元彼の浮気を乗り越えて「0」(ゼロ)から婚活してマッチングアプリで出会った男性と入籍したアラフォー女性

元彼の浮気を乗り越えて「0」(ゼロ)から婚活してマッチングアプリで出会った男性と入籍したアラフォー女性

 

「年下の彼と付き合っているのですが、なかなかプロポーズされないんです…。

私はこのままプロポーズされずに結婚できるかもわかりません。

どうしたらいいでしょうか?」

初めて蝶野史乃さん(仮名)から相談を受けたときは、「彼がなかなかプロポーズをしてくれない。」というお悩みで相談でした。

私はプロポーズさせ二ストと言うサービスを行っているので、蝶野さんはこのブログを読んで「この人に相談してみよう。」と思い立って私の元を訪れてくれました。

そのとき蝶野さんの年齢は38歳で彼は5歳年下でした。

 

「彼は保険の仕事をしているのですが、成績が悪くていつもクビになるかならないかのラインを行ったり来たりしています。

彼のお給料も少ないのでデート代を出してあげたり、ホテル代も私が出したり、ほぼ私がお金を出しています。

蝶野さんの仕事は看護師でお給料もそこそこもらっていました。稼げていない彼のために蝶野さんはお金の工面をしてあげていました。

蝶野さんはなるべく早く子どもを産みたいという想いをお持ちでした。看護師という仕事柄、健康に出産ができる年齢についても理解していましたし、38歳という自分の年齢もわかっていた蝶野さんは焦りを感じていたのです。

「彼はどうしてプロポーズしてくれないのでしょうか?

私が子どもを健康に産める年齢を越えようとしているのは彼もわかっていると思うし、それなのに結婚のけの字も出てこないんです…。

蝶野さんはかなり焦っている事は私もよくわかりました。

 

【彼がプロポーズしてくれない心理とは?|あげまんラボラトリー《文字起こし》】という記事の中でも書きましたが、男性は経済的に安定していなかったり仕事が上手く行っていないと、恋愛に集中する事ができないあまりか結婚に対する気持ちを持てないのです。

そのことを蝶野さんに教えました。

「仕事の成績が上がれば彼も結婚に対して前向きに考えてくれそうですね!

私があげまんになれば彼の仕事の成績を上げらるでしょうか?

私、あげまんになるために頑張ります!」

そして、蝶野さんはあげまん養成講座を同時に進めることになりました。

蝶野さんはあげまんの特徴でもある聞上手・質問上手・気づかせ上手になって、彼が望んでいる事や出来事を聞き出す事(コーチング)をして行きました。

 

蝶野さんは彼に対して…

「ねえ!アラジンの魔法のランプがあったとして願い事を何でも叶えてくれるとしたら、どんなことをお願いしたい?」

「そうだな…、バイクが欲しいかな!」

「そのバイクは幾らぐらいするの?」

「300万円ぐらいするよ。」

「じゃあ、300万円のお金を作り出すのに保険の仕事でどのくらいの契約数を取ればいいの?」

「そうだな…、毎月◯◯件の契約を取れれば300万円は稼げると思うよ。」

「じゃあ、その◯◯件の契約を取るにはどのような事をすればいいの?」

「それがわかっていたら苦労はしないよ…。」

「じゃあ、あなたの職場に実際に◯◯件の契約を取っている人っているの?」

「いるよ!凄い人がいるよ!」

「その人はどうやって◯◯件の契約を取っているのかな?」

「さあ、どうだろうね…。」

「その人にどうやったら◯◯件の契約を取れるか聞いてみた事はあるの?」

「ないよ。下っ端の俺なんか相手にされないよ…。」

「でもさ、ダメ元でその人に教えてください!って聞いてみたらどうかしら?」

「そうだな…、別に断られてもいいし、ダメ元で聞いてみるかな〜」

彼はダメ元でその凄い人に「どうしたら契約数を増やせるか?」を聞いてみたのです。

すると、その凄い人が契約数を上げるためのセミナーを開催することを教えてもらいました。彼はそのセミナーに参加して契約数を上げるノウハウを教わる事ができて、それからしばらくして彼の成績は徐々にですが上がって行きました。

 

「宮さん!彼の成績が上がってお給料が上がりました!!

これで彼は私との結婚を前向きに考えてくれると思います!」

確かに、彼の給料は上がりました。しかし、数ヶ月しても彼からは一行に結婚のけの字の話も出てこないし、蝶野さんも焦りを感じていました。

 

「宮さん、彼はお給料が上がったのにお金が無い無いと言っているんです。

以前の状態と何一つ変わっていないように思えてなりません。

それに最近、仕事が忙しいとかであまり会ってくれないんです…。」

蝶野さんは彼に対して何かおかしいと思い始めていたのです。(これは女の感というものです。)

そして、蝶野さんは彼のスマホを覗き見てしまいました。

すると、彼が他の女性とやり取りをしているメッセージを見つけてしまったのです。

その頃蝶野さんはスマホを覗き見することに 罪悪感を持っていませんでしたし、スマホを覗き見をしてバレても別に良いと思っていたのです。

何故なら、このまま彼と付き合っていても結婚はできないだろう…。と何となくわかっていたのです。

 

そして、彼が忙しいと言って会えなかった日に、彼は他の女性と映画を観に行っていたり、食事に行っていたり、彼は彼女たちのデート代を出していたのです。

「あれだけお金が無い無いと言っていた彼が、他の女性との交際費を支払っていたんです。

私には一円も払ってくれなかったのに…。

何だか彼の事はもうどうでも良くなりました…。」

それから蝶野さんは彼に別れを告げたのです。

すると、彼は意外にあっさりしていて「ごめん…。」とボソッと呟いたそうです。

蝶野さんはその彼と一年お付き合いしていましたが、彼が結婚をする気が無いということを受けいられずにいて、もしかしたら結婚したくなるかもしれないと思ってお付き合いをしていたのです。

 

世の中の独身女性で同じような経験をされている方は多いと思いますし、形は違いますが不倫や浮気をしていつかは私と一緒になってくれる…。という儚い願いを持っている人たちはたくさんいると思います。

【「不倫は結婚するまでのつなぎ」と考える、婚活中の30代独身女性たちが陥る落とし穴とは?】という記事の中でも書きましたが、相手にその気がないのにその状態を続けているという事は、自分の大切な時間相手の欲望のためにすり減らしている事に気づいているのに受け入れたく無いのです。

しかし、蝶野さんはそのことを受け入れて、新たに婚活を始めることにしたのです。

 

◆結婚後の自分の人生を描く(ライフテーマを決める・自分年表を書く)

蝶野さんは婚活コンサルティング欲張りデラックスコース(プロポーズさせ二スト・あげまん養成コンサルタント・婚活コンサルティング・3つのコースが一遍に学べるコースに変更して婚活を始めました。

蝶野さんはあまり男性と出会う時間はありませんでしたし、男性との出会いの機会をたくさん持っているわけでもありませんでした。

ただ、蝶野さんが素晴らしかったのは前向きに考えて行動できるという姿勢を持っていたことです。

そこで蝶野さんに自分が望んでいる人生のビジョンを描いてもらうことにしました。

私はブログの中でもよくお伝えしていることですが、自分がどのような人生を歩みたいのか?というライフテーマを決める作業をしています。

以前にも【婚活中30~40代の独身女性の皆さんが2018年の良いスタートを切るには、12月の行動で決まります!】という記事の中でも説明していますが、自分の年表を書くことで「今、どのような行動をすれば良いのか?」という視点で物事を考えて観れるようになるので、常に冷静な判断ができるようになるのです。

 

特に女性は感情で物事を判断して行動をするので、冷静な判断をして行動をする習慣を身につけることで上手くいかなかったことがうまくいくようになるのです。

(↑画像:蝶野さんの実際の自分年表)

蝶野さんに自分年表を書いてもらいました↓

・2017年6月(38歳):ネット婚活スタート、飲み会参加、サークル活動開始

・8月 お付き合い開始

・12月 お互いの両親に挨拶に行く

・2018年1月~3月の間に入籍予定(妊活)

・4月~6月(39歳)の間に結婚式予定(妊活)

・7月 第一子妊娠予定(30代までに一人産みたい)

・2019年5月 第一子妊娠(リミット)

・6月(40歳)

・2020年6月(41歳)

・2021年6月(42歳)

・7月第 第二子妊娠(42歳のうちに二人目が欲しい)

・2021年5月 第二子出産

・6月(43歳)

蝶野さんが実際に書き出した自分年表(2017年6月〜2021年6月)です。

蝶野さんのライフテーマは家族を持て幸せになりたい!というものでした。

これは当たり前のように聞こえるかもしれません。

 

しかし、蝶野さんが描いているライフテーマは家族を持って幸せに暮らしたいという素直な想いをお持ちだったのです。

「元カレは顔もスタイルも良かったと思います。

でも、家族を持って幸せになるのにイケメンのような見た目は必要が無いとわかってきたんです。

それよりも、誠実で浮気をしないで、真面目な人と一生涯を歩んでいける方が良いなと思うんです。

お互いお爺ちゃんとお婆ちゃんになったっときに『お互いに年を取ったね〜』と笑いながら話せたりできるような、同じライフテーマを持った男性と一緒になれることが大切なんだなと思えるようになりました。」

それまでの蝶野さんは男性の外見などの見た目を気にしていたり、一緒にいてドキドキできる男性を求めていた節があったのです。そのドキドキが恋だと思っていたし、ドキドキすることが自分にとって良い事だと思っていたのです。

 

しかし、一緒にいて安心できる相手が良いと思えるようになってから、蝶野さんの考え方や行動の仕方に変化が現れて行きました。

「自分年表を書き出してわかったことは、自分には時間がないという事です。

これから婚活(ゼロから婚活)をして果たして彼氏ができて、この自分年表通りに結婚までいけるかどうが正直不安です…。」

 

このとき蝶野さんはアラフォーに足を踏み入れていましたし大手結婚相談所でも活動をされていました。

「結婚相談所だけの活動だけでは不安なので、ネット婚活も取り入れてみたいと思いますので色々教えてください!」

そして、新たにマッチングアプリ(ネット婚活・SNS婚活)を導入したのです。少しでも出会いの数を増やすために蝶野さんはFacebookをやっていたのですが、あまり活動をしていませんでしたがまた新たに活動をし始めました。

 

◆マッチングアプリで今のご主人になる男性と出会う

蝶野さんはマッチングアプリを使って婚活をはじめて、それからして蝶野さんは数十名の男性とお会いすることになるのです。

「会う男性は皆さん比較的に良い方が多いのですが、私が描いているライフテーマとかけ離れている人が多くてなかなかお付き合いまで進みません。

ぜひ付き合って欲しい!と言われるのは嬉しいのですが、私の顔やスタイルを求めている男性が多いように思えてならないのです…。」

蝶野さんは細身でワンピースが似合う笑顔が素敵でとても魅力的な女性でした。

そのため、見た目だけで選ばれいるのがわかっていたので、元彼のような男性と出会って失敗したく無いと思っていたのです。

 

【《婚活中の30代~40代女性は必見!》自分のライフテーマを掘り下げることで「自分に合うパートナー」が見つかる!】という記事の中でも書きましたが、大人の婚活とは見た目だけではうまくいかないということです。

「どんな異性と一緒になりたいか?」ということを考えたときに、年収も年齢も外見も大事です。しかし、「どんな人生を歩みたいか?」というビジョンやライフテーマが最も大事になってきます。

特に30代〜40代オーバーの独身女性は「どんなライフテーマを持っているか?」で、あなたがパートナーシップが組める人か?それとも組めない人か?に分かれてきます。

 

つまり…

♀:女性は先にパートナーを選んで、それから人生で何をするのか?(ライフテーマ)を考える。

♂:男性は人生の目的(ライフテーマ)を選んで、それから共に歩めるパートナーを探す。

という習性があるので、女性であればまず先に結婚相手を見つけてからその後に、その相手とどんな人生を歩みたいか?を考えます。

20代前後の独身女性なら、この探し方でいいと思うのです。しかし、最初にもお話しましたが、私の元に相談に来る女性で20代の頃に結婚して、夫婦生活を10年ほどして、30代になってお互いの価値観のズレや性格の不一致が原因で離婚をしたバツイチの女性も多いです。

ですから、30代~40代オーバーの独身の婚活はお互いの「趣味」「価値観」「方向性」「ライフテーマ」が同じような相手を見つけていくことで、一生涯のパートナーシップが組めるのです。

「確かに素敵だなと思う男性とお付き合いをしたり、結婚したいという気持ちもあります。

でも、それだけだと元彼の時と同じことを繰り返してしまうと思うんです…。

だから、私は自分と同じようなライフテーマを持っている男性パートナーシップを組みたいと思っています。

そこはブレずに婚活を進めようと思います。」

蝶野さんはそのことを踏まえて婚活を進めて行きました。

 

そして、蝶野さんはマッチングアプリである男性と出会います。

 

彼の仕事は公務員で、体格も中肉中背、顔は普通(どちらかと言えばイケメンでは無い)、でも真面目で、誠実で、気の使える男性大久保 翔太さん(45歳:仮名)に出会いました。(この男性がのちに蝶野さんのご主人になる男性です。)

「宮さん、大久保さんと出会ったのですけどパッとしないんです。

ドキドキもしないし、ビビッとこないんです。

今までの恋の感覚では無いんです…。」

蝶野さんが今まで経験してきた恋愛とは、ドキドキして、気持ちがフワフワして、少し落ち着きがない感じを恋だと信じて恋愛してきたので、大久保さんとの出会いに最初不安を感じていたのです。

その後、数回のデートを繰り返して蝶野さんは大久保さんとお付き合いするのでした。

「大久保さんは私とお付き合いするのに、大久保さんは慎重になっていたようでした。

大久保さんは「僕は最初、蝶野さんの事をサクラだと思っていたんです。」と言っていたんです。」

話を聞くと、大久保さんはこれまでの恋愛で女性に騙されたり、あまり良い経験をしてこなかったのです。

だから、蝶野さんと出会った時に「またサクラだったらどうしよう…。」と思ったようです。ただ逆を言えば、「蝶野さんが魅力的で僕みたいな男と付き合ってくれるわけがない…。」と思っていたのかもしれません。

 

それから大久保さんと正式に付き合いをすることになった蝶野さんですが、ある事を考えていました。

「大久保さんは私と結婚する気があるのか心配です。

でも、付き合って間もないのに結婚の話をするのもどうかと思いますし…。」

そこで、蝶野さんは自分が持っているライフテーマを大久保さんに話してみることにしたのです。

すると、

「僕もそうだよ。君と同じだよ。

家族が欲しいし、浮気をしない奥さんと一緒に暮らしたい。」

と話していたのです。

そうです、大久保さんも蝶野さんと同じライフテーマを持っていたのです。

 

蝶野さんが書き出している自分年表には…

・2017年8月 お付き合い開始

・12月 お互いの両親に挨拶に行く

・2018年1月~3月の間に入籍予定(妊活)

・4月~6月(39歳)の間に結婚式予定(妊活)

とありました。

 

蝶野さんは大久保さんと結婚についての話もできるようになり、大久保さんはご自身の親に結婚したい女性がいると報告したり、蝶野さんも自分の両親にいま結婚を前提にお付き合いをしている男性がいるという報告ができるようになったのです。

以前に蝶野さんは元彼を両親に合わせていたのです。元彼が「まだ結婚する気がありません。」と両親の前で言われて両親からも「彼は辞めておいた方がいい。」と言われていた経験がありました。

そして、2018年1月に大久保さんを蝶野さんのご両親に合わせる機会を迎えたのです。その頃には結婚をするという報告をしに行ったのです。

 

すると「優しそうな人で安心した。」とご両親はおっしゃってくれたそうです。(前回の元彼のような男性を連れてきたらどうしようかと思っていたと内心は不安がっていたそうです。)

そして、蝶野さんは2月に入り大久保さんのご両親に会いに行くことになりました。

「大久保さんのお母さんはとても優しそうな人で安心しました。

私はアラフォーなのでどんな事を言われるのか?と不安でしたが、大久保さんのお母さんはその心配をかき消してくれました。

お母さんは嫁姑関係で苦労した経験をお持ちだったので、私の事を優しく迎えてくださったんです。」

そう話してくれて私も安心しました。

 

【最後に】

そして、ついに蝶野さんからこのようなメッセージがきました。

↑蝶野さんから待ちに待った入籍報告でした!

入籍が3月中に決まったのも、挙式が6月のジューンブライドに決まったのも、蝶野さんが自分年表を書き出して逆算して考えて行動していったことで実際の出来事として今回の結果を引き寄せたのだと思います。

蝶野さんも自分年表通りの結果を得れた事を驚いていました。

 

【婚活中30~40代の独身女性の皆さんが2018年の良いスタートを切るには、12月の行動で決まります!】という記事の中でも書きましたが、実際に紙の中に自分を年表を書き出すことで自分が望んでいる結果を得れる期限が見えるようになります。

そうすることで…

・いつまでに何をしていかなくてはならないか?

・自分に残されている時間(期間)はどのくらいあるか?

・子どもが元気に産める期間(リミット)はどのくらいあるか?

ということも年表に書き込むことで目で見て理解することができるようになるし逆算して行動できるようになります。

 

蝶野さんは本当によく頑張りました。

弱音を吐きたいときもあったことでしょう。

愚痴を言いたいときもあったでしょう。

元彼の浮気を知ったときは本当に悲しかっただろうし、悔しかったことでしょう。

 

でもそこから諦めずに、前だけを向いて自分のライフテーマをブレずに見失わずに一歩一歩と歩みを止めずに進んだ結果、ここまでこれたのだと思います。

 

これから色々な出来事が起こることでしょう。でも私は何の心配もしていません。

でも、何かあればいつでも連絡ください!私で良ければ力になりますからね!!

近く蝶野さんにお会いするので、入籍のお話や結婚の準備などのお話も聞けたらまたこのブログでご紹介したいと思います。

 

 

今回ご紹介したクライアントの蝶野さんのようにマッチングアプリに登録して異性との出会いに繋げて実際に交際に繋がってご結婚される方もいれば、異性のコミュニケーションが苦手な方もいるし、異性と出会う事ができない人たちも居ると思います。

そのような方でも「結婚したい!」という気持ちがあれば、実際に結婚相談所に登録して婚活をする方が良い事もあるので、そういう意味では結婚相談所に登録することをお勧めしますからね!

 

例えば、結婚情報サービスの『パートナーエージェント』では専属のコンシェルジェが出会いからお見合いから成婚までのサポートをしてくれるので、一人で婚活をす流のが心細い独身の方はお勧めします!

一年以内の成婚率・交際率・成婚退会者の声も多いさ・が多くて高い結婚相談所をおすすめします!

↑関連記事:一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

宮がおすすめする結婚相談所情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所選びのコツが読めます!

《結婚できる大手結婚相談所》「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 ◆《人数限定》「30~40代独身男性専門♂・婚活コンサルティング」の募集を開始します! この度、人数限定で30~40代独身男性専門の個別婚活セッションコースを始めました!

今、男性のあなたにはこんなお悩みはありませんか?

・結婚相談所に登録して活動してるけど、数回会ってそれっきりになる事が多い。

・いつも理由がわからないまま女性にフラれてしまう事がある。

・女性とお付き合いができたとしても、何をどうして良いかわからない事がある。

・婚活パーティーや出会いの場に頻繁に参加しても、思うように結果が出ない。

・婚活をしていく上で相談できる人や、アドバイスをしてくれる人がいない。

以上のようなお悩みを持っている独身男性の皆さんのために『30~40代男性向けの個別婚活セッションコース』を人数限定で募集します。→詳しくはこちら

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

 

パートナーエージェント
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/