「高齢の親の介護」をしながら婚活をしている“30~40代独身女性の注意点”とは?

「高齢の親の介護」をしながら婚活をしている“30~40代独身女性の注意点”とは?

 

本日はこのブログの読者の方で→メール読者登録をされている方の質問に私が「お悩み相談」にお答えしたいと思います。

 

◆読者さんからの質問

●質問者:ヤシの実さん 40代 女性 会社員

宮さん初めまして、45歳独身のヤシの実と言います。

メール読者登録をしていつも欠かさず宮さんの記事を読ませていただいて、たくさんの気づきをもらっています。

宮さんの記事にある【38歳独身女性の婚約者たちを否定し続ける毒母の存在(屈折した「愛情」で育てられた不幸な女性たち)】を読んで、私にも重なるところがあってドキッとしました。

私は75歳の母との関係性で悩んでいます。

40歳まで一人ぐらいをしていましたが、今は母と二人暮らしをしています。

母は数年前から年金収入だけで暮らしているのですが貯金も底を尽きてきて、母は独りで暮らすには経済的に苦しくなってきました。

私も給料をたくさんもらっている訳ではないので、今は母と同居して二人で暮らしています。

母とは会話もあるし一緒に出かけたりしていますが、母も私もお互いに依存している関係が続いています。

母が部屋の掃除をしたり、お金の管理(数字が苦手)をするのが苦手です。

そして、歳のせいか年々判断力が下がってきて、そのちょっと事が積み重なって私もイライラして母を怒鳴ってしまいます。(暴力は振るっていません。)

私も母がいつ居なくなるかわからないので、炊事洗濯は自分でなるべくしていますし、素敵な男性と出会って結婚をしたいという思いは諦めていないので婚活も頑張っていますが、良い出会いもなくて上手くいっていません。

最近は高齢の母を相手に「怒りを抑えられない自分」がいて、自分自身が本当に情けなく思います。

私は母に理想の母親像を望んでたり、その思いを勝手に押し付けているのだと思います。

ですが、母には「相手が嫌がる言葉や行為をしてはならない。」ということはわかって欲しいのです。

お金などの経済的な問題がなければお互いに別々に暮らした方が良いと思っていますし、私も経済的に余裕ができるので宮さんの婚活カウンセリングコースを受講したいと思っています。

でも、母はこのままいくと生活保護を受けるようになると思うし、別々に暮らすのは難しいと思います。

私は母のことは大好きですし愛しています。

母は私のことをシングルマザーとして育ててくれて、朝早くから夜遅くまで働いて身体を酷使して本当に必死に頑張ってくれました。

私はその母に感謝の言葉もありません。

年老いて記憶力や体力そして精神的に弱くなっていく母を見てもイライラせずに、そのような母を受け入れる器の大きいあげまんになりたいです。

私が今後イライラして母に怒鳴らなくなたり、婚活をして素敵なパートナーと出会って結婚したり、人生を成功させるためのアドバイスをいただけないでしょうか?

以上のお悩み相談をいただきました。

 

〜宮からのアドバイス〜

あのですね、ヤシの実さんは…

「私が今後イライラして母に怒鳴らなくなたり、婚活をして素敵なパートナーと出会って結婚したり、人生を成功させるためのアドバイスをいただけないでしょうか?」

と簡単に言いますが、そんな対応はいくらでもできるんです。

 

でも、“それが難しい”と思っているのですよね?

 

例えば、私が…

◯◯を実践すれば上手くいきますよ!

ぜひやってみてください!

と言っても

 
為になるお話をありがとうございます!

と言うだけで、実際にそれをやる人は100人に1人いるかいないかです。

 

「失敗は成功のもと」の本当の意味とは?(失敗を成功に変える人の特徴)

↑以前に【「失敗は成功のもと」の本当の意味とは?(失敗を成功に変える人の特徴)】の中でも書きましたが、ほとんどの人は失敗を恐れて何も事を起こさないんです。

 

じゃあ例えば、私が婚活が上手く行かない人に…

と言っても読まないんですよね〜!(笑)

 

例えば、イライラするときに…

「イライラを沈めるには、冷たいお水を一杯お飲みなさい。」

とよく聞きますよね?

でも、それすらしないんですよね。。。(汗)

頭に血が上ったときに、冷たいお水を飲む人なんていませんし、怒りをぶつけちゃうんですよ!

 

これはヤシの実さんだけじゃなくて、その他大勢のさげまんに言えることがあるんです。

 

それは…

『善い人(いい人)でいたい。』

と思っているんです。

 

誰からも好かれようとする人が知っておくべき「落し穴」とは!?【類友の法則】

↑以前に【誰からも好かれようとする人が知っておくべき「落し穴」とは!?】(類友の法則)という記事の中でも書きましたが、心の中ではそんなことこれっぽっちも思っていないのに、口では「善い人でいたい。」とか言っているんです。

 

こういう人は、口ばかり・口だけ・言う事は一丁前でも行動が伴っていなし…

“カタチ(見た目)だけ気にしている、さげまん”

なんですよ。。。

(こういうタイプの人が婚活をすると相手の外見や見た目・肩書き・学歴・年収・職歴・などを重視した婚活をしがちになって、「全然出会いがない…。」と言って焦って闇雲に行動して、さらに悪いスパイラルにハマっていく傾向があります。)

 

ヤシの実さんも…

「私も給料をたくさんもらっている訳ではないので、今は母と同居して二人で暮らしています。」

と言っているし、要は…

・持ちつ持たれつの関係

・類は友を呼ぶ関係

・似た者同士

・バランスが取れている二人

ということですよ。

 

そのくせに…

私は母のことは大好きですし愛しています。

母は私のことをシングルマザーとして育ててくれて、朝早くから夜遅くまで働いて身体を酷使して本当に必死に頑張ってくれました。

私はその母に感謝の言葉もありません。」

とおっしゃっている訳ですよね??

 

ただね、人間70歳を過ぎると気力的にも体力的にも衰えてくるし、年寄りになると片ずけもできなくなってくるし、自分の身の回りにあれこれと物を置き始める習性が出てくるんですよね。

 

ヤシの実さんは…

「私は母のことは大好きですし愛しています。

母は私のことをシングルマザーとして育ててくれて、朝早くから夜遅くまで働いて身体を酷使して本当に必死に頑張ってくれました。

私はその母に感謝の言葉もありません。」

と言って本当にお母様の事を愛しているのであれば、覚悟を決めて最後まで見届けるべきではないですか?

(本当に大変になってきたら、無理せずにヘルパーさんや介護施設のお世話になることも構わないと思いますからね。)

 

それと言える事があるとすれば、ヤシの実さんも小さい時にお母様に逆の事をしてもらって来たんですよね?

 

ですから…

「その恩返しをするだけと考えて行動に移せるか?」

ってことなんですよ。

 

◆最後に

私にも70歳を過ぎた両親がいますが、年々老いていきますし、物忘れもするし、片ずけもしないし、電気の消し忘れも酷いし、自分で言ったことも忘れているし、夏の暑い部屋でクーラーを着けずに「ハア、ハア…。(汗)」と言いながら我慢大会をしているし、そのくせ熱中症になっている訳が分からない親がいますよ…。

だから、ヤシの実さんの気持ちは分かるんです。

誰でもそうだと思いますが、親が老いていく姿を見るのは辛いんですよね…。

 

でもね、ヤシの実さんが“覚悟を決めてお母様を最後まで見届ける”ことと、“自分のイライラした気持ちを晴らす為の何か?”(ストレス発散方法)をやっていくことですよ。

 

あとは、私から言える事があるとすれば…

婚活ができる期間は“お母様がまだ元気なうち”

だと思います。

 

もしも、お母様が寝た切りになってしまえば外出もままらないですし、老人ホームなどの介護施設に入会するにも今以上にお金がかかるし、そうなるともう婚活どころではなくなるでしょうからね…。(汗)

 

私の婚活コンサルタントのお客様にひとりっ子の独身女性がいますが、婚活をしながら両親(父親と母親の二人)を介護をしながら婚活を頑張っている人たちもたくさんいますし、今後はそのような人たちが増え続けるでしょう。

 

元彼の浮気を乗り越えて「0」(ゼロ)から婚活して入籍したアラフォー女性のクライアントさんの話

ですから、【↑元彼の浮気を乗り越えて「0」(ゼロ)から婚活して入籍したアラフォー女性のクライアントさんの話】という記事の中でも書きましたが、ヤシの実さんにこれからの人生設計を理性を持って冷静に計画的に考えたり、自分の年表(自分年表)を書き出す事もぜひやって欲しいと思います。

 

そして、本当にお母様に対して愛を持って接して行って欲しいと思いますからね!

 

そうすれば…

器の広い「あげまん」

になれますからね〜☆

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

  ◆「婚活をせずに運命のパートナーと巡り会う方法」があったら、あなたの人生を変えてみませんか? 

「グループ講座をやっていませんか?」「数名のグループ講座があれば参加したいです!」「同じ目的で頑張る仲間がいたら婚活も頑張れると思います!」というお声にお答えしましてグループセッション(1クラス:6名限定・半年全6回コース)で行う「30~40代女性専門・大人の婚活塾」 の五期生の募集をします!

詳細はこちら  

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/