話を聞くだけで仕事になるということ

私が話し相手・愚痴聞き・傾聴サービスの仕事をはじめて、本当に多くの方にお会いすることができ嬉しい限りです。

 

私は世の中の人は日々の生活の中で「どのような手助けを必要としているのか?」という事もいつも考えています。

おそらく、それらはその時代によって変化すると思います。

 

私が行っている話を聞く仕事をしていると、その変化に良く気づきます。

【話を聞く仕事は”話を聞くだけではない”と知ること】

開業当時は話し相手の依頼は全く来なく、他のアルバイトの仕事をしていました。

 

そのうち依頼が入るようになってからは「草むしりをして欲しい」とか「買い物をして来て欲しい」とか「電球を取り替えて欲しい」など高齢の方からの雑用も頼まれるようになりました。

今では高齢者の話し相手サービスもはじめることになました。

anpi_first2

 

 

 

 

 

【高齢者話し相手サービス】
373312-1http://www.miyacoach.com/anpi/

高齢の方からは「一緒に食事をして欲しい」とか「話し相手になってもらいたい」という依頼もあります。

 

そのような依頼は高齢で一人暮らしのお年寄りだったり、仕事でご主人様が家に居ない主婦の依頼が多いのです。

 

皆さんの中で「お金を払ってまで話し相手になってもらうなんてありえない!」そう思う方も多いと思います。

 

しかし、実際には「話を聞いてもらいたい」という依頼が本当に多いのです。

以前にこんなことがありました。

「宮さん、ちょっと話を聞いて欲しいんです…。」

そういう女性のAさんからの依頼でした。

実際にお会いして2時間ほど話しを聞いたら…、

「今日はどうもありがとうございました。これは今日のお礼です。」

と言って10万円を頂いたのです。

 

そのAさんの年齢は50代前後、5年前にご主人を亡くされて今は一人暮らしをされていました。

Aさんは普通の一軒家に住んでいて暮らしぶりから見ても、とてもお金持ちには見えませんでした。

Aさんの話によれば息子さんが居るらしいのですが、今は海外で仕事をしているらしく、会えても年に一度会えるかどうかだそうです。

 

やはり一人暮しは寂しくなり、話し相手が欲しくなったそうです。

 

しかし、10万円もの大金を払ってまで「誰かに話を聞いて欲しい…。」と思うAさんの寂しい気持ちを思うと、現代社会の在り方が孤立させて寂しさを増大させているのだと思いました。

 

Aさんからはその後も依頼があり、また10万円を渡そうとしていたので「今日はお代は結構です。前にたくさんのお代を頂いたので大丈夫ですよ。」とお代を受け取りませんでした。

それからはAさんから依頼が来ることはありませんでした。

私がお代を受け取らなかったのでAさんの気にふれたのか…。

 

それでもAさんは、4時間話し相手になった私に20万円払おうとしたのです。

 

私は、Aさんはもしかしたら精神的に不安定になっていたのか、またはヤケクソになっていたではないかと思いました。

 

しかし、多くの方にお会いして話を聞いた経験から、そうではないということがわかりました。

 

Aさんは、誰かに自分の話を聞いて欲しいという欲求を満たそうとしたのでしょう。

Aさんにしてみれば、それが20万円の価値があったのだと思います。

私は話し相手サービスという仕事を通して『話を聞く姿勢』という大切さをさらに学ぶことになりました。

【話を聞く「姿勢」ができている人、できていない人の違いとは?】(ブログ)
373312-1https://www.miyacoach.com/blog/archives/2763

『話を聞く姿勢』は仕事や人との関わり、どんなものにも通じており欠かせない大切なものです。

 

要するに「話を聞いて欲しい」という依頼を頂き出向いた場合には、私は心と耳をその相手の話を聞く《聞き役》になるように集中するのです。

 

その相手が思う存分話したいことを話してもらうのです。

相手のその話に私は口を挟まず黙って聞くのです。

ですから、私は一言も喋りません。

よく「会話はキャッチボール」で聞き手と話し手が居て、お互いの会話が必要だと思われています。

 

しかし、実際に「話し相手サービス」を依頼して来る方々は、私の話には興味は無いのです。

「誰も良いから、自分の話を聞いて欲しい…。」そう思っているのです。

その「誰も良いから」というのが、私だっただけの事なのです。

もし、話を聞いてくれる誰かがいれば、私に依頼が来ることはないのです。

 

【最後に】

いかがだったでしょうか?

 

結局は「話し相手」は、私以外の他の誰かでも良いのです。

 

ありがたいことに最近は「宮さんに是非話を聞いて欲しい」という依頼を頂けるようになりました。

 

私はプロポーズさせニストという仕事もさせていただいているので、結婚や男女関係に悩みを抱えている方々からの依頼を頂けるのです。

本当にありがたいことです。

 

また、私を仕事の面で支えてくれる仲間が居てくれるお陰です。本当に彼らには感謝しきれません。

 

 

 

↓2015年 ワークショップ・セミナー・講座・随時開催中!↓

「あげまん」になるための聞き上手ワークショップ講座《女性限定・男性限定》

【素敵なパートナーに出会うためのマーケティング講座】《女性限定・男性限定》

【あげまん養成講座 二期生募集開始 6月〜11月(全6回グループワークショップ)】

 

↓宮 弘智ホームページはこちら↓

あげまんコンサルタント
彼氏やご主人を成功させたいという願望を持つ女性のための、通称“あげ活女子”のための新たな恋愛カウセリングサービスです。

プロポーズさせニスト
彼が進んでプロポーズしたくなる”私”になる4つのステップを解説しています。

「あげまん養成塾」スタート《二期生募集中!》
今まで「あげまんコンサルタント」では個別のセッションをしてきましたが、2015年から10名限定で楽しみながら”あげまん認定”を行う「あげまん養成塾」を募集中!

結婚相談所に頼らなくても生涯のパートナーに巡り会えるアラフォーからの婚活コンサルティング
「結婚相談所に頼らなくても生涯のパートナーに巡り会いたい!」という思いを持つ女性のための新たな恋愛カウセリングサービスです。

 

↓テレビ・メディアで紹介されました↓

テレビ・メディア出演情報はこちら♪

恋愛とメイクのハウツーサイト「ハウコレ」にて執筆連載中♪

 

◆このブログの「メール読者登録」をすると更新情報をいつでも受け取れます。
→登録はコチラから

 

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

2 件のコメント

  • はじめまして。ゆいと申します。

    今日は教えていただきたい事があり、メールしました。

    私はよく友達の悩みや話を聞く事が多いです。
    自分でいうのもあれですが、聞き上手だと思っています。
    私には姉が2人いて小さい頃から姉の話を聞いていたからなのかなと思っています。

    それから、よく”ゆいに話したらスッキリした”とか”ゆいの顔見たら安心した”などの声を友達や先輩が言ってくれます。
    その言葉を聞くたびに嬉しくなります。

    それで、”人の話を聞く仕事”と検索したら、宮弘智さんのブログを発見しました。
    私はこのブログを読んで、こういう仕事がしたいと凄く思いました。

    私は今、東京にいるのですが、地元に帰る事になり
    地元で宮さんのような仕事が出来たらいいなと思っています。

    どういったところで働いたら宮さんのようになれるのですか?
    教えて下さい。お願いします。

    長文失礼しました。
    返事お待ちしております。

    • ゆいさんへ

      聞き上手コンサルタントをしている宮弘智です。

      コメントありがとうございます!

      メールでもメッセージを頂きありがとうございました。

      メールにて直接ご連絡させて頂きましたので、ご確認して頂ければと幸いです。

      よろしくお願いします。

      宮より

  • ABOUTこの記事をかいた人

    あげまんコンサルタントの宮 弘智

    名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/