失敗したり困難な状況が、平凡な毎日を「特別」に変えてくれるスパイスになる!

 

 

 

 

私のブログは

読みたくない内容だったり、

ストレスに感じることが書いてあったり、

ウザいことが書かれてあったり、

心が痛くなる内容が書いてあったり、

人によってはそう思うようです。

 

なぜそう思うのか?と言えば、

facebookにあげまんラボラトリーという

私のブログを投稿している専門のページがあります。

 

ページでブログを投稿すると

投稿を非表示にしたり消去したり、

否定的な対応をされるとわかるようになっています。

 

そもそもこのブログは、

見たい人が見れば良いと思っているので

あまり気にしてはいないけどね〜

 

しかし、

わかっていることもあって、

タイムラインでブログの非表示にされたり

消去されたときに多くの方から

いいね!やメッセージをもらったり、

アクセス数も伸びる傾向があるもの事実なんです。

 

私も見たくないブログやネット記事もあるし、

自分のことをエゴサーチをすれば良いことなんて書かれていないし、

そういうものはあまり見ないようにしていました。

 

でもね、

その数年で変化をしてきたんです。

 

 

以前に

【ネット婚活(SNS含め)をする30~40独身代女性で
素敵な異性に出会えない人は「クラスター化している」とは?】

という記事の中でも書きましたが、

自分が嫌な気持ちになるブログやネット記事も

あえて見るようにしています。

ネット婚活(SNS含め)をする30~40独身代女性で素敵な異性に出会えない人は「クラスター化している」とは?

 

私は不味い食べ物をあえて食べたり、

気持ち悪いことをあえてするようになりました。

 

これは人間の五感を磨いたり、

脳を刺激することにもなるし、

このブログのタイトルにもありますが

「失敗したり困難な状況が、
平凡な毎日を「特別」に
変えてくれるスパイスになる!」

ということでもあるんです。

 

私がこの不味いものをあえて食べる意味や

気持ち悪いことをあえてする理由を

誤解がないようにお話したいと思います。

 

◆美味しいものを「美味しい」と思えるように不味いものを食べる意味

人間の味覚というものは

割といい加減だったりするらしいです。

 

人間の舌は

不味いものと美味しいものの平均的な味

はわかるけどそれ以上のことは意外に

どれも同じ味として認識しているらしいのです。

 

これは友人から聞いた話なのですが、

経済的に裕福でいつもブツブツ言っている女性がいたそうです。

 

その友人はその女性に

築地に一見さんは入れないお寿司屋さん

に連れて行ってもらったことがあったそうです。

 

その女性は回転寿司なんて行きませんし、

女性
私は銀座の久兵衛しか行かないわ!

と言っているしどんどん高い値段のお寿司を

食べるようになって行ったそうです。

 

あるときその女性は…

 

女性
私、お寿司が好きじゃなくなってきちゃったかも…。

と言っていました。

 

それも当たり前なんですよね?

高いか?安いか?の差

でしか判断していないんですからね。

 

そこで友人はその女性に銚子港にある

とびきり美味しいお寿司が食べれる寿司屋

があると聞いたらしく彼女に教えたら、

女性
最高!美味しかった!

遠出した甲斐があったわ!

と言っていたようでした。

 

でもね、

彼女は毎週毎週銚子港に行けるとは限らないしので

その女性はお寿司を食べるたびに、

女性
あの銚子港のお寿司は美味しかったけど、

今日食べたお寿司は高かったけど満足できなかったわ…。

とブツブツ言って不満を友人に漏らして食べたそうです。

 

私は時々、日高屋のラーメンを食べるんです。

 

日高屋は安いし営業努力をしていると思うんです。

 

量を食べたい人にとっては安いし、

ありがたいお店なんです。

 

でも、これを言うと問題になるかもしれませんが、

日高屋のラーメンは中の中の味だし

決して美味い〜!!とは言えないと思うんです。

 

でもね、

日高屋のラーメンを食べると

私の舌の味覚は元に戻されるんです。

 

そうすると、

コンビニ弁当を食べても

「美味しいな〜!」

と思えるんですよね〜

 

当たり前ですが、

回転寿司を食べても

「美味い〜!」

と思えるし、

鳥貴族の焼き鳥を食べても

「最高〜!」

と思っちゃえるんですよ!

 

これが

不味いものを食べる意味(理由)

と言えるます。

 

これって意外に大切なことなんです。

 

人生を楽しく充実させるためにも

 美味しいものを
「美味しい!」
 と言えるようになる方法

だと言えるかもしれませんね!

 

◆失敗や困難にぶつかったときは「幸運だ」と思える思考を持とう!

人生を楽しく良いものにするために

・考え方

・思考術

というのがあるのでご紹介しましょう!

 

この考え方は「あげまん思考」というものです。

 

 

あなたが失敗や困難に突き当たったとき、

それはとても幸運なこと思うということです。

 

夜になれば辺りは暗くなるし、

雨が降れば身体が濡れるんです。

 

私は普段からあまり傘を持たないし、

天気予報を見て雨が降るとわかっていても

それでも家を出るときに雨が降ってなければ

傘を持たない人間なんです。

 

そんなことをやっていると、

雨が降ってビチョビチョになることもあるんです。

 

セットした髪型は崩れるし、

服もビチョビチョになるし、

革靴も悲惨なことになるんですよね。

 

この時期は寒くなる季節だし、

家に帰ってもお風呂なんて沸いてないし

お風呂を沸かすには10分以上かかるし

でも文句を言ってもどうにもならないのでジッと待つんです。

 

やっとお風呂が沸いて、

熱々に沸いたお風呂に冷え切った身体を沈めると

足の指先から手の指先までチリチリとあったまってきて

「あ〜!幸せ〜!

生きてて良かった!」

とつい口に出てしまうんですよ。

 

私はパンツも穴があくまで履いています。

中には、

すでに穴が空いているパンツも

いまだに履いていることがあります。

 

そんな時に

下ろしたての新しいパンツを履くと

何となくキュッと気持ちが引き締まる感じがするし

「よし!気合が入った!

今日も頑張ろう!」

と思うわけですよ!

 

勝負の日はちゃんと

勝負パンツ

を履いているのでご心配なく!(笑)

 

でもね、

毎日毎日仕事をして家に帰ってきて

同じ毎日を過ごしていると、

暖かい部屋で暖かいお風呂に入ると

あんまり有り難みを感じないし、

もちろん感動なんて何一つ無いんですよ。

 

以前に

【本当に大事なことはSNSで投稿はしない
(SNSのリア充投稿にイライラしてしまう人の心理とは?)】

というブログの中でも書きましたが、

私たちはその毎日の生活の中で

Instagramに写真を投稿してリア充感を出して、

でも結局は…

有り触れた平凡な退屈な毎日

を過ごしているんですよね…。

本当に大事なことはSNSで投稿はしない(SNSのリア充投稿にイライラしてしまう人の心理とは?)

 

私が不味いものをあえて食べて、

傘を持たずに雨にあえて濡れて、

ボロボロのパンツを履くのは、

「平凡な毎日にしないための理由」

というわけです。

 

美味しいものが食べれなくて、

傘も買えなくて、

パンツも買えないのは、

お金が無いからでは無いんです。

 

私は少し、

自ら望んで失敗をするようにしている

という感じです。

※ドMってことです。

 

先日も大阪で仕事を追えて東京に帰宅しよと思ったのですが、

指定席も自由席も満席で2時間近く座れませんでした…。(汗)

 

普通なら、

「最悪だ…。」

「ツイてない…。」

「運が悪い…。」

と思うでしょうね。

 

私は自由席でずっと立っていたんです。

 

そのときも、

「これは体感トレーニングだと思って立ってみよう!」

と持ってからしんどく思うこともないし、

逆にいい運動になりました。

 

以前、

停電になって新幹線が何時間も止まっていたことがありましたが

それに比べたら屁の河童だし、

立っていたおかげで座っているおばちゃんに

ミカンやお菓子をもらえたし良かったです!

 

立っていたのは実際には20分ぐらいで、

そのあとはそのおばちゃんの隣が空いて

座れました。

 

◆最後に

失敗したり困難なあるおかげで、

平凡な毎日を「特別」に

変えてくれるスパイスになる!

 

以前に

【「なりたい自分」になれる人は、
『失敗できる環境』に身を置いている。】

というブログの中でも書きましたが、

失敗とは人生と豊かにするためのスパイス

になってくれるのです。

「なりたい自分」になれる人は、『失敗できる環境』に身を置いている。

 

ドキドキもハラハラしない、

何の失敗もない何の困難のない冒険映画

を見ても何が面白いでしょうか!?

 

ハリーポッターが面白のはどうしてでしょうか?

韓流ドラマが面白いのはどうしてでしょうか?

マッチ売りの少女が世界中で読まれているのは何故でしょうか?

ガラスの仮面が面白いのは何故でしょうか?

ナルトが面白いのは何故でしょうか?

 

みんな失敗と困難を克服することで

ハラハラドキドキを与えてくれるし

勇気を与えてくれるからです。

 

自分の人生の主人公はあなたです。

 

自分の人生のストーリーを

面白く彩ってくれるのが、

失敗と困難ですからね。

 

このブログをご覧になっているからは

何かに立ち向かっていたり、

何かを成し遂げたいと思っていたり、

何かの結果を出したいと思っていたり、

失敗や困難というスパイスを
味わっている真っ只中にいる人たち

かもしれません。

 

だから、

そのスパイスを味わって

楽しんで欲しいと思います。

 

そのスパイスの先にきっとお待ちかねの

甘くて美味しいデザート

が待っていますから!

 

そのデザートが待っているとわかっていれば、

「今しかないこのスパイスを味わっておこう!」

と思えるはずですからね!

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン講座 まもなく再募集開始!

2018年1月スタート
・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/