女性からの頼まれごとに「もう、しょうがないなぁ…。」と嫌々引き受ける男は、実は喜んでいた!?

先日、山手線に乗っていたらあるカップルの会話が耳に入ってきました。

 

【あるカップルの会話】

ナツミ
ねえ、たまにはどこかに連れて行ってよ〜!!
ヨシヒロ
え〜!?

もう、ナツミはしょうがないなぁ〜!

ナツミ
もう〜、どうしてヨシヒロはいつも面倒くさそうにするのかなぁ…。

そんなに私の頼みごとは嫌なの!?

ヨシヒロ
別に、そんなことはないけどさ…。

 

男性の中に♂「もう、しょうがないなぁ〜」とか、♂「もう、しかたないなぁ〜」と言っている人って多いと思いませんか?

 

突然ですが女性の皆さんに質問です。

男性たちが言う♂「しょうがないなぁ〜」と、♂「しかたないなぁ〜」の言葉に隠されている本音(男心)とはいったい何だと思いますか!?

 

そこで本日は“男女関係あるある”の一つで男性が言う、♂「しょうがないなぁ〜」♂「しかたないなぁ〜」と言いながら嬉しそうにする男心についてお話しましょう!

 

◆男が女性に見せようとしない「男心」とは?

例えば、女性が男性に頼みごとをしたり、女性が困っているときに男性から助けてもらおうとすると、男性は迷惑そうにしながらも♂「もう、しょうがないなぁ〜!」とか♂「もう、しかたないなぁ〜!」と言いつつも助けてくれたり、あれこれやってくれる男性がいます。

 

女性であれば、この経験をしたこのある人が多いかと思います。

 

女性からしてみれば…

女性
男性に迷惑そうな顔をされると、なんとなく頼みにくわ…。

と思ってしまうかもしれませんね。

 

しかし、頼まれた男性はまんざらではないことが多いのです。

 

それはどうしてかと言えば…

男性
俺を頼ってきてくれるなんて、嬉しいなぁ〜!

いう気持ち男性はそう思っていることが多いのですよね〜

 

ですが、女性に頼られたとしても、“ニタニタして嬉しそうにして頼まれたことをするのが格好悪い!!”と思っている男性がほとんどなのです!

 

そこで、男性は照れ隠しで…

男性
もう、しょうがないなぁ〜!
男性
もう、しかたがないなぁ〜!

というセリフをわざと言ったりするんです。

 

だから、男性の多くが♂「もう、しょうがないなぁ〜!」と言いながら女性の頼まれごとをこなすとき、別に嫌々引き受けているわけではないのですよ。

 

男という生き物は、女性から頼られたことをこなすことでプライドが高まるし誇りに思っていることが多いのです。

 

昨日の【「君には俺がいなくても大丈夫だよ…。」と彼にフラれた経験がある、婚活中30~40代独身女性の共通点とは?】というブログに中で、♀「私、一人で生きていく!」とか♀「私、自立するわ!」というような“男を必要としない一言”(可愛げがない一言)を言いうと、男性は結果的に自分のプライドを満たしてくれるような『自分を必要としてくれる女性♀』のところへ行ってしまう習性(恋愛あるある)があるのでご注意くださいね〜

 

◆「嫌も嫌も好きのうち」とは!?

例えば、男性も人間ですからいくら女性から頼まれたとしても、嫌々引き受けていることもあるんです。

 

男性が主に嫌々に引き受ける場合としては…

・「俺じゃなくてもできる事」(誰でもできる事)

・「単純な作業」(誰にでもできる作業)

・「お手伝いのような雑用」(誰でもできるお手伝い)

というようなものごとたちです。

 

(画像:「誰にでもできる仕事」を押し付けてくる迷惑な女子社員)

誰にでもできることを頼まれたとしても、『自分だから頼られてる』と感じにくいと難しいかもしれません。。。(汗)

 

しかし、その作業をしているうちに男性は気持ちを切り替えることができるので、そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

 

女性から頼み事をされたことに対して行動を起こし始めると、最初は嫌なことであっても男性は頭の中で“自分を自分で褒める”ということをしているんです。

 

そのため、男性の中に嫌な気持ちがあったとしても徐々に消えていくようになっているのです。

 

そんなとき、男性は…

男性
嫌なことでも前向きに取り組める俺って、意外にイイヤツかも〜!
男性
頼まれたことをしてあげたら、色々と喜ばれるから、それでいいや!

などなと、どんどん気持ちを前向きに切り替えていきけるのです!

 

例えば、奥さんに♀「ちょっと、明日の朝ご飯買ってきて欲しいの!」と言われたら、買い物をしているうちに…

なんだかんだ言っても、俺って良い夫だよな〜!

と思うようになるのが男性であり“男心”だということを知っておくといいですね〜

 

◆最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

男性が言うこの♂「もう、しょうがないなぁ〜!」♂「もう、しかたないなぁ〜!」の反応ですが、女性からして見ればやっぱり気持ちの良いものではないですよね?

 

そもそも…

・しょうがない…。

・しかたがない…。

・やりたくないけど…。

などなどの反応を男性にされてしまうと女性としては…

女性
 “男心”がわかっていても、頼みにくいな〜
女性
いくら“男性の心理”を知っていたとしても、そんな反応をされちゃうと頼めないよね〜

と感じてしまうものですよね。。。

 

ですから、女性に何か頼まれごとをされたら、我々も気持ちのいい笑顔で…

男性
いいよ〜!
男性
俺に任せて〜!

と答えるようにしたいですね!

 

そうすることで、女性は♀「この男性なら頼っても良さそう♥」と思えるようになるし、お互いの関係もいい感じになるのは間違いないですからね〜♥

 

女性の皆さんに言いたいのは、男性が…

♂「もう、しょうがないな〜」

♂「もう、しかたないなぁ〜」

と言たら“OK・Yesのサイン”だと理解しましょうね!

 

多くの男性は、女性が頼ってきたら気持ちよく引き受けていますし、色々とやってくれたら♀「さすが〜!」とか、♀「すごい〜!」と褒めてあげると、男性はどんどんやってくれますからね!(笑)

 

以前に【女性必見!男を上げて立たせて気持ち良くする「さしすせそ作文」とは?】というブログの中で紹介しましたが、もしも男性が色々やってくれたら褒めたり感謝を伝えることは忘れないでくださいね〜

 

男性が言う♂「しょうがないなぁ〜!」♂「しかたがないなぁ〜!」は、男性が自分のことを男らしく見せようとしている“男のプライド♂“だと思って、暖かく接してあげてくださいね!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

  ◆「婚活をせずに運命のパートナーと巡り会う方法」があったら、あなたの人生を変えてみませんか? 

「グループ講座をやっていませんか?」「数名のグループ講座があれば参加したいです!」「同じ目的で頑張る仲間がいたら婚活も頑張れると思います!」というお声にお答えしましてグループセッション(1クラス:6名限定・半年全6回コース)で行う「30~40代女性専門・大人の婚活塾」 の五期生の募集をします!

詳細はこちら  

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/