「できない自分」を認めて受け入れることで、初めて『できる自分になる!』というパラドックス

「できない自分」を認めて受け入れることで、初めて『できる自分になる!』というパラドックス

 

私は小さい頃から親に言われてきたことがあります。

 

それは、「お前は、やればできる!」です。

 

親としては、”やる前から諦めるな!“という意味で言っていたと思うんです。

両親は、あなたはやればできるとか、あなたは才能があるとか、あなたは特別とか、私のことを”褒めて育てる“的な教育をしてきてくれたんだと思うんです。

米沢藩藩主の上杉鷹山(うえすぎ ようざん)も…

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

(どんなことでも強い意志を持って行えば必ず実現する、結果が得られないのは成し遂げる意思を持って行動しないからだ)

と言っています。

【上杉鷹山】

上杉鷹山は弱冠17歳で九代目米沢藩主とな利、莫大な財政赤字をかかえて傾いていた米沢藩の財政を立て直したことはとても有名です。

藩政改革者として優れた才能を発揮した人物で、元アメリカの大統領ジョン・F・ケネディやビル・クリントンも日本人の政治家の中で一番尊敬している人物は上杉鷹山と言う話はとても有名です。

もちろん、最初から諦めて何もしないのはどうかと思うし、出来なくても“できる限りのことを精一杯やる”ということは大事なことだと思うんです。その過程で多くの気づきを得れたり、新しい発見や学びを得れるからです。

しかし、その頃の私は「一生懸命に努力して頑張ってやっていれば、いつか必ずできるようになる!」と受け取っていました。

 

しかし、私は大人になるにつれて…

”もしかしたら、一生懸命に頑張ってやっても、できないものはできないんじゃないの!?“

と気づくことになったんです…。(汗)

それまでの自分は、できない自分を認めたくないし、才能がない自分を受け入れたくないし、自分が特別じゃない人間だと認めたくなかったんです。

 

それからは素直に…、

・自分にはできない

・自分には才能がない

・自分は特別ではない

などなどの自分を認めて受け入れることで…、

”じゃあ、どうしたらできるようになるのかな?“

という思考になれるようになったのです。

そこで本日は【「できない自分」を認めて受け入れることで、初めて『できる自分になる!』というパラドックス】と題して、「できない自分」を認めることで「できる自分」になるというお話をしたいと思います。

 

◆自分はできる(特別)と思うことで「できなくなる」という落とし穴

私自身も今まで色々なセミナーや講座にお金をかけて参加してきて思ったことは、私を含めて”世の中の99%の人間は能力がない“と知ったのです。

 

そもそも才能や能力があるのであれば、セミナーや講座に参加する必要もないし、勉強したり学んだり自己を成長させることをしなくてもいいんですよ。

 

あえて厳しいことを言えば、このブログをご覧になっている皆さんもおそらく能力も才能もないんです。

 

でもね、世の中的には「褒める」とか「認める」とかあるし、褒められる方や認めてもらう方も「褒められたい!」とか「認められたい!」という”自己承認欲求“が強いし、社会がそういう流れになっているんですよね。。。

 

そういう環境に身を置いていると…

女性
私は何となく「特別な存在」だと思うんです!

 

男性
僕はたぶん「できる人間」だと思うんです!

と思い込むし、そういう人たちが増えていくんです。

 

そうするとどうなるんですか?と言えば、結局は”できもしないのに「できる!」と思い込む怖さを知らない人間“になるんです。(過去の私のような人間です。)

 

できもないのに「できる!」と思い込んでいたら、何も学ばないし、何も行動しないし、長い人生の中で”何もしないし何もできない人生“で一生が終わるのですよね。

 

だって、できないのに「できる!」と思っているんだから、できるようになるための勉強も努力も成長も一切しないわけだから、”永遠にできないままの自分で居続ける“(変わろうとしない)ということですから。。。

 

でね、この日本という国は良いか悪いか、”何もできないままでも生活し続けれる国“なんですよ。

 

だから厳しいことを言えば、何も能力がくても、何も才能がなくても、何も特別じゃなくても、世界で一つだけの花じゃなくても、この国はどうにか生活していけちゃうんですよね〜

 

私はそれがダメとか言っているのではなくて、”「幸せ」とか「成功」とかをしなくてもいいから、ただ「どうにか生きていけるだけでいい人たち」にとっては天国みたいな国“だし別にいいんです。

 

ただね、私はこの日本という国に生まれたからには…

・素敵なパートナーと出会って結婚して「幸せな家庭」を作りたい!

・ビジネスを立ち上げて「成功」したい!

・自分の好きなことをして「人生」を楽しみたい! 

・「特別な人生」を楽しみたい!

と思っているのであれば、もっと楽しいことを追求して色々やってもいいのでは?と思うんです。

 

◆「人生とはサラダバーのようなもの」とは?

以前に【人と関わることで、あなたのすべてがうまくいく3つの理由とは?】という記事の中でも書きましたが、もっと色々な人たちに関わって繋がってもっと色々な活動をしても良いと思うんです。

 

それらをやり続けることで、自分が人生を送る中で『人生の意味』『人生の使命』『生まれた意味』を見つけられると思うし、熱意や意欲ややる気が湧いてくると思うんです。

 

だからと言って別に、生きている意味を知らなくてもいいし、頑張る必要もないんだけど、どうにかこうにか生きているんだから”面白い人生“を送りたいですよね!?

 

私がよく言うことで、

”人生とはサラダバーのようなもの。

何を選んで何を求めるかで、単純にも複雑にもなるし、バライティー豊富にもなる。“

ということなんです。

 

どういう意味ですか?と言えば、人生は何もせずに何も行動しなければ”つまらない人生“を送ることになるということです。

 

実際のところ、人生なんてつまらないんですよ。

 

でもね、お金持ちの家に生まれて、顔も良くて、頭も良くて、スタイルも良い才色兼備の状態で生まれたら人生はそれなりに楽しいかもしれませんよ。

 

でも、そうじゃないのであれば人生はつまらないし、自分で楽しくしない限り人生が楽しくなることはないんですって。

 

それに、楽しくないからと言って簡単には死ねないし、簡単に死んじゃダメなんですよ。

 

だったら、”人生は楽しく生きたもん勝ち“なのですから。

 

◆「できない」と認めて受け入れることで「できる」に変わる

よく”自分の人生を誰かに楽しくしてもらおう!“と思っている人もいますけど、そういう人に限って…

女性
私の人生は終わっているんですよ…。
男性
僕の人生は糞ですから…。

とか言っているんですけど、自分で何もしようとしないのに人生が楽しくなるわけがないでしょうよ。マジで。。。(汗)

 

そう考えたときに、できないことができるようになったことが面白くなったり、自分が何らかの形で必要とされて役に立てたりすると思えることが嬉しかったりするんじゃないですか?

 

そうだとしたら、まず最初にしなければならないことは…

・自分にはできない

・自分には才能がない

・自分には能力がない

・自分は特別な人間じゃない

と認めて受け入れることですからね。

 

先ほども言いましたが、”世の中の99%の人間は能力がない“のですよ。

 

イチローが天才と言われているのは、自分には才能も能力もないと認めて受け入れているし、だから血のにじむような練習をして努力をしているから”今のイチロー“があるんですよね?

 

例えば【生涯の伴侶にめぐり会える人、そうでない人の違いとは?】という記事の中でも書きましたが、婚活でも「結婚できる人」「できない人」がいるんですよ。

 

私自身は婚活がうまくいかない人は”ある程度は婚活がうまくいって結婚できるようになる“と思っているんです。

 

じゃあ、”ある程度できるようになる“って何ですか?と言えば、ある程度できるようになるため何が必要かというと…

”自分は婚活がうまくできない“

と認めて受け入れることしかないんです。

 

例えば、仕事でミスが多い人がいるとしたらミスをなくすこと考えてはいけないんです。

 

どういうことですか?と言えば、

”「仕事でミスをすることを前提」をして仕事をしなければならない“

ということなのです。

 

仕事を進める中でミスをしてしまう人はたくさんいるんです。

何度注意してもミスを連発する人もいるんです。

 

そういうミスが多い人は何をしたら良いかと言えば、

”「私は仕事でミスを多くするんだ。」とい前提で仕事をしなければならない“

ということす。

(↑画像:女性上司にミスを指摘される男性スタッフ)

そういう人は、チェックリスト表を作って仕事でミスがないかを確認したり、スタッフ同士でミスを確認し合うシステムを作ったり、アラームをセットして時間を決めてミスがないかチェックしたりするんですよ。

そのくらいのことをすれば、そのミスの多い人はミスが減って今までできなかった仕事もできていくんです。

だから、素直に”私はできない“ということを認めて受け入れることが大事なんです!!

 

以前に【頑固で失敗する人、素直で成功する人の差《婚活中30代〜40代の女性でうまくいく人、そうでない人の差》】という記事の中でも書きましたが、素直な人が伸びるし成果も出て結果に繋がるのもわかりますよね〜

 

このブログをご覧になっといる人で、婚活や仕事や人間関係や人生の中でうまくいかないと思っているのであれば”自分にはできない。“と認めて受け入れることから始めてみましょうね。

 

◆最後に

「できない自分」を認めて受け入れることで、『自分に何ができるのか?』が見えてくる。

 

”自分にはできない“(自分は特別ではない)と認めて受け入れることでようやく…、

「じゃあ、どうしたらいいかな?」

「誰に教わればできるようになるかな?」

「何を学べはできるようになるかな?」

「どんなことから行動すればできるようになるかな?」

という発想に初めてなれるし、徐々に望んでいた”できる自分“になれますからね。

 

私は30代〜40代専門婚活コンサルティングをやっていますが、ほとんどの人が”自分は特別“と思っているんです。

だから、ほとんどの人は”自分だけは特別な力で物事がうまくいく“と思っているんです。

そういう人に限って途中でフェードアウトしたり、連絡が取れなくなって音信不通になったり、セッションを長期的にお休みしたいと言って来るんですよね。。。

 

あえて自分で言いますが、私が教えている内容をある程度守ってやれば、ある程度は素敵なお相手に出会ってお付き合いをして結婚可能性が高いのです。

この通りで行動して進めれば、うまくいく方法はたくさんあるのです。

でも、ほとんどの人はその通りにやらないんですよね。。。

 

どうしてやらないかと言えば、そのような人は…

女性
このぐらいやっておけば、私だったらきっと大丈夫だわ!

と思っているんですよね。。。

そういう人って、”私だけは特別だから“(不思議な力がある)とか思っているんです。

 

私は人をむやみに褒めないし、人をやたらめったら認めることもしないし、だからこの【「できない自分」を認めて受け入れると『できる自分』になれるパラドックス】というタイトルのブログを書こうと思ったんです。

 

だから、私の個別講座で涙を流してしまう女性がいるのですが、でも私はそれでいいと思っているんです。

 

だって、私の元に来る女性は”人生を本気で変えたい“と思って来るわけだし。

 

人間という生き物は、できないことを練習して実践することでできるようになることで”自分に自信が持てるようになる“からね。

 

自信が持てると気持ちも乗って楽しくなるし、「どうしたらできるようになるかな?」という発想の頭になって行動できて、それを繰り返すことでさらに”できるようになる!“ということですからね。

 

何度も言いますが、”できない自分を認めて受け入れる“ことで、恋愛・結婚・ビジネス・スポーツ・勉強・人間関係・人生・などのすべてがはじめて”できるようになる!“ということですからね。

 

元々のあなたはできないのであれば、失敗をするのも当然だし、最初からうまくいくことはありませんよね?

 

《婚活中の独身30〜40代必見!》自分に「自信が持てない人」が結婚相談所で成婚する方法(後編)

【《婚活中の独身30〜40代必見!》自分に「自信が持てない人」が結婚相談所で成婚する方法(後編)】という記事の中でも書きましたが、婚活を進める中で異性と付き合いえない状態が続くと「自分に自信が持てない…。」と思うようになるし、そうなると婚活をすることも億劫になっていくものわかります。

婚活をしている人で「自分には自信が持てない」という方は婚活のサポートをしてくれる専門家にアドバイスをもらい頼ることで、一つ一つ成果をあげて行く中で徐々に自信が持てるようになれば、いずれ自分に自信が持てるようになると思いますからね!

 

婚活を一人婚活をする上で一番大変なことは、相談する人が居なかったり、不安を打ち明けたり、話を聞いてくれる人が居なかったり“一人きりで婚をする事”はとても大変だし「自分には自信がない…。」と思ってしまうものわかります。

結婚相談所では、入会の際に手続きやサービスをスタッフのことを「結婚アドバイザー」と呼んでいるところがほどんどです。

《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

【《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!】という記事の中でも書きましたが、結婚相談所のパートナーエージェントでは婚活をスタートしてから成婚するまでの全ての事をコンシェルジュが一括サポートをするシステムやサービスが充実しているので精神的にもこころ強いと思いますよ!

「自分には自信が持てない」「自分には自信がない」という方は、自分一人で頑張らずにそろそろ専門家のサポートサービスを利用しても良いと思いますからね!

 

自分一人で頑張ってきた人は、もう十分頑張ったし、できる限りの事は全てしてきたと思うのです。

だから良い意味で「そろそろ他力本願になっても良い!」と思いますからね〜☆

 

「できないことが当たり前」というスタンスで考えられて、練習したり勉強をし続けられる人のことを”あげまん“と言いますからね!

そのことを知っていれば、あなたも”あげまん“になれるし、いつか”できる自分“になれますからね〜☆

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/