結婚をしたいと思っていた彼に「”ごめん、君じゃダメなんだ“と言われました…。」という、30代独身女性のお悩み相談

本日はブログ読者登録をされている方からのお悩みにお答えしたいと思います。

 

【相談者:カカオさん 30代 女性 自営業】

宮さん、こんにちは。

私はいま結婚したい相手がいます。

彼と出会って5年ぐらいですが、出会った頃彼は既婚者でした。

それからまた再会したのですが、彼は離婚していました。

私は彼と人生を共に歩みたいと思っていて、彼の身の回りのサポートをしていて、友達以上恋人未満という関係が続いていました。

今年の5月ぐらいに彼から、♂「ごめん、君じゃダメなんだ…。」と言われて振られてしまいました。

彼と別れても彼のことを好きな気持ちは変わらないし、私はどうしたらいいかわかりません。

プロポーズさせ二ストの宮さん、こんな私にアドバイスをよろしくお願いします。

というお悩み相談をいただきました。

 

本日はタイトルにもありますが【結婚をしたいと思っていた彼に「”ごめん、君じゃダメなんだ“と言われました…。」という30代独身女性のお悩み相談】と題しまして、カカオさんのお悩みにお答えします。

◆なぜ「君じゃダメなんだ…。」と言う理由とは?

今回カカオさんから頂いた詳しい相談内容がわからないのですが、彼が言った…、

♂「ごめん、君じゃダメなんだ…。」

という言葉ですが、問題はどのような理由から来ているのか?ということなのです。

 

例えば、

・仕事柄ダメなのか?

・社会的にダメなのか?

・宗教的にダメなのか?

・外見や容姿がダメなのか?

・考え方や価値観がダメなのか?

・性格的にダメなのか?

・他に好きな人がいるからダメなのか?

・前の奥さんが忘れられないからダメなのか?

などなど、どうして彼がカカオさんのことをダメだと思っている理由がわからないと適切なアドバイスができかねます。

 

ただ、以前に【婚活中の30代独身の皆さん、お互いに「縁」が無い男女の関係は諦めが肝心です。】という記事の中でも書いていますが、彼とのご縁があれば必ず繋がりますが、それまでは最後まで諦めずにあらゆる試行錯誤を試してみないことにはどうなるかはわからないのです。

 

ただ、ある程度の時間や期限を決めることも大事なことなのです。

 

男性の中にはパートナーや家族を築くのに向かない男性もいるということも知っておいてほしいのです。

 

◆「パートナー」や「家族」結婚に向いていない男性とは?

例えば、女性を利用するだけ利用したり自己中心的な考えを持っている男性というのは、「恋人」や」彼氏」としては別にいいのですが、パートナーシップを経て家庭を持つには違和感があったり適さない人もいるのです。

 

そういう人は「根はいい人なんだけど…。」とか「友人としてはいいけど…。」と言われたりするのですが、お互いの未来を共にするにはパートナーや家族になれない可能性があるのです。

 

特にカカオさんが子どもが欲しいと思うのであれば、家族を持つことや親には向いていない人いますからね。

 

そこで無理をして結婚をして家族も持ったとしても、子どもに虐待をしてしまったり、奥さんにも暴力を振るうってしまうようなことがあれば、周りの人を不幸にしてしまうこともありますからね。

 

ですから、彼に対して考えて欲しいことがあるとすれば…、

・人間としてどうなのか?

・恋人としてどうなのか?

・親としてどうなのか?

・パートナーシップとしてどうなのか?

という、以上の4つのことを考えて欲しいのです。

 

 

しかし、今のカカオさんの精神状態でこのことを考えることは難しいかもしれません。

 

だからと言って、以上の4つの質問に対してちゃんと向き合わない限り先の未来は見えてこないのです。

 

ただ、相手とある程度付き合っ来てわかることがあると思うのです。

 

それは…

・「この人は父親にはなりたくないんだな…。」
(この人は母親にはなりたくないいんだな…。)

 

・「この人は家族を持つことには向いていないんだな…。」

 

・「この人はパートナーシップを組むことには向いていないんだな…。」

 

ということがわかるはずなのです。

 

となれば、どこかで割り切って…、

『この人と関わっていてはダメだ、次の恋に進もう。』

とキッパリと切り替えることも大事なのです。

 

5年〜10年、私の元に相談に来る人で20年もズルズルそのような関係をし続けた人がいましたが、そのような時間の使い方をしていると色々なチャンスが無くなってついには”時間切れ“になってしまうのです。

 

 

ですから、人生とは「倹約十両」「儲け百両」「見切り千両」「無欲万両」だと思うのです。

 

過ぎていった時間は帰ってこないのです。

 

◆最後に

特に女性は妊娠できる年齢が限られていますから、そのことも考えた上で…、

「あと半年なら待ってもいい。」

「あと1年だったら待てる。」

「あと3年までなら待ってもいいわ。」

ということを考えてお互いに話し合っていったほうが、後々で後悔をすることは少ないと思いますからね。

 

彼にプロポーズをされない女性に多いことですが、彼とそのことを話し合うと今の関係が破局してしまうと思っている女性も多いと思います。

 

しかし、そんな女性の皆さんに考えて欲しいことがあるのです。

 

それは、そのことも話し合えない関係になっている事態がすでに手遅れなのです。

 

癌で言えば、末期の症状であり、あと余命数ヶ月の命ということになるのです。

 

実際には命が無くなることはありません。

 

ただこの関係をズルズル続けている限り、子どもを産めない年齢になってしまえばこれから生まれてくる新しい命を奪ってしまうことになりますからね。

 

あなたにとって大事な人は、あなたの未来の家族に必要で大事な人のか?ということを今一度考えてみてくださいね。

 

質問をくれたカカオさん、いかがだったでしょうか?

 

カカオさんの決断と行動で、カカオさんの未来が決まります。

 

言い換えれば、「どんな未来を望むか?」でカカオさんの決断と行動が決まるのです。

 

以前に【「知っている・わかっている」と「やっている・やり続けている」は全くの別物です。】という記事でも書きましたが、今やらなきゃいけないことが実際に頭ではわかっていても、それを決断して行動するには勇気がいるし、思い切った行動が必要になりますからね。

 

ただね、いずれ決断を迫られることになりますからね。

 

だったら、早い方がいいのです。

 

自分の時間を有効に使って欲しいし、今ある自分の時間を本当に望む未来のために使ってくださいね。

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

宮がおすすめする結婚相談所情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所選びのコツが読めます!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所の詳細はこちら♪

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 ◆《人数限定》「30~40代独身男性専門♂・婚活コンサルティング」の募集を開始します! この度、人数限定で30~40代独身男性専門の個別婚活セッションコースを始めました!

今、男性のあなたにはこんなお悩みはありませんか?

・結婚相談所に登録して活動してるけど、数回会ってそれっきりになる事が多い。

・いつも理由がわからないまま女性にフラれてしまう事がある。

・女性とお付き合いができたとしても、何をどうして良いかわからない事がある。

・婚活パーティーや出会いの場に頻繁に参加しても、思うように結果が出ない。

・婚活をしていく上で相談できる人や、アドバイスをしてくれる人がいない。

以上のようなお悩みを持っている独身男性の皆さんのために『30~40代男性向けの個別婚活セッションコース』を人数限定で募集します。→詳しくはこちら

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

 

パートナーエージェント
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/