「君には俺がいなくても大丈夫だよ…」とフラれるこじらせ女子たちは彼に◯◯と言っていたことが判明

「君には俺がいなくても大丈夫だよ…」とフラれるこじらせ女子たちは彼に◯◯と言っていたことが判明

 

先日、あるカフェで隣のカップルの会話が耳に入ってきました。

彼女は一人暮らしをはじめたようで、そのことを彼に話していました。

彼は彼女の話を黙ってきいていたのですが、彼の顔がだんだん曇り始めてきました…。

《カップルの会話》

彼女
私も一人暮らしをはじめたし、”自分一人”で生きていけるようになるわ!
え?

それって、どういうこと!?

彼女
私はケンジ(彼の名前)に心配をかけたくないし、私一人でも自立して生きていくようになりたいの!
…。
彼女
え?どうしたのよ!?

気分でも悪いの?

あのさ、どういう理由でそんなこと言うの?
彼女
え、ごめん。

私はケンジに何か悪いこと言ったかな…?

あのさ、ヒロミ(彼女の名前)には“俺がいなくてもきっと大丈夫”だと思うんだ…。

だから、別れよう。

彼女
どうして??

何で急に「別れよう」なんて言うの!?

実は前からそう思ってたんだよ…。

ごめん、今日は帰るよ。

また連絡する…。

それから、彼は一人でそのカフェから帰りました。

 

一人残された彼女は、誰かに電話をかけはじめました。

おそらく電話の相手は女友達のようで、彼女が言った一言は…、

彼女
私、また彼に”気に障る一言”言っちゃったみたい…。

でもそれが何かはわからないの…。

「また彼に気の触る一言を言っちゃった」ってことは、彼女は何度もやらかしているんだね。。。

彼女に”そんなこと”を言われたら、彼も帰りたくなるよね〜

 

こじらせ女子が言う「私、自立するわ!」という言葉は“あなたは必要ない”と思われる。

“こじらせ女子あるある”の一つに♀「私、一人で生きていくわ!」とか、♀「私、自立するわ!」という言葉を言ってしまうことで相手の男性から勘違いされることが多いです。

 

その言葉は彼してみれば…

女性
私には“あなたは必要ない”の…、ごめんなさい。

と聞こえていると気づかない。

その言葉は女友達の前で言うなら何の問題もないけど、彼の前で言っちゃダメだよね。。。

 

よく、♀「私、彼からプロポーズされないんです!」と悩んでいるこじらせ女子がいるけど、彼は彼女に必要とされてないのだからお付き合いをする意味もにし、結婚する意味もないですよね?

 

男は彼女から必要とされないと感じると、“他に自分を必要としてくれる女性♀♥”のところに行ってしまうのです。

愛され上手でキュートな“あげまん女性♀”は、可愛げと愛嬌と謙虚さでてきていんです。

愛され上手でキュートな「あげまん女性♀」は、可愛げと愛嬌と謙虚さでてきている。

↑以前に【愛され上手でキュートな「あげまん女性♀」は、可愛げと愛嬌と謙虚さでてきている。】と言うブログの中にも書きましたが、こじらせ女子が「私、一人で生きていく!」とか「私、自立するわ!」というような…

“男を必要としない一言”(可愛げがない一言)

を言ってしまうことで、男性は結果的に”自分を必要としてくれる他の女性♀”のところへ行ってしまうです。

 

また、こじらせ女子が彼に振られるときの決まり文句というモノがあるのですが…

君には俺がいなくても大丈夫だよ…。さようなら。

とか言われちゃうんですよ。(この言葉を男性から言われたことのあるこじらせ女子は本当に多いと思います。)

 

《可愛い女になれない独身30代女性は必見!》幸せになるための「依存」と「自立」のバランスとは?

【《可愛い女になれない独身30代女性は必見!》幸せになるための「依存」と「自立」のバランスとは?】というブログの中でも書きましたが、男は彼女に必要とされないものダメだし、彼女に依存され過ぎるのも重く感じてしまうので、”何でもほどほどやバランスが肝心”ですからね〜

 

◆最後に

よく…、

 
宮さん、彼にフラれたら相談に乗ってくださいね!

と言う女性がいますが“そもそも彼にフラれた時点でもう手遅れ”だよからね。。。

全てのアラサー婚活こじらせ女子たちよ、結婚したけりゃ「わらしべ長者」になれ!

↑以前に【全てのアラサー婚活こじらせ女子たちよ、結婚したけりゃ「わらしべ長者」になれ!】という記事の中でも書きましたが、そういう女性に限って”失恋”(失敗)を繰り返すし、失恋(失敗)から学ぼうにも何も学べません。

もう負のスパイラルにズボズボとハマっても彼女自身さげまんになっていることに気づいてないし、もう麻痺してます。

婚活中が上手くいく30~40代女性は彼に振られる前に相談に来たり、男性と付き合う前や付き合っている時期「男心」を学んだりアドバイスをもらおうとする方が多いです。

ですから、”運命の彼と上手く行くように前もって備えをする”(男心を勉強する)ということをするし、女性の多くは計画性を持って行動することは苦手な人が多いとは思いますが「恋愛にも、結婚にも計画性」を持つことをおすすめします!

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/