「変化」を楽しめる人の特徴3つ《あげまんの特徴》

 

 

 

 

今日は「変化」についてお話していこうと思います。

 

「いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす」

という言葉をご存知でしょうか?

ELLY99_pinkironohasunohana500-thumb-753x500-3646

花も綺麗に咲き誇って、良い香りがしていますよね?

 

ですが、その綺麗な花もいずれ散っていくのです…。

 

人生も、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことばかりではないんです。

 

そして、悲しいこと、悔しいことむなしいこと、不幸なこと、損すること、様々なものや現象や出来事が起こるんです。

 

そうやって、同じことがずーっと続くことがないのが「人生」なんです。

 

これは「同じことが続かない」ということが、すべての万物に共有していることなんですよね?

 

昔の人たちは「文学的」素晴らしい表現をしています。

 

ぎおんしょうじゃのかねのこえ

しょぎょうむじょうのひびきあり

しゃらそうじゅのはなのいろ

じょうしゃひっすいのことわりをあらわす

おごれるひともひさしからず

ただはるのよのゆめのごとし

たけきものもついにはほろびぬ

ひとえにかぜのまえのちりにおなじ

 

永遠に続くと思われていた平家一族も滅びていったわけですよね?

 

「変化」とは【地球の法則】で、あげまんの特徴でもあるのです。

 

 ①「変化」して当たり前とは?

地球上のすべての生き物は「変化」していっています。

草花の成長でも、芽が出て、つぼみになって、見事な花を咲かせて、やがてはその花も散って、大地に溶けて新たなエネルギーになっていき、また大地から芽が出て…、その繰り返しなんですよね?

 

人間もそうなんですよね?

 

ある教えによれば、人間も「転生輪廻」を繰り返していくと言われています。

 

朝が来て、夜がきて、季節が変わって、何もかもが変わっていくのですよね?

 

これは流れでもあり『自然の摂理』なんです。

 

すべては変化して当たり前なんです。

 

その変化には「良い変化」もあれば「悪い変化」もあるわけです。

良いときもあれば、悪いときもあるんです。

晴れの日もあれば、雨の日もあるんです。

 

これは人生でもそうなんですよね?

 

ですから、「変化」を恐れることはなんです。

 

 ②変化は「美」の一部とは?

変化に強い人の考え方としては…

「良い方向に変化していこう!」

という思いがあるのです。

 

変化を良くするには、ある程度の努力が必要です。

 

ですから、「変化」は変化で色々な選択もあるし、色々な美しさがあるのだから、

変化を「美」の一部

として思えば風情と思えるのです。

 

つまり、「あげまん」と呼ばれる人たちは変化を上手に生きている人のことで、「変化」することに対して恐れずに…

・「変化」をどう活用しようか?

・「変化」をどうやって利用しようか?

・「変化」をどのようにして味方にしていこうか?

ということを考えている人たちなのです。

 

 ③ 変化を前向き考えるための「知恵」とは?

年をとることもある意味での「変化」ですよね?

この加齢という変化を嘆く人たちもいます。

 

ですが…

年を取ったことで、良いことは何だろう?

ということを考えることで、初めて『良い知恵』が付くのです。

 

それは、「人生を生き抜く方法」だったり、「人を見抜く方法」だったり、若いころは全く理解できずに見抜けなかったことだったり、色々なものが見抜けるようになってくると…

「あぁ、こうすれば良かったんだ!」

「そっか〜、そういうワケだったんだ〜!」

「なるほど、やっと気づいた!」

というふうに、一つ一つ発見できるようになるんです。

 

Unknown-4

「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者で漫画家の水木しげる先生が…、

「僕は70歳になってから、一週間に一回お利口になっているんです!

若い頃はぜんぜん気づかないで、見過ごしていたことが

『こういうことだったのか〜!』

とぜんぶ解ってくるようになって嬉しくなっちゃってね!

ですから、年を取るのが楽しんですよ!」

とおっしゃっていました。

 

まさに「生きる達人」だと思いました。

 

◆最後に

人は何にでも、プラスにプラスに考えて、マイナスのことも全部プラスに考えていくことは「人間の才能の一つ」です。

 

そういう考え方を持ったり、そういう方法を考えつく人は「あげまん」と言われる人の特徴のです。

 

以前に【「ダメよ〜ダメダメ…。」とわかっていても変わらないの?そんなあなたは『さげまん』です。】の中でも書きましたが、

・変化を楽しめる人は「あげまん↑」

・変化を怖がる人は「さげまん↓」

ですからね!

 

ですから、「変化」を恐れることは何もないですし、あげまんになって「変化」を楽しんでいきましょう。

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/