婚活中の30〜40代独身こじらせ女子が持つべき私界線と、嫌な相手に「NO」と言う事の大切さ

婚活中の30〜40代独身こじらせ女子が持つべき私界線と、嫌な相手に「NO」と言う事の大切さ

 

【私界線についての説明】

この記事の中に出てくる「私界線」とは、

“自分と自分以外を区別する線”

のことを意味しています。

(※私が造った造語ですので検索しても出てきません ;^^)

私が造った言葉なので聴き慣れないと思いますが、こじらせ女子にとって「“私”という人格を大事にして欲しい」という想いから「私界線」と名付けました。

こじらせ女子たちに意識して欲しいのが、この「私界線」の大事さです。

私界線の線の中には、あなたの身体と心(精神)が存在しますし、それは誰でもないあなただけしか触れられないし、あなただけのものです。

あなた以外の誰かから要求されたり欲しいと言われたとしても、あなた自身にその気がないのであれば「NO」とお断りする権限が与えられています。

こじらせ女子の皆さんにとっては、相手に対して「NO」と言って断るにはとても勇気がいる行為だと思いますが、あなたの身体と心(精神)を守る大事な行為になりますので忘れないでくださいね。

 

「私界線」の“内側にある身体と心(精神)”は誰でもない、あなたのものです。

(↑画像:私界線のイメージ)

冒頭でも説明しましたが、私界線とは「あなた自身とあなた以外を区別する線」のことを言います。

普通の人は特別意識して考えなくても、無意識で私界線をわかっているし、その事についても自然に感覚的に備わっていることを理解していようです。

でも、こじらせ女子たちにとってはみれば「私界線って何?」とか「私界線なんて見えないしどこにあるの?」と思っていることでしょう。だから、彼女たちは、私界線のことを親に教わったり、友達に教わったり、本を読んで知識として知ったり、そうやって私界線について学ぶことが求められます。

 

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが言葉の意味としては、 どんなに仲が良い関係の間柄でも過度な無礼が過ぎてしまうと相手から嫌がられて関係を斬られてしまういう戒め。または親しいことにより配慮や遠慮が無くなっていき、それが元でお互いの仲が不仲になるという意味として知られています。

私自身は幼い頃、友達と遊んだり関わる中で私界線に関することを学んだことを覚えています。自分が相手の私界線を侵してしまったことでお互いの関係がこじれてしまったこともあるし、逆に相手が自分の私界線に侵入してきて嫌な想いと経験をしたことを今でもよく覚えています。

このカテゴリーについて学んだり理解を深める中で、私界線が自分と自分と関わる相手の人生に大きいな影響があるということを知りました。

そして、人間関係・恋愛関係・パートナーシップの中で起きる問題や困り事の多くが、この私界線に関するトラブルによって起きているという事にも気づくことができたのです。

(↑画像:悲しいことや寂しいことがあっても誰にも言えずに女性が一人部屋で泣いているイメージ)

例えば、私の元に相談に来るこじらせ女子の多くは、誰かに嫌な言葉をかけられた時や屈辱的な行為をされたとしても、相手に対して何も言えず悔しい想い抱えて孤独に独りで涙を流すことしかできない人が多いです。

たとえ相手にされた行為や言われた言葉に深く傷つけられたとしても、その相手に言い返したりやり返したりせず、また自分自身を守ろうともせずにただただ相手にされるがままで、相手がしてくる行動を黙認してしまってきた人が多いと思います。

特にこじらせ女子の場合だと、好きでもない男性からの誘いを断れなかったり、仕事の取引先の関係者の既婚男性の誘いを断れずに不倫関係になってしまう女性も少なくないかもしれません…。

自分がしなくても良い仕事も頼まれたら引き受けてしまったり、そのせいで精神的に追い詰められてしまう人も多いです。

それらのこじらせ女子の特徴を調べてみると、その多くは私界線に関するトラブルが多かったのです。

「私界線について理解できてくると“NO”(断る)という判断やチョイスがある。」ということがわかってくるし、こじらせている人の頭の中の考え方が変わってくるのです。

まずは、こじらせ女子たちの皆さんに知って欲しいことは…

“あなたの私界線の中にあるあなたの身体と心(精神)は誰でもない、あなただけのものであることです。”

だから、私界線の内側にあるあなたの身体と心(精神)をどのように扱うか?は、あなた自身が決めて良いし、あなた以外の誰かに支配さえるものでもないのです。

 

あなたの私界線の内側にある自分の身体と心(精神)は、あなた以外の他の誰かから関わりたいと求められても、あなたがその相手が嫌で関わりたくないと思うのであれば…

「嫌です。」
「お断りします。」
「NO」

と伝えて、自分自身の私界線を守り切って欲しいし、なんとしても死守して欲しいのです。

あなたの身体と心(精神)を大事にして守れるのは、自分だけですからね。

こじらせ女子たちの皆さんに知っておいて欲しいことは、自分自身にはどのような権限やお役目(責任・使命・ミッション)があるのか?ということを知ったり学んだり、その事を忘れないで覚えていつでも思い出せるようにしておく必要があります。

そして、「自分の私界線の内側にどのような物が詰まっているのか?」ということを理解しておくことが大切です。

 

 

あなたの身体は誰でもない「あなただけのもの」です

あなたの身体や髪の毛(あなたを包んでいるもの)はあなただけの所有物です。

他人があなたの身体や髪の毛に触れる時は、あなたの私界線を超えてあなたのパーソナルエリアに入ってくるという意味を示します。

もしも、異性があなたの肌や髪に触ったり、キスをしたり、身体の関係を求めたりする相手がいて、あなたがその相手を受け入れたくない(生理的に受け付けない、嫌)と思ったら…

女性
やめてください。

と言葉で相手に伝えて構わないということです。

こじらせ女子の中には、相手に嫌われたくないから“相手からの要求を断れない”という人もいますが、あなたの身体と心(精神)はあなたにしか守れないし、あなただけのものという100%の権限があるのです。

このことは全ての人間に与えられている権利なので、他の人も同じ権限を持っています。

 

相手に「NO」と言えない(断れない)のは、相手の反応が怖いから

相手に「NO」と言えない人は、“相手の反応を見ることが怖い”という傾向が当てはまることがあります。

 

こじらせ女子と言われる人たちの多くは、異性関係や人間関係の中で相手が自分に対してどんな反応をして来るのか?ということが予測できないので、相手の反応を見ることに対して大きな恐怖感を持っているケースがあります。

特に、異性関係や対人関係の中でコミュニケーションを巡って相手とぶつかることは、恐怖心を持っているのです。

 

相手とコミュニケーションを交わすの中で、もしも相手に対して「NO」と言ったら、相手が傷ついて自分に対しても傷つけるようなことを言ったりして来るかもしれないと思うのです。

でも、冷静になって考えて欲しいことがあります。もしも、相手があなたの私界線の内側に入ってきて、あなたのことを求めてきても、あなたが嫌だと思ってその行為や行動について断ったとしても、相手があなたに対して激怒して暴言や暴力的なことをしてきたら、それは筋違いだし酷く無茶苦茶な事だと思いませんか?

 

相手に「NO」と言って断ることで勃発する問題を怖がって避けていると、“あなたにとって不本意な結末になることは避けられない場合”があります。相手に好き勝手に使われてあ、なたが悔しく悲しく切ない想いをし続けて、あなたたは知らず知らずに自分自身のことを嫌いになってしまうでしょう。

私の元に相談に来る方々の多くは、自分に起きている悪い出来事は全て自分自身のせいだと考えています。

ですが、本来はあなたのせいではありません。

相手は“自分自身に起きている問題”「あなたのせいだ!」とか「お前のせいだ!」「お前が悪い!」と言って、彼らは自分の問題をあなたに起きている問題としてすり替えてきているだけだし、そうやって彼らはあなたのことを引っ掛け回したり陥れたりして来るのです。

 

こじらせ女子たちはそれらをして来る相手を判断ができないので、本当に苦しい想いをしている人たちが多いように思えます。

彼女たちが社会生活を送る中で、「どんな人たちと関わっちゃ行けないのか?」ということを判断するのがわからないことも多いので、利用されるだけ利用されたり、買わなくていいものを買わされたり、そのようなことを繰り返していると“人を信じられない”と考えるようになるものわかります。

30〜40代独身こじらせ女子が婚活を成就させる為に必要不可欠な「コーチの存在」とは?

↑以前に【30〜40代独身こじらせ女子が婚活を成就させる為に必要不可欠な「コーチの存在」とは?】という記事の中でも書きましたが、あなたに相手を判断できないと思えたなら…

「この人は私の事をどうしよう(私の事をどう扱おう・私とどのような関わり合いをしよう)としていると思う?」

「この相手の行為(行動)は私に対して愛情を持ってると思う?」

とあなたを応援してくれている信頼できる友人や親に相談してみる事をお勧めします!

※もしも、あなたの周りに自分の悩みを相談できる親や友人がいない場合は、いつでも私が相談に乗りますからお話を聞かせてくださいね!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【最新情報・お知らせ】

「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』《10期生募集 10名限定:全6回コース)

この個別オンライン講座では10名限定(一人一人のパーソナル個別オンライン対応)で傾聴を仕事にしたい方のために傾聴ノウハウやスキル顧客獲得コンテンツを学んでいただきながら、“傾聴ビジネスで活躍する方々を応援”して個別で丁寧にアドバイスご指導します!

詳しくは【「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』《10期生募集 10名限定:全6回コース)】←をご覧ください!

◆LINE公式「宮 弘智」アカウント開設しました!

いつもブログをご覧になってくれてありがとうございます!LINE@を始めましたので是非ご登録よろしくお願いします!

この LINE@にご登録するとブログやYouTubeの新着情報「宮に直接相談したい!」という方は LINE@にご登録ください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/