《先行利益を得る人の考え方》ライバルが少ない「傾聴ビジネス」は“いち早くやった者の勝ち”です!

目次

《先行利益を得る人の考え方》ライバルが少ない「傾聴ビジネス」は“いち早くやった者の勝ち”です!

 

※今回はビジネス(新規参入・起業・副業・先行利益を得る方法)の関する内容についてお話したいと思います。

 

自分でビジネスをする上で考えておきたいことがあるのですが、特に「新しいビジネスを立ち上げる人」(今までなかったような仕事を始める人)先行利益というものを考えます。

 

この先行利益とは…

“先に行った人(始めた人)だけが優先的に獲得できる利益”

のことを言います。

 

私は数年前から【高齢者の話し相手(買い物代行・安否確認):傾聴サービス】という仕事を立ち上げて取り組んできました。

この傾聴という人の話を聞く仕事をしている人は私が知る限りでこの日本には100人も居ないです。

また、今後の日本には多くの高齢者が増えているのでこの「高齢者の話し相手という仕事」(傾聴ビシネス)は右肩上がりですし、おかげさまで現在も仕事依頼(お問い合わせ)が急激に増加傾向にあります!

 

私は約7年前にこの「傾聴サービス」(人の話を聞く仕事)を立ち上げました。

多くの人たちや友人から…

「人の話を聞くだけで仕事になる訳が無いよ!」

「話を聞くだけお金を払う人なんていないよ!」

「話を聞くだけでお金がもらえるなんて楽なことないよ!」

「宮に会って話を聞かれるとお金を取られるぞ!」

「話を聞く仕事って、怪しいよね?」

などなど、私は詐欺紛いな仕事(怪しい仕事)をしてると思われていました。

 

当時はとにかく傾聴の仕事だけでは収入が得られなかったので、警備員・深夜の交通量調査員・治験の新薬のモニター・屋台や舞台設置の作業員・エアコンの清掃・などなど他にも色々なアルバイトなど他の仕事を掛け持ちをしていました。

しかし、あるときから傾聴の仕事にお問い合わせをしてくれる人たちが現れ始めました。

「彼氏にフラれたから、誰でもいいから私の話を聞いて欲しい…。」

「彼がなかなかプロポーズしてくれないので、男性の本音を聞かせて欲しい…。」

「旦那の帰りが最近遅いので、男性(旦那)が家に早く帰りたくなる方法を教えて欲しい…。」

↑などなどの女性からのお問い合わせが意外にも多かったのです。

それがキッカケで【プロポーズさせ二スト】という彼氏からプロポーズされるためのコンサルタントサービスを立ち上げることになったのです。

しかし、現在は傾聴というワードは多くの方に浸透していますし、傾聴のスキルがない人は人間関係も良好に保てませんし、特にビジネスで成功している人の多くはこの“傾聴力”を身につけているのは言うまでもありません。

モテる男は話が面白くてアドバイス上手はウソ。女にモテたいなら「聞き上手で共感上手な男」になるべし

↑以前に【モテる男は話が面白くてアドバイス上手はウソ。女にモテたいなら「聞き上手で共感上手な男」になるべし】という記事の中でも書きましたが、男女関係などの恋愛・婚活結婚・夫婦関係を良好にできる人は「相手の話を黙って最後まで聞ける人」ですし、その反対に「相手の話を聞けずに、ベラベラと自分が話したい事ばかり話す人」は男女関係はまず上手くいっていないし、仕事も出来ない人というラベル付けをされても仕方がありません。

 

これからの時代は「話を聞いて欲しい人」が益々増える理由

現代はSNSが普及して色々なジャンルの方と繋がれて多くの情報も共有できる時代になりました。

しかし、孤独感を感じる人たちは増加していて、見た目は華やかなプライベートを送っているように見えても、実は精神的に満たされていないという状況にある人が増えています。

SNSの中でいくら「いいね」をたくさんもらっても“実生活ではとてもいいねとは言えない生活”を送っていれば、ますます孤独感に陥るし自尊心が下がっていくし、最近では20代の若い方から「話を聞いて欲しい」という依頼が増えています。

私は高齢者の話し相手サービスをしておりますが、最近では若い方からの依頼はInstagramのメッセージを通じて依頼が来るのでその年代層によってコンタクトの仕方(使っているツール)に違いがあるなと思いました。

そして、若い世代の人でも「話し相手の仕事をしたい。」「傾聴を学んでビジネスをしたい。」という意欲がある若者からのコンサル依頼も多いです。

若い方は固定概念が少ないし“やりたい!”と思ったらすぐに行動に移せる特徴を持っているので、私も彼らが傾聴ビジネスをしていく上でのノウハウを教えれることに喜びを感じています。

 

しかし、その反対に30〜40代の世代やに50〜60代の世代の方々からの傾聴コンサルの希望依頼を受けるのですが、実際に行動に移せる人たちは全体の半分以下に下がってしまいます。

その理由としては、30〜40代の中堅層や50〜60代のシニア層の方々はお勤めをされていたり、今の職場や業種に対して不安を抱えている方々がいらっしゃるので、新たに新規事業としてビジネスを起こすパワーやエネルギーが無い方もいらっしゃるのも事実だと思います。

若い世代は何事も体当たりで失敗しても乗り切れる若さがあるし、その点で言えば30〜40代の中堅層や50〜60代のシニア層の方々にしてみれば“失敗できない年齢”と思われている方も多いようです。

人生で成功をして幸せな「あげまん」になりたければ、失敗をして『恥をかける人間』になろう!

↑ただ【人生で成功をして幸せな「あげまん」になりたければ、失敗をして『恥をかける人間』になろう!】という記事の中でも書きましたが、新しいことをやろうとすれば失敗は付き物で避けることはできませんし、「絶対に失敗をしたく無い…。」という人がいるとすればのであれば“今のままの生活を変えずに現状維持”する方がその人の為でもあるかもしれません。

 

ただし、「どうしても自分のやりたいことをしたい!」「自分が好きだと思うビジネスがしたい!」と諦められない人の為に、新規ビジネスを進める為の考え方をお話しましょう。

 

ビジネスは誰よりも早くやることで成功する理由(先行利益が出る理由)

私は傾聴をビジネスとして展開していますが、現在利益を得られている理由をあげるとすれば…

“誰よりも先にビジネスとしてやり始めた”

ということです。

 

冒頭でも言いましたが、私は7年前に傾聴ビジネスを立ち上げてから、ホームページ・ブログ・SNS(主にFacebook)を通じて顧客開拓をして収益を上げてきました。

具体的なことを言うと、7年前Facebookで友達登録してくれた方々に対して直接メッセンジャーで「傾聴サービスの宣伝」をすると大体の方が傾聴サービスを利用してくれました。

月に50人ぐらい友達申請をしてメッセンジャーでやりとりして、傾聴サービスを利用してくれる人は少なくても30名ほどいました。

単純計算をしても月に30人が傾聴サービス料金(一回6,000円×2)を利用してくれたので月に36万円、月に何度もリピートをしてくれる人も多かっりお客さんを紹介してくれたので月に約100万円以上の売り上げがコンスタントに出ていました。

(ちなみにFacebookのメッセンジャーで営業をかける費用は0円です。)

 

しかし、7年前の営業の仕方を今やったらどうなるでしょうか?

新規でお友達になった人にメッセンジャーで営業のメッセージを送ったらどうでしょうか?

間違いなく相手からブロックされておしまいです…。(汗)

この7年間でこれだけ変化してしまったのです。

 

私が言いたい事は、ビジネスとは早く行動すれば利益になるのですが、その当時のやり方と同じ今やったら利益にならないし、相手に嫌われるし、悪い噂を流されると仕事にならなくなってしまいますからね…。

ですから、それほど…

「ビジネスとは、先にやった人が勝つ」

と言えるのです。

しかし、多くの人はその事が理解できていませんし、理解しようともしません。

↑特に人間は歳を取れば取るほど“失敗したくない(失敗できない)”という感情が強くなるので、新しいビジネスに参入する事に対して様子見をしようとしたり、考察を十分に重ねようよする事に多くの時間をかける傾向にあります。

 

私の元にも傾聴ビジネスに興味があるという方々からたくさんのお問い合わせがきますが…

「宮さん、傾聴ビジネスは本当に伸びるんですか?」

「宮さん、高齢者の話し相手サービスは本当に仕事になるんですか?」

としきりに確認しますし、丁寧に内容を説明した結果…

「もう少しよく考えてみます。」

「奥さんに相談してから考えます。」

「彼に相談してからまたご連絡します。」

となってしまうのです。(結局やらないし、何も変わらない。)

そもそも、頭の硬い奥さんや固定概念の塊のような彼氏に相談しても…

奥さん「そんな仕事はやめた方がいい。」

彼氏「話を聞くだけの仕事なんてあり得ない。」

と言われるに決まっています。

《さげまん習慣をぶっ壊す!》独身アラフォーの「結婚はしたいけど、婚活したくない…。」を卒業するコツ

↑おすすめ関連記事: 《さげまん習慣をぶっ壊す!》独身アラフォーの「結婚はしたいけど、婚活したくない…。」を卒業するコツ

 

しかし、皆さんにもそれぞれの事情があると思うので、私はそれでも構わないと思っています。

だだし、遅くやればやるほど得られるほど傾聴ビジネスに新規参入したライバル達にお客さんを取られてしまうでしょう…。(汗)

ネットを検索して話し相手を探しているお客様としては、すでに傾聴ビジネスで活躍して経験のある人達に依頼をするのは当然ですし、今後は傾聴ビジネスに大手が参入してくるのは言うまでもありません。

そうなると遅く始めた人にとってはさらに厳しい状況になるのは覚悟しなければなりません…。

最近では老人老人有料施設やお問い合わせが増えてきて、介護ヘルパーさんの仕事量が多くて入居者の方との交流ができない状況なので傾聴の専門家が高齢者の話し相手になり心のケアはもちろん、入居者のご家族の話し相手になるサービスも展開する流れになって行くでしょう。

今後高齢者が増加するのはわかっている事ですし、2030年には国民の半分が独身者になれば孤独死などの問題も増加します。

そうなれば、自治体などから傾聴ビジネスを行っている人に依頼などの応援として声もかかるでしょうし、国も対策として訪問介護ヘルパーさん以外に孤独死をなくす為のパトロールする組織(傾聴スキルを持った人材)を編成する流れになるかもしれません。

 

遅く始めた人は「取り分」(利益)が減る理由

私が今傾聴ビジネスで集客ができて利益を出している理由は何かと言えば…

“誰よりも先に傾聴サービスをやったから”

です。

つまり、私は誰よリも先に傾聴ビジネスをやったおかげで先行利益を得れています。

↑特に現代は何を調べるにもインターネットを使うので、「高齢者 話し相手」と検索すると私の傾聴サービスが1ページ目に出るようになってますから、高齢者の話し相手を探している大体の方が私のホームページを見てお問い合わせしてくれるようになっています。

例えば、傾聴ビジネスで他のライバルが出てたとしても彼らのおかげで傾聴ビジネスが活性化して、そのおかげで傾聴ビジネスがメデイアに取り上げて行くので私の仕事にもメデイアの取材がくればさらにお問い合わせが増えて利益が上がるでしょう!

ただし、あと数年すればこの状況ももどうなるかはわかりませんが…。(だからこそ、早く行動しなくてはなりません!)

 

ですから、少し過激な言い方をすれば…

“早くやらない人は、その分だけ得られる取り分(利益)は減る”

ということです。

 

だからこそ、ビジネスは“誰よりも先に行うことで利益が得られる”“遅れて遅くやればやるほど得られる利益が少なくなる”いうことです。

 

多くの人は…

「スキルを身につけてからやります…。」

「できるようになってから始めます…。」

「ちゃんと勉強してからやります…。」

と言うしそれは無駄とは言いませんが、私はあまりおすすめしません。

つまり、頭が良くても、頭が悪くても、スキルが高くても、スキルが低くても、

“誰よりも先に行動して形にした人が利益を得られる”

というのがこの現代の成功者の流れになっていますし、現代のインターネット社会(ネットマーケティング・集客要素)の構図になっています。

 

中には…

「私は傾聴の実力をつけてから起業したい」

「私は傾聴の勉強をしかりやってからビジネスをしたい」

という方はどうぞそうなさってください。

ただし、遅くやればやる分だけライバルはどんどん参入してきて顧客開拓をされて、獲得できるお客様(得られる利益)が大幅に減るです。

これは宮が勝手に決めて言っている訳ではなくて、何をするにもネインターネットを利用する現代社会がそのようなシステムになっているということは理解しなくてはなりません。

買い物をするにもAmazon(ネットショッピング)を利用しますし、レストランを調べるにもネットで当たり前に使いますし、現代はビジネスはインターネットありきの社会の構図になっていますし、今後のインターネット環境は5Gにさらに加速するのであと数十年は崩れる事はないでしょう。

さらに言ってしまうと、今後は人工知能(AI)が急速に発達するので人間に変わってAIが仕事をすることが増えるでしょう。

特に会話はAIの研究が進んで行くので、「あれこれ口を出して話を聞いてくれない人間よも、AIの方が話し相手に最適!」となる時代になるかもしれませんね!

 

最後に

今回お話した内容は傾聴ビジネスだけではなくて、誰もやっていない新しいビジネスは…

『早くやった人が先行利益を得られる!』

ということがこれからのビジネスの進め方(マーケティング)が最重要項目になって行くことを覚えて置くと良いでしょう!

 

ですから、新しいビジネスで利益を得たいと考えているのであれば

「自分は石橋を叩いてじっくりやりたい」

「私はしっかり勉強してスキルを身につけてから始めたい」

という考えでいつまでもズルズル先延ばしにしていると得られる物(利益)も得られなくなってしまいますし、利益(お金)は特にいらないという人であれば趣味でのんびりタイプでやれば良いと思いますからね。

しかし、

「ビジネスとして利益をしっかり出したい!」

「仕事として傾聴ビジネスをやりたい!」

という人はスピード重視タイプになってください!

 

中には…

「スキルが低いのに仕事にして良いのかな?」

「ブログを始めたばかりで知識も少ないのにお客さんがきてくれるのかな?」

と思う方がいますが、逆に知識も少なくてスキルが低いのであれば「自分がどの程度のレベルか?」がわかるし、自分の現在のレベルがわかれば何を学べば良いか?何を実践すれば良いか?という現在地がわかるので、新しいビジネスをするのできるだけ早い段階で“先にビジネスを展開しているコンサルタントのアドバイス”を受けながらで始めることをおすすめします!

人の話を聞く仕事を始めたい方《高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てる「傾聴のプロを生み出すプロジェクト」》

↑そして今年から「高齢者の話し相手の仕事がしたい!」「人の話を聞く傾聴の仕事を始めたい!」という方の為に【人の話を聞く仕事を始めたい方《高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てる「傾聴のプロを生み出すプロジェクト」》】という傾聴を仕事にしたい方の為に個別で起業や副業の傾聴ビジネスコンサルティングをしています。

(※現在は婚活事業などの仕事を複数展開しているので、月に5名様までの限定で傾聴ビジネスコンサルティングを希望する方々にアドバイスやコンサルをさせていただいております。)

もしも、今後「傾聴ビジネス」を始めたいと考えている方はご連絡をお待ちしております!

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【最新情報・お知らせ】

「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』《二期生募集 5名限定:全6回コース)

この個別オンライン講座では5名限定で傾聴を仕事にしたい方のために傾聴ノウハウやスキル顧客獲得コンテンツを学んでいただきながら、“傾聴ビジネスで活躍する方々を応援”して個別で丁寧にアドバイスご指導します!

(※11月30日までにお申し込みされる方は限定割引価格にて受講できます!)

詳しくは【「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』《一期生募集 5名限定:全6回コース)】←をご覧ください!

◆2019年度11月9日(土)あげまんコンサルタント宮が送る「30代~40代独身女性のための婚活講座」開催!

結婚をして幸せな人生を送る人は、「男女のコミュニケーションの違い」を知っていて、「男性を導く”あげまん“の性質」も持っていて、「聞き上手・質問上手・気づかせ上手という性質」を持っています。

この「30代~40代独身女性のための婚活講座」では、婚活する中で「素敵な男性に出会う方法」を学んでいただき、出会った男性を”あげまんのスキルとテクニック“を使って「稼げる男」へ導く方法を皆さんに わかりやすくまとめお伝えしていきます!

◆LINE公式「宮 弘智」アカウント開設しました!

いつもブログをご覧になってくれてありがとうございます!LINE@を始めましたので是非ご登録よろしくお願いします!

この LINE@にご登録するとブログやYouTubeの新着情報お得なクーポン「宮に直接相談したい!」という方は LINE@にご登録ください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/