(動画付き)婚活で8連敗中の40代独身者が「カップル成立率」を上げる方法


(↑動画でご覧になる方はこちらからご覧ください↑)

 

今回は珍しく婚活に悩む男性の方からご質問がきましたので、そのご質問にお答えしていこうと思います。

 

質問をしてくださったのは、「婚活8連敗中の40代独身の男性」から婚活のご質問にお答えします。

◆質問内容◆

   40代 独身独身 職業:システムエンジニア
ペンネーム:婚活中40代男子さんからの質問

婚活中40代男子さん
宮先生、こんにちは。

宮先生のブログはアメブロ時代からずっと拝読させていただいている一人です。

実は最近になって婚活を始めたのですが、なかなかうまくいかず自信がなくなってしまいました。

一体どうすればカップル成立率を上げることができるのでしょうか?

宮先生、私が言うカップル成立率とは婚活パーティーやイベントに参加した際に、お互いの連絡先を交換できる権利のことを示唆します。

宮先生、カップル成立率とはビジネスで言う成約率と一緒で、まずこの段階で商談が決まり、次の段階へと発展しなければ、クライアントとの信頼関係を築くことができないのです。

私がどうして婚活に対して自信をなくしているのかと言うと、ある婚活イベントに参加して8連敗という散々な結果を味わってしまい心が立ち直れないでいます。

私はこれまで自分のことをまずまずの男だと思っていたのですが、もしかしたら40代になり加齢の影響で昔のようにはいかず、全く女性にモテなくなってしまいました。

宮先生のコンサルタントは女性限定ということを十二分に存じ上げているのですが、男の私にもどうかアドバイスをください。

宜しくお願い申し上げます。 

という質問をいただいました。

 

この男性の40代という年齢は問題ではなくて、婚活イベントで8連敗をしたのがかなり響いているでしょうね。

 

そこで本日は【(動画付き)婚活で8連敗中の40代独身者が「カップル成立率」を上げる方法】と題して、カップル成立率を上げる方法をお話します。

 

今日は”目から鱗がポロリな内容“ですので、どうぞブログと合わせて動画までご覧ください!

 

◆「自分の話」と「自分の自慢話」しかできない男は婚活で敗北するとは?

D0011_udemakuri120140830142912_TP_V

(画像:自慢話を得意げに話す男)

婚活イベントに参加する女性に話を聞くと、男性は自分の仕事の自慢話をしてきて、年収がいくらとか言ってきたり、参加者の男性たちはある意味その話しかしてこないので彼女たちは…

女性
どうして男たちは「過去の栄光」話や、「自分の話」ばかりしかしてこないのかしら!?

と言って女性たちは彼らに呆れていました。

 

以前に【「聞き上手な男」が女性にモテる理由とは?|あげまんラボラトリー《文字起こし》】という記事の中でも触れましたが、男性は自分の自慢話をしたりして、相手の女性の話を聞くことができる人がまだまだ少ないように思えます。

 

質問者の男性は40代でまだ若いですが、年齢が高くなればなるほど”人の話が聞けない男♂“が多くなりますからね。

 

ただ、質問をしてくれた男性は、♂「私はこれまで自分のことをまずまずの男だと思っていたのですが、もしかしたら40代になり加齢の影響で昔のようにはいかず、全く女性にモテなくなってしまいました。」とおっしゃっているので、昔はモテていたので”女性の話を聞けない男無神経な♂“ではないと思うのです。

 

ただ、私が気になっているのは、そもそもこの男性が”婚活をしてるマーケット“がズレている可能性があるのです。

 

 

【理想の異性に出会うために絶対に欠かせない3つこと《素敵な異性に出会うためのリサーチ&マーケティング》】という記事の中でも書きましたが、この男性が参加している婚活パーティーや婚活イベントそのもの「場所」「参加者の層」”自分と合っていない“かもしれないのです。

 

例えば、主催されている婚活パーティーや婚活イベントをちゃんとリサーチや分析をして、そこに集まっている”女性たちの年齢層や意図“を見極めることで、そこに参加して自分は「どう見られているか?」ということを考えることが重要になってくるのです。

 

簡単に言うと、その婚活パーティーやイベントに独身女性たちの理想とする男性たちの層が”25歳〜30歳”だとしたら、この40代の男性がその婚活イベントに参加したら惨敗するのも当然ですよね?

 

これって、根本的にズレていることになるのです。

 

その婚活イベントに”25歳〜30歳の独身男性“がたくさんいたら、40代の独身男性はまず勝ち目はありません。

 

そこに集まっている独身女性たちの”要望や意図“と合わないということは、自分に不利になるしライバルには勝てるわけがないのです。

 

その40代の独身男性の年収が、2000万円ぐらいあればまた話は別かもしれませんが…。

 

世の中にたくさんの婚活パーティーや婚活イベントがありますが、40代の独身の男性も女性もそのあたりの見極めがとても大事になるのです。

 

ですから、『自分が勝てる「婚活パーティー」や「婚活イベント」に参加していないことが問題』なのです。

 

自分が参加する婚活イベントに35歳〜40歳の独身女性が参加しているのであれば、今回の質問者の男性はビジネスもできる人だと思うので、過去は女性からモテていたと言っているので、その辺りをしっかり抑えればカップル成立率が上がるはずです。

 

以前に【婚活が上手くいく人の「魅力の磨き方」《外見編》】という記事の中でも書きましたが、もちろん男性のファッションや清潔感などの身なりの問題もあります。

 

また、外見の見た目などがその人に合っていれば、もしも若い男性が参加している婚活パーティーに参加したとしても負けることはありませんからね。

 

婚活パーティーや婚活イベントに参加する場所やテーマをしっかりと見定めて、気を使うことは大事ですからね。

 

独身40代の人が婚活イベントに参加しても「成果が出ない理由」とは?

1月28日(土)に開催する【結婚相談所に頼らない30代〜40代独身女性のための婚活講座】の中でもお話しようと思っている内容の一つで、私は個人的に40代独身の方は婚活イベントに参加するのはあまりお勧めしないのです。

 

それはどうしてですかと言えば、婚活パーティーや婚活イベントには”結婚したい人たち“しかいないからです。

 

例えば、”結婚したい独身の男女“というのは『結婚』についてあれこれと情報を独自に頭に詰め込んで学習してしまっているのです。

 

そうすると何が起きるかと言えば、出会う異性出会う会う人に対して”消去法的見方“しかできなくなるのです。

 

まさに、自分のパートナーになる異性を選ぶと言うよりも…、異性に対して「採点」「査定」「評価」をする感じになってしまうのです。

 

そうなると、一人一人の異性の中身を見るというよりも、”平均点を持っている異性“を選ぶ感じになるのです。

 

そうなると、婚活パーティーや婚活イベントに参加するたびに目が肥えて「異性に求める理想」が高くなるし、異性を選べない状況に追い込まれて苦しむことになるのです。

 

そもそも、皆さんが言う「普通の恋愛」とは、婚活パーティーや婚活イベントとは真逆ですからね。

 

◆本来の恋愛とは、年齢や職業は関係ないところから始まるとは?

一般的に言う「恋愛」とは、”年齢や職業を超えるもの“のはずなのですよ。

 

『恋愛』『禁断の恋』と言われているものは、ロミオとジュリエット、先生と生徒、上司と部下、店員と客、医者と患者、既婚者と独身者、などなど年齢や格差や年齢を超えた関係でもできるのが恋なのです。

 

そもそも、”相手の職業や年齢を聞いてから恋に落ちる“なんていう『恋愛』なんて、いまだかつて聞いたことがありませんし、そんな恋愛が長続きするはずがないですからね。

 

【結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代独身女性のための婚活コンサルティング】の中でお伝えしていることで、私がみなさんに言いたいのは婚活をするのであれば、まずあなたが…

 

男性
この女性は魅力的だな〜♥

 

女性
この男性は素敵だわ〜♥

 

と思える異性を見つけてください。

 

その際、その相手が結婚をしている既婚者でも構いません。

 

「類は友を呼ぶ」(類友の法則)と言いますが、お金持ちの人には「お金持ちのお友達」が集まるし、スポーツマンの人には「スポーツマンのお友達」が集まるし、素敵な異性の周りには、同じように「素敵な人たち」が集まりますし”素敵な人たちとのつながり“によって成り立っているのです。

 

ですから…、

 

男性
 僕はいまこれこれでこういう感じなんだけど、◯◯さんの周りに”お酒が好きな素敵な女性“はいませんか?

結婚するとかしないとかじゃないんだけど…。

 

女性
私はいまこれこれでこういう感じなのだけど、◯◯さんの周りで”美味しいお店を知っていて楽しく食事ができる素敵な男性“はいませんか?

結婚するとかしないとかじゃないんだけどね〜

 

とフラットにさらりと聞いてみるのです。

 

その素敵な人のつながりの紹介で”出会った異性“あれば、良い流れで良い関係が築けていけるのです。

 

多くの皆さんが勘違いしていることは何ですか?といえば、「”結婚したい“と思っている相手と知り合った方が結婚しやすい。」ということが大勘違いなのです。

 

婚活をやっている人たちの多くは、目が肥えていて「異性に対しての理想」が高くなっているし、異性の年齢や年収や職業などのデータを重視することに趣を置いてみているので無意識のうちに異性に対しても”査定や品定め“をしてしまっているのです。

 

一見すると矛盾に聞こえてしまうかもしれませんが、結果的に”婚活をやっている人の方が結婚できにくい“という状況に陥ってしまうのです。

 

お互いにそんな状態で結婚しても、”良い結婚生活を送れますか?“とは思えないですよね…。(汗)

 

皆さんも経験があると思いますが、彼氏や彼女が欲しくて合コンやコンパに行っても、なかなか彼氏も彼女もできないのです。

 

♂「彼女を作ろう。」とか♀「彼氏をゲットしたい!」と意気込んで参加しても、彼氏や彼女ができたという人はあまりいないと思います。

 

ですから、「普通の恋愛をするのが一番です。」と言うと、普通の答えになっちゃいますけど、でもそうなのですよ。

 

また、ビジネスの原理原則では「すべての購買は、”衝動買い“である。」という言葉があります。

 

「恋に落ちる。」と言いますが、恋に落ちるときは、予期せぬときに、予期せぬ展開になるものです。

 

◆恋愛とは「衝動買い」と同じ原理とは?

あなたは買い物で”衝動買い“をした経験はありますか?

 

世の中には、「買う気になって買う人」「買う気が無かったけど”面白い!欲しい!”と思って買う人」では、どちらが買う機会が多いですか?といえば、後者の人なのです。

 

住宅展示場の特別販売会に行っても買わない人がいるのですが、たまたまフラっと見に行った住宅展示場を見てたら住宅購入を衝動買いで決めたという人が意外に多いのです。

 

ですから、”買いたいものを詳しく調べて買いに来る人“にものを売るよりも、たまたま来た人に「これすごい良いんですよ!もし、ご興味があればどうですか?」と言うと、意外に買ってくれたりすることは多いのです。

 

知られていませんが、実は「婚活パーティー」「婚活イベント」「ネット婚活」に参加したり行くことが、意外に効率が悪くなることもあるのです。

 

今回の40代独身相談者の男性だけでなくて、30代〜40代独身女性も身なりをキレイにして、先ほども言いましたが…、

 

「素敵な人の周りには”素敵な異性“がいる。」

 

という『類友の法則』(類は友を呼ぶ)が働いていることを思い出してみましょう。

 

そして、あなたがタイプの異性のお友達に対して、それとなく…

 

男性
 僕はいまこれこれでこういう感じなんだけど、◯◯さんの周りに”お酒が好きな素敵な女性“はいませんか?

結婚するとかしないとかじゃないんだけど…。

 

女性
私はいまこれこれでこういう感じなのだけど、◯◯さんの周りで”美味しいお店を知っていて楽しく食事ができる素敵な男性“はいませんか?

結婚するとかしないとかじゃないんだけどね〜

 

というお話をしてみることから始めましょう。

 

◆最後に

いかがだったでしょうか?

 

以前に【《第一印象と年齢差のマイナスを埋めるスキル紹介!》婚活中の30代独身女性が身につけたい「コミュニケーション力」(質問力篇)】の中でも書きましたが、男性は自分のことを良く見せようとして、アピールしたり自慢話をしすぎる傾向があるので、相手の女性の話す言葉に耳を傾けることですからね。

 

これからの婚活とは、パーティー、イベント、ネット、相談所、異性紹介サービス、だけを使うことではないということを覚えておいてくださいね。

 

婚活イベントに参加するのはいいですが、主催情報を良く調べたりリサーチをして”自分にあったテーマ“の婚活イベントや婚活マーケットに足を運ぶことが上手くいくポイントということを忘れないでくださいね。

 

 

今回質問をくれた「婚活中40代男子」さん、いかがだったでしょうか?

 

 

私は男性のコンサルタントも受け付けていますので、良かったら一度お試しカウンセリングにいらしてくださいね!

 

素晴らしいご質問をしていただきまして、ありがとうございました。

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

〜 最新情報 〜

2017年 1月28日(土)に結婚相談所に頼らない30代独身女性のための婚活講座を開催します。

2017年に「結婚に繋がる素敵な出会いをしたい!」という方のご参加をお待ちしております!

※1月28日(土)は満員御礼になりました。

※次回2月25日(土)も残り席がわずかですのでお申し込みをご希望の方はお急ぎください!

   

 

 

◆宮 弘智ホームページ◆

あげまんコンサルタント

→彼氏やご主人を成功させたいという願望を持つ女性のための、通称“あげ活女子”のための新たな恋愛カウセリングサービスです。

 

  プロポーズさせニスト

→彼が進んでプロポーズしたくなる”私”になる4つのステップを解説しています。

 

 結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代〜40代専門婚活コンサルティング

→結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代独身女性のための婚活コンサルティングです。

 ★依頼をご検討の方は【結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代独身女性のための婚活コンサルティングのQ&A】をご参考にしてください。  

 

 

宮が主催するセミナー・講座・個別カウンセリング情報はこちら

 

このブログのメール読者登録をすると、「為になる最新記事」「ワークショップなどの講演情報」をいつでもメールで受け取れるサービスを”無料”で配信中!

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/