「正論」で論破してくる女性は、さげまん。「方便」を上手に使いこなせる女性は、あげまん。

最近はわからないことがあれば、何かとスマホやタブレットで”ググる“(Googleで検索すること)をしますよね?

 

ネットで検索すれば、知りたいこと求めていること欲しいものは何でも知れるし手に入る時代になりました。

 

本当、いい時代ですよね。

 

昔は今とは違って、何かと”遠回り“が求められたんです。

 

ラジオで聴いた音楽のタイトルがわからないと、ラジオ局に「何時ころに流れていた曲を教えてください。」と電話をしてもちゃんと教えてくれたし、わからないことがあれば本屋や図書館に行ったりして、自分から情報を集めるために自分から”行動“(足を運ぶこと)をすることが求められたんです。

 

それをあれこれ調べていくと、さらにわからない単語が出てきたりして、また調べてそのうちに何を調べているかわからなくなっちゃったりして、そんな無駄なことの中にも面白い発見があったりしたんです。

 

この無駄な行動がのちのちなって「経験」「知識」になって、さらに”芸は身を助ける“みたいな出来ごちに助けらたりして、無駄なことはないんだなと思わせる体験をしたりした思い出もあります。

 

欲しいものや必要なものがAmazonで注文して次の日に手に入ることは、便利だしいいことなんです。

 

私もAmazon宅配やGoogle検索などのベネフィットを利用させてもらっています。

 

でもね、必要なものを必要なものだけ、知りたい情報をだけを知るメカニズムは、どこかしら固定的で遊びがない感じがするんですよね。。。

 

学校で教わったことだけの知識と経験だけでは、社会や世間に出ても結局何もできないし、その感覚とどこかしら似ているんですよ。

 

私は「正論」という概念にも、同じイメージを感じるんです。

 

例えば、カップルが喧嘩をしたとき、女性は正論で男性を追い詰めて男性の逃げ場を断とうとします。

 

正論というものは男が大事にしている理屈や常識や理論的な筋が入っているのでそうなったとき、男は黙り込むか、男はその女性から離れて一人になうとするか、男が「うるさい!」と行って暴力を振るなどの反応を示すので、こうなれば女性の勝ちは決まりなんです。

 

でもね、この女性は「男という生き物を何もわかっていない。。。」という典型な”さげまん行動“をとっているとしか思えません。

 

というのも、男性を正論で論破して勝って優越感を得れたとしてもこの男女の関係には深い溝が入るし、彼はいずれ彼女の前から離れようとすることでしょう。。。

 

正論を語って論破する人は、その”正論の力“を使って相手をねじ伏せて勝利をために勝ち誇って優越感を得たいのです。

 

もしも、「正論の魔力」に取り憑かれていると思うあなたは、ぜひこの記事をご覧ください!

 

◆正論を使って論破したがる人は、ガラスのハートの持ち主!?

世間では、これこれがこうだからこれが正解だ。 基本的にはこうなっている。 規約はこうなっている。 一般常識に考えてもそうなる。 原理原則の理屈はこうだ。 などなど。

 

こうした”完全なる神などの絶対主義“などは、宇宙とは不完全性なものと知っている無宗教の私にとっては”味のなくなったガム“のようなものなんですけどね、、、

 

例えば、カップルが喧嘩をしたとき、女性は正論で男性を追い詰めて男性の逃げ場を断とうとします。

正論というものは男が大事にしている理屈や常識や理論的な筋が入っているのでそうなったとき、男は黙り込むか、男はその女性から離れて一人になうとするか、男が「うるさい!」と行って暴力を振るなどの反応を示すので、こうなれば女性の勝ちは決まりなんです。

 

でもね、この女性は「男という生き物を何もわかっていない」という典型な”さげまん行動“をとっているとしか思えません。

 

というのも、【《男の扱い方説明書》彼が一人きりになりたがろうとしていたら、黙って放っておこう】という記事の中でも書きましたが、男性を正論で論破して勝って優越感を得れたとしてもこの男女の関係には深い溝が入るし、彼はいずれ彼女の前から離れようとすることでしょう。。。

 

正論を語って論破する人は、その”正論の力“を使って相手をねじ伏せて勝利をために勝ち誇って優越感を得たいのです。

 

見た限りでは口が上手くて頭がいい感じがするんですけど、【現代は「好き」か「嫌い」で選ばれる時代《正論を語っても、嫌われていたら受け入れられない時代》】という記事の中でも書きましたが”そんな人とは関わりたくない“というのが人の本音ですし、そんな人は頭がいいかもしれないけど、”ただの理屈屋“ですから。

 

でもそういう人は精神的に隙がなくて、心が”ガラスのハートの持ち主“(臆病者)だったり、自分を大きく見せることで”弱い自分“を隠そうとしているんですよね。。。

 

 

◆方便を使うには、あげまん力(心の器)が問われる

「方便」ということがありますが、その意味まで知っている人はどのくらいいるでしょうか?

 

例えば『嘘も方便』という言葉を思い浮かべると思います。

【方便】(ほうべん)

・仏教で、人を真の教えに導くための仮の手段。

・「うそも―」。転じて一般に、目的のために利用する便宜的な手だて。

 

方便とは、「人を正しい道に導くために使う手段」のことを言います。

 

だから『嘘も方便』とは、状況に場合に応じて嘘をつくのも仕方ない。という認識になるんです。

 

「仕方ないから、今はとりあえずそういうことにしておこう。」と言える”精神的な余裕“(大人の考え方)という感じですかね〜

 

以前に【頑固で失敗する人、素直で成功する人の差】という記事の中でも書きましたが、相手の状況や状態を見て”流せる力“や、相手のプライドを立ててあげられる”あげまん力“(器の大きさ)は…

女性A
へ〜 そうなんですね〜
女性B
すごいですね〜
女性C
じゃあ、そういうことで〜

と言えて”引き際を見極めるセンス“”相手を追い込まない大人の対応“があるといいですね〜

 

先日稀勢の里が横綱に昇進しましが、横綱力士が子供に対してわざと押し負けたりする感じですよね!

 

これが上手にできると”この場はあなたの勝ち〜!“と相手の顔を立てられるし、相手の思い通りになったり服従する必要もないからストレスを受けることはないんです。

 

それができる女性は、本当の意味で強い心を持っているし、まさに”あげまん“と言えるでしょう。

 

あげまんは、どんな状況でも自分を花ように自由に変化させられると思ったら、自分の意見をしっかり持った凛とした女性でいれるのです。

 

我々男にとっても、「男に負けたくない!!」と言って正論を使って論破してくる女性よりも、方便が上手で可愛げと愛嬌がある女性とお近づきになりたいですからね。

 

そのことを知っておくと女性は、恋愛でも、婚活でも、結婚でも、男性絡みで”何かとお得“ですからね〜♥

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【最新情報・お知らせ】

「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』(半年:全6回コース)

この個別オンライン講座では一人一人のパーソナル個別オンライン対応で傾聴を仕事にしたい方のために傾聴ノウハウやスキル顧客獲得コンテンツを学んでいただきながら、“傾聴ビジネスで活躍する方々を応援”して個別で丁寧にアドバイスご指導します!

詳しくは【「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』(半年:全6回コース)】←をご覧ください!

◆LINE公式「宮 弘智」アカウント開設しました!

いつもブログをご覧になってくれてありがとうございます!LINE@を始めましたので是非ご登録よろしくお願いします!

この LINE@にご登録するとブログやYouTubeの新着情報「宮に直接相談したい!」という方は LINE@にご登録ください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/