選択肢なのか?”かというと、話はそれほど単純ではないの。

出産後の女性が時短制度の利用が許されたり、残業の少ない部署に移動や配置換えされたりすることを、ジェンダー研究では「マミートラック」と呼ぶの。

 

これらは女性に配慮しているように見えますが、実は…

PAK86_atamakakaerujyosei20140125500

「今後はあなたを二流の労働者として扱いますよ。」
(お前はもう使えないんじゃ〜!)

という戦力外通告なのよ。(怖)

 

ある企業の人事担当者の方に「時短を使ったら、査定が下がりますか?」と聞いたら、大体の方が「そうですね…、はい。」と答えました。育休取得は正当な権利なはずだよね?

でもね、”それを行使しただけで評価も賃金も下がってしまう…。”という「自己破産をするとクレジットカードが作れない的なヤツ」みたいな(自己破産までは行かないけど)悲しいけどこれは日本の現実なの。

しかも日本企業の古い人事システムだと、一度出世の道から外れると再チャレンジができない仕組みになっているの。(まさにカイジの地下労働に近いもんよ。支払いはペリカよ。←そのぐらい厳しいって意味)

一度このマミートラックにのって二流労働者になってしまうと、一流に戻れすに”組織の中で塩漬け状態”にされて一生使いゴマにされてポイされちゃうぐらいよ。

 

最も恐ろしいのは、そうなってしまった女性たちは…、

「そこそこのお給料をもらえて、子どもとの時間を持てるなら、評価が下がっても仕方がないわ…。」

と段々と納得して泣き寝入りする感じだよね。これを良しとするなら別にいいけど、これはある意味”洗脳”だし。そうなってしまった女性たちは、そのまま妥協して、生活の中の選択もどんどん妥協していく生活に突入していくの

 

それ対して宮は…

”それはあまりにも、もったいないわ!”

と思うわけよ。

出産した女性の中に貴重な人材と能力がたくさん埋まっているってのに、こんなことをしてたらどう考えても宝の持ち腐れだよ。どう考えても今の「女性の活用方法♀」の仕方が間違っているとしか思えないよね?

結局のところは、日本企業の多くは昔ながらの”男社会のルール”を変えずに…

「オレたちのルールを守るなら、お前たちも仲間に入れてやってもいいぞ!」

的なことを女性たちに言っているだけのように思えないよね?バカチン男め!

 

悲しいけど実際に女性に対して”男性的なあり方”が求められていると思うよ。

でもさ、こういう差別型企業はグローバルマーケットにおける企業間競争には勝てないし、そんなことをいつまでもやっていたら日本は世界的に住みたくない国ナンバーワンに選ばれるわ!ボケ!

それはどうしてですか?と言えばさ、多様性を持たない組織が世界市場の多様なニーズに応えるだけの製品やサービスを生み出すことはありえないでしょ?

日本企業がこのまま変革を望まなければ、日本経済はゆっくりと沈没するし、何が「一億総活躍社会!」だよ!バカチン!アベノミクスもこの先はどうなっているかも見えているよね…。(汗)

 

10年前、2006年に安部さんが総理大臣になってから5人(福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦)も変わった時があったけど、宮はアベノミクスを「日本の信用力を担保にした大勝負」だと思炊けど、この大勝負の結果によって日本の男にも女にも未来もないし日本は沈没するよね。(いや、もう…。)

 

◆年収300万円の男性と結婚して出産後も共働きを続ける、これからの「女の生きる道」とは?

暗い話ばかりして申し訳ないけど、今の日本は成長社会ではなくて明らかに“成熟社会”に入っているの事実だし、人の人生にしてみれば穏やかな老後に入りつつあると言った感じよ。

 

熟成社会で企業ではもう成長も見込めないし、現在20代や30代の若い女性たちも、まったりのんびりと生きていくぐらいがちょうどいいのよ。成熟期の社会では、皆が髪を振り乱して働き他人を蹴落としてまで成長しても意味ないの。

 

消費税が10%に上がったとしても、月に1,000円前後のAmazonプライム・ビデオのようなサービスで映画が見放題のサービスを利用したり、YouTubeなど無料動画サービスを楽しみながら、みんなで鍋を突っついてサントリー-196℃ストロングゼロ 9種類のみくらべオリジナルセット [ チューハイ 350ml×20本 ]を飲んでいた方が楽しいって!

また洋服もユニクロを着ていれば、十分にオシャレできるし幸せだよ。

東日本大震災以降、関西・熊本・北海道・などなどで起きた地震などの震災から”日常が平凡でも続くのが何よりの幸せだ。”と多くの方々は痛感したのに、でもそれでも満足できないのは人間なのかね。

 

よく、

GREEN_SU20140125500

「主人(彼)の給料が安くて、しばらく子どもが産めない…。」

と言いますが、年収300万円の男女が結婚すれば、世帯年収は600万円になるよね?現在の平均世帯年収の400万円台を軽く超えるし、子どもに高等教育を受けさせるにも十分な額だよ。(高い生活水準を求めなければの話ね。)

だから、女性は年収300万円を確保しつつ、年収300万円の男性と結婚して、出産後も仕事を辞めずに働き続ければ、出産を諦めることはないのよ。

NKJ52_kaikeisurudansei500

♀「年収1000万円の男をゲットして、仕事は辞めて玉の輿になろう!」

と考えるのは良いけどさ、年収1000万円オーバーの男性は”モテる男♂”なのよ。だから婚活女子が彼らに集るのもわかるけど、人生長んだし、良いとこで見切りをつけるのも大事よ。

全てのアラサー婚活こじらせ女子たちよ、結婚したけりゃ「わらしべ長者」になれ!

↑関連記事:全てのアラサー婚活こじらせ女子たちよ、結婚したけりゃ「わらしべ長者」になれ!

 

たくさんの競争相手から…

♂「君と結婚したいんだ!」

と選ばれるような”その相手の男性から好かれるための「魅力を持った女性♀」”になることを意識しないとあんた達の婚活はボツになっちゃうからね…。

JPモルガンのCEOが教えてくた「年収50万ドル(4000万円)稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》

↑以前に【JPモルガンのCEOが教えてくた「年収50万ドル(4000万円)稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》】という記事を書いたから、玉の輿に乗りたいアラサーオーバーの婚活女子はチェックして!マジで!

この時代はすでに「限られた人しか結婚できない出来ない時代」になっちゃっているんの…。(汗)

 

◆最後に

婚活中の30~40代独身者が結婚できない理由(異性から「あなたと結婚したい!」と言われる婚活方法)

↑以前に【婚活中の30~40代独身者が結婚できない理由(異性から「あなたと結婚したい!」と言われる婚活方法)】現代は30代男性は3人に1人、女性は5人に1人が生涯結婚しない「非婚者」になると予測結果が出ているの。

少ない年収でも持ち寄れば倍になるし、これからの時代はカップルとシングルの所得格差が拡大するからね。だから、結婚しておいて損はないの。

 

ヨーロッパでは、男性が結婚相手を選ぶ基準が”稼得能力の高い女性を選ぶ。”という傾向がはっきりとしちゃっているのし、日本でも男性の平均所得は減少しているから、結婚相手の男性から…

♂「キミは家に働かずに家に居て欲しい。」

なんて言う男性は絶滅する(居なくなる)わよ。真面目にそうなるから!マジで!!

 

宮が言いたいのは、仕事をしてなかったり稼げない女子は…、

”男性から結婚相手としても選ばれなくなる可能性が高くなる。”

ってことなの。

 

だから…

「女子力を磨くことも大事だけど、自分に投資をして”稼ぐ力”をつけなさい!」

という時代が今(ナウ)だってことよ。

 

今回の記事はジェンダー研究の第一人者である、認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長・東大名誉教授の上野千鶴子さんの女性たちがこれからの時代を生き抜くための「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さんが描く、働く女の未来予想図」を参考にさせていただきました。

 

 

もしも、本当に「でも、年収が高い異性と出会って結婚したい!」と思うのであれば、結婚相談所に登録して婚活した方が良いかもしれません。

《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

↑例えば【《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!】という記事の中でも書きましたが、結婚相談所のパートナーエージェントでは55,000名の方が登録されているので、“自分が出会いたい異性に出会える可能性が高い”と言えるからね。

あんた達も結婚できるうちにしちゃいなさいよ!バカチン!!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

宮がおすすめする結婚相談所情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/