宮のブログで「それって、私のこと書いてるの!?」と思って傷ついてしまっている方へ

 

 

 

 

色々なブログやSNSの記事を読んでいると…

「それって、私のことを書いてるの!?」

「なんだか読んでいて、嫌な気持ちになる…。」

という感じになることってあると思います。

 

以前の私はこの感覚がすごくあって、ダメな自分のことを言われているみたいで読めないブログ記事が結構ありました。

 

でも、最近は全くそんなことはないんです。

 

自分が発信している側ということもあると思うのですが、「これは自分のことだな…」と思っても…

へー、なるほどね〜

としか思わないようになったんです。

 

 

私もブログを発信する側として思うことは、誰かを批判したり、disるするつもりもないんだけど、なんとなく書きたくなるときがあるんです。

 

心のどこかでで“あの女性”とか“あの人”を想いながら書いているときがあるんです。

 

別に、「嫌いだから書いてやろう」とか「ウザいから書いてやれ!」とかじゃなくて、逆に好きなんですよね。

 

好きだからこそ、その人のことが気にかかるのですよ。

 

気にかかるからこそ、その人の話を聞いてあげたくなるし、何となくあれこれ繋がりたいという思いが出てくる。

 

つまり実際に目の前にいたら…

そっかー、それでどうしたいの?

と質問してくなるし、コーチングしたくなるし、どうにもウズウズしちゃうんです。

 

でも、そうもいかないので、自分の思いや考えをブログに書いて発信してしまえ!となるんですよね。

 

私の場合は、そのパターンが多いんです。

 

ただね、言っておくと、それをしたからといって、相手の人を毛嫌いしてるのとは違うんです。

 

感覚で言うと…

あー、そうなっちゃうか〜!?

それしちゃう!?

それ言っちゃうか〜!?

という感じです。

 

だから、自分のブログについてあれこれ言われたとしても、コメントを返さないことがあったとしても、大概は「いいね!」をするし、

“そういう意見もあるんだね〜”

“そんなふうに思っている人もいるんだね〜”

という感じです。

 

以前の私は、自分のことを平気でバカにしたり、軽蔑したり、自棄に扱う癖がありました。

 

でもそればかりしていると、自分のことを軽蔑している人の言葉ばかりが気になるし、他人の意見ばかりがストレートに入ってくるようになるんですよね…。

 

「このブログ、私のこと言ってる…。」

「もう嫌われたかもしれない…。」

「あのとき、あんなことを言ったせいかな?」

とかあれこれ気になっちゃうんです。

 

私はこれの状態のことを「さげまん思考」になっていると呼んでいるんです。

 

さげまんは、自分のことを他人にどう思っているか?ということを過敏に気にしてしまうんです。

 

どうしてそうなるかと言えば、それは“自分と向き合っていない”からです。

 

人間は、他人の目線が気になるし、他人に目を向けている方が楽しいし、無責任になれるし、自分自身に目を向けることよりも楽なんですよね。

 

でもね、「自分自身に100%と向き合う」ということを意識し始めたら、もう他人の目線なんて気にする余裕もありませんから。

 

そんで、じぶんにウソついてるんだよね。

 

本当はお金が欲しいくせに、「お金だけが全てじゃない!」とか言って強がったり、

本当は寂しくて寂しくて、でも「自分の時間を大事にしてます!」とか言って強かってみたり、

幸せな人を見ると、どこかで悔しくて悔しくてたまらないのにいい人なふりしてみたり、

“ありのままの自分の心”を受け入れてあげないと、自分の心も身体もどんどんしんどくなって参ってくるんですよね…。

 

一旦参っている自分になると、物事に対して過敏に反応にちゃうんですよね…。(汗)

 

そうなると、色々な人のブログ読んでは…

女性
これって、自分のことを言われているのかも…。(汗)

とその都度反応してしまうとき、あなたの心と身体が「参っている状態」になっているときなのです。

 

どういう状態かと言えば、色々な意見に一喜一憂して、自分自身が無くて、どんなことにも過敏位に反応しちゃって、まさに“さげまん”になっている。

 

コーチングセッションをやるとよくわかるけど、さげまんになると「自分の言葉」がブレてブレて着地点が見出せなくなる。

 

その状態で“ありのままの自分”を真っ直ぐに表現することはできないからね。

 

◆最後に

人を怒らせないように機嫌を取って、人の気分を害さないようにして、人の目を気にしながら縮こまって生きていく、それも生き方です。

 

以前に【先人から教わったノウハウを、次の世代にバトンを渡す人は「あげまん」】というブログの中でも書きましたが、その生き方は自分自身のご先祖様たちに対して失礼だと、私はそう思います。

 

他人の意見や批判を気にせずに、自分の思った通りの人生を精一杯生きて、笑って人生を終えたいと思いますよね!?

 

そのためには「さげまん」から「あげまん」になって欲しいんです。

 

そして「あげまん」であることを大事にして、その状態を意識して維持して行くこと。

 

そのことを一生懸命できたら、他人の目線や言葉を気にしたり考えている余裕なんてありませんから!

 

このブログも、クライアントさんのこと、そして読者さんがあげまんになって幸せ一直線になります様にと思いながら書いてますから、私は誰にどう思われるかなんて考えてる余裕なんてないんですよ。

 

このブログを読みたくない人は、読まなくて結構!

 

私が嫌な人は、どうぞブロックしてください!

 

だから、何をやるにもまずは「あげまん」でいることが大事なんですよ!

 

そして自分の生きる「ライフテーマ」(自分の生きる人生・人生の生き方)をしっかりさせるということですから。

 

オススメ関連記事

【最近思ったことを書いてみた。「ありのままの姿で『自分のライフテーマ』を素直に生きろ!」】

 

そこさえしっかり押さえておけば、きっと仕事も恋愛も楽しめるようになるはずですからね。

 

あなたの中の「あげまん思考」「ライフテーマ」を作りたいなら、まずはお試しカウンセリングでお待ちしておりますからね〜

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 ◆《人数限定》「30~40代独身男性専門♂・婚活コンサルティング」の募集を開始します! この度、人数限定で30~40代独身男性専門の個別婚活セッションコースを始めました!

今、男性のあなたにはこんなお悩みはありませんか?

・結婚相談所に登録して活動してるけど、数回会ってそれっきりになる事が多い。

・いつも理由がわからないまま女性にフラれてしまう事がある。

・女性とお付き合いができたとしても、何をどうして良いかわからない事がある。

・婚活パーティーや出会いの場に頻繁に参加しても、思うように結果が出ない。

・婚活をしていく上で相談できる人や、アドバイスをしてくれる人がいない。

以上のようなお悩みを持っている独身男性の皆さんのために『30~40代男性向けの個別婚活セッションコース』を人数限定で募集します。→詳しくはこちら

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/