あげまんが生きづらい国、その名は「日本」

 

 

 

 

実は「あげまん」にとって

この日本という国は…

住みにくい国

になってるんです。

 

人間は…

脆弱な生き物

なのです。

 

◆日本で「あげまん」が生きにくい理由

人間という生き物は…

集団になって何かを行ったり

集団になることで大きな事を成し遂げたり

集団になる事でお互いを支え合えたり、

そんな生き物なんです。

 

だから、

コミュニティ

社会性

(家族・集落・街・都市・国)

を作る事で精神的にも肉体的にも

愛する家族を守るために

相手の国の人を殺したり

戦争もやってきました。

 

でね、

最近思うことがあるんです。

 

この日本は

コミュニティや社会性がない人や

不器用な人にとっては…

とっても生きにくい国

になっているんです。

 

 

それは何故ですか?と言えば…

人間は一人(個体)で生きていけない生き物

だからです。

 

でも環境によっては

そのこともクリアできることができたり

それもインフラに頼ることで

一人でも生きていける時代

になってしまいました。

 

ただ、

インフラが整っていない地方や

ド田舎であれば周りの住民と

協力して生活しなければ

難しいかもしれません。

 

でも、

コミュニティや社会性を持たなくても

ある程度のインフラが整っていれば

集団で生活する必要がなくなるんです。

 

この無縁社会 (文春文庫)という本にも書かれていますが、

この日本はすでに…

「無縁社会」

になっているし

それも当たり前になりつつあるし

そういう生き方を望んでいる人たちが

どんどん増えてますからね。

 

だから、

社会性がない人たちがコミュニティから離れて

そんな彼らがインフラが整った都心に集中して

さらに都心の人口が増加していくことになるんです。

 

無縁社会(むえんしゃかい)とは、単身世帯が増え、

人と人との関係が希薄となりつつある日本の社会の一面を言いあらわしたもの。

NHKにより2010年に制作・放送されたテレビ番組による造語。

 

だからと言って私は、

全く無縁生活になってしまうかどうかは

疑問なんですよね…。

 

というのも、

「私は結婚しない人生を生きます。」

と言っていても、

「でも、

人生を一緒に歩む相手

パートーナー)

は欲しい。」

という気持ちや想いがあるのが

人間ってものだと私はそう思うんです。

 

ですから、

コミュニティや社会性があることで

仇にも、害にも、災いにも、無駄にも

なることがあるのです。

 

以前に

【片岡愛之助のソリタリー体質は
「あげまん女性」に好まれる体質だった!】

というブログの中でも書きましたが

私のように…

・社会性が無い人

・コミュニティに属したくない人

・多くの人と群れたく無い人

という方にとって

この日本はとても生きづらいのですよ…。(汗)

片岡愛之助のソリタリー体質は「あげまん女性」に好まれる体質だった!

 

◆あげまんは会話が少なくても気にしない

私はパートーナーとする会話は

とっても少ないんです。

 

だからと言って、

仲が悪いというわけじゃいんです。

 

話すときは話すけど、

「話さないで良いときは

話さないでも良い関係」

だからいい感じなんです。

 

表現を変えると…

「彼女と喋らないでもいいし

喋ってもいい関係」

なんです。

 

要するに、

『お互いの気持ちを言語化しなくても

よくなった関係になれた。』

って感じです。

 

でも、

人間という生き物は歳を重ねることで

お互いの気持ちを

言語化しなくても

良くなる生き物

だと思うんですよね。

 

以前に

【缶コーヒー1つで救える命がある。】

というブログの中でも触れましたが

相手の考えていることが分かったり一種の…

テレパシー

みたいなことができてくるんです。

缶コーヒー1つで救える命がある。

 

これを体験してしまうと

とっても楽だし、

すごく気持ちがいいんです。

 

 

以前に

【食事に誰かを呼ぶのが好きな人は「さげまん」とは?】

というブログの中でも書きましたが

多くの人は…

「会話がないとイヤ!」

「社会性が失われるとダメになる!」

「誰かと関わってコミュニティに入っていないと
不安で不安で寂しいし一人は嫌だ!」

という人がいますけど

たった一人のパートナーがいれば

そんなことはないし、

たった一人のパートナーと深く関わることで

寂しいとか不安とかという気持ちには

なりませんからね。

食事に誰かを呼ぶのが好きな人は「さげまん」とは?

 

◆この日本は世間の目という「さげまん的圧力」がある国

世の中的には

「周囲の人間とコミュニケーションを取り

人間関係を円滑にして

目標に向かって頑張る!」

ということが求められるし、

そうやっていくものなんだよ!

という教育が一般的です。

 

私のような人間は

頑張って頑張って努力して

周囲の人間とコミュニケーションを取りながら

生きないと生きづらいんです…。(汗)

 

だから、

聞き上手(傾聴)になっちゃったし

男女のコミュニケーションの違いも学んだし

あげまんについて学んだり研究したりしているし

コーチング(質問力)も学んだし

セッ◯スのいろはも風俗嬢に教えてもらったし

脳機能学者にも色々と教わったし

そうして頑張らないと辛かったし、

生きづらくて仕方がなかったんです…。(汗)

 

でも、この話を表のメディアですると

「よくわからない…。」

「それは違うと思う…。」

と言われがちだけど、

このブログをご覧になっている方々だったら

わかってくれる方がいると思ったから

こんな内容を書くことにしました。

 

でね、

これまで人間が約10万年の間生き長柄てきて

人間は脆弱な生き物

として生きてきて、

社会性を作りコミュニティを構築して

人間は自分を変えたり

ときには周りの環境を変えることで

生き長柄てきました。

 

それだけじゃなくて、

自分の鼻を高くしたり、

目をぱっちり二重にしたり、

歯並びを整えたり、

髪を好きな色に変えたり、

体型も色々といじったり、

生命の根源である遺伝子や細胞

までもいじってまで生きながらえようと

したりする生き物はこの地球で人間だけだし、

とても変わった生き物ですよね!(笑)

 

【「変化」を楽しめる人の特徴3つ
《あげまんの特徴》】

というブログの中でも紹介しましたが

自分を色々な状況の中で自由に変化させたり

痛みを伴ったとしても自分が求める世界に

進もうとする人(進化する人)は…

あげまん

と言われる人です。

「変化」を楽しめる人の特徴3つ《あげまんの特徴》

 

そして、

人間は生殖(セッ◯ス・性行為)恋愛

・楽しみ

・娯楽

・愛の確認

・スリル

・快楽

のためにやってる人たちが

私たち人間です。

 

子どもを産むことを実は負担に思っていたり、

子どもを産みたいけど経済的に産めない状況にあったり

『日本のインフラや社会や経済が宛てにならない。(助けてくれない)』

とわかっているのに、

周りから子どもを産め産めと言われても

それは無理ってもんですよね…。(汗)

 

以前に

【子どもが嫌いな女性はダメですか?】

というブログでも書きましたが、

「子どもを産まないと女としてダメだ!」

というような世間の目が気になるけど

実際は子どもを産みたくない女性や

子どもを欲しがらない男性が

増えるのもわかるんです。

 

子どもが嫌いな女性はダメですか?

 

特に日本という国はこの…

世間の目という圧力

(世間体を気にする考え)

という社会に支配されて成り立っているし

世間の目という圧力に

屈した人間(さげまん)

が生きやすい国

ですから仕方がないかもしれませんね…。(汗)

 

しかし、

【あげまんは「助ける側の人間」
だから最後の最後でも幸せになれる。】

というブログの中でも書きましたが、

世界をリードしたり世の中に革新的なものを

提案してきた人たちは…

世間の目(世間の圧力)

に逆らい自分の道を貫いてきた

リーダー達(あげまん達)

です。

《あげまんとリーダーシップの関係 その3》あげまんは「助ける側の人間」だから最後の最後でも幸せになれる。

 

しかしながら、

この日本はどうしても

さげまんが生きやすい国だし、

さげまんが増える国なんです。。。

 

この日本は

あげまんにとってみれば

とっても生きにくい国なんです。

 

不倫や浮気のようなゴシップネタで

テレビの中を賑わせて喜んでいるのは

さげまんだしこの日本だけですって。。。

 

日本は平和だからそんなネタで

喜んでいられるんですけどね…。(汗)

 

【宮 弘智の独り言】テレビの中、さげまんばかり、バカばかり。

 

だからと言って黙って見ている

訳には行きませんからね。

 

◆多くの日本人が婚活をする動機と理由

そしてこの日本は、

「この歳だしそろそろ婚活しないと…。」

という不安感や世間の圧力から

婚活をしている人がほとんどです。

 

確かに、

その考えで婚活をして結婚をして

幸せになっている人もたくさんいます。

 

でも、

大概の人たちは

婚活をすればするほど

精神的に疲れて鬱状態に

なる人たちが年々増えています。

 

その理由としては、

結婚相手(パートナー)を先に探して

自分はどんな人生(ライフテーマ)を生きたいのか?

ということを後に考えているからです。

 

【「友達が減ったおかげで、
今の彼に出会って結婚しました!」
《友達が少ない人は、あげまん》】

というブログの中でも書きましたが

彼氏彼女の関係

は楽しいし、

いつまでもこの関係を維持したいと思うけど…

自分が生きたいライフテーマ

自分軸から外れていると

その彼と歩む道も逸れていくし

結局ライフテーマも生きれないし

パートナーにも恵まれない人生に

なっちゃうんです…。(汗)

「友達が減ったおかげで、今の彼に出会って結婚しました!」《友達が少ない人は、あげまん》

 

これは、

『自分が望んでいるゴール』

(自分が歩みたいライフテーマ)

から逆算して考えることが求めれるし、

以外にその辺のことを忘れている方も

多いも思うのです。

 

結婚相談所で活動されている方の多くが

婚活疲れや婚活鬱を経験しているのは

自分が歩みたいライフテーマ

(自分が望んでいるゴール)

から逸れた婚活をしているのが原因だと

私は考えています。

 

だから、

「自分の未来は自分でしか描けない」

「相手の未来は相手しか描けない」

ということです。

 

だから、

【JPモルガンのCEOが教えてくた「年収50万ドル(4000万円)
稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》】

というブログの中でも書きましたが

出会う相手(パートナー)によって

自分のライフテーマが決まる

のであれば、

あなたの運命は結婚相手が握っている

ということになるし、

結婚相手に求める理想が高くなったり

玉の輿に乗ろうと考えて…

身の丈に合っていない条件

求めるしそりゃ結婚できなくなる訳ですよ。。。

 

そもそも、

玉の輿に乗れる女性は

そんな考えをしていないし、

お金持ちの男性はその考えをした女性が

大大大嫌い

なんですからね〜

JPモルガンのCEOが教えてくた「年収50万ドル(4000万円)稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》

 

◆最後に

この日本には

「あげまんになりたい!」

という女性は絶滅しつつあります。

 

だから、

あげまんと言われる人は…

絶滅危惧種

になっているし

さげまんは

危険外来種

でどんどん増殖しています。

 

あげまんはある意味で…

伝統芸能を絶やさないために

活動している数少ない職人

のような存在です。

 

私は今の日本にこそ

あげまんが必要不可欠な存在

だと声を大にして言いたいんです。

 

私がこの日本から

あげまん

を絶滅させないためにも

この活動をし続けて行きます。

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【最新情報・お知らせ】

「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』(半年:全6回コース)

この個別オンライン講座では一人一人のパーソナル個別オンライン対応で傾聴を仕事にしたい方のために傾聴ノウハウやスキル顧客獲得コンテンツを学んでいただきながら、“傾聴ビジネスで活躍する方々を応援”して個別で丁寧にアドバイスご指導します!

詳しくは【《アフターコロナ時代に求められている仕事》「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』(全6回コース)】←をご覧ください!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

◆LINE公式「宮 弘智」アカウント開設しました!

いつもブログをご覧になってくれてありがとうございます!LINE@を始めましたので是非ご登録よろしくお願いします!

この LINE@にご登録するとブログやYouTubeの新着情報「宮に直接相談したい!」という方は LINE@にご登録ください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/