婚活が上手くいく人の「魅力の磨き方」《外見編》

 

 

 

 

以前ブログで【婚活が上手くいかない人の理由】という記事を書きました。

「異性に魅力的に見られるためにはどうしたらいいの?」

というご意見をいただいたので、「外見の磨き方」についてお話します。

 

まず、覚えておいて欲しいことがあります。

それは、

「あなたの魅力の99%は、相手が決めている。」

ということです。

 

 

例えば、あなたがラーメン屋さんをしていても、お客さんが「この店で食べたくないな…。」と思えば、お客さんは来ないんです。

やっぱり、美味しそうな香りがして、美味しそうなラーメンに見えないとお客さんは来ないんです。

結婚をしたいと思っている人も同じで、”結婚は自分一人では決められない”ですよね?

この世の中の99%は、あなた意外の”相手”が決めているんです。

ですから、あなたは1%だけの努力をすれば良いのです。

 

「その1%ってのは何ですか?」と言えば、実は「外見」なんです。

 

だから、髪の毛でも不潔にしていたら、誰も寄ってきません。

男性で顔のヒゲが雑草のようにボウボウに生えていたり、指の爪も伸びて真っ黒だったり、服も襟垢がべっとりついている服を着てら不潔だし汚らしいですって!(汗)

 

別に、ブランドの服を着なくてもいいんです。

・ちゃんと洗濯した服を着ること。

・靴も泥や汚れ落して履くこと。

それらをやってるだけで、だいたい「ちゃんとした人」に見えるんです。

 

困ったことにその本人は”だらしなくしてるつもり”はないんですよね…。

 

そのことを気づかしてくれるのが「鏡」です。

自分の姿を鏡でよーく見てください。

「自分は不潔に見えているんじゃないか?」

という気持ちと”疑いの目”で見て欲しいんです。人間は、”疑って見ると見えてこないことがたくさん見えてくる”のです。

 

「私は不潔に見えるんじゃないか?」とか「私はブサイクに見えるじゃないか?」っていう目線で見ることが大事です。

 

男性でいくらイケメンでも「鼻毛」が出ているだけで、”格好良さが台無し”ですって。

 

女性でもいくら綺麗な美女でも「わき毛」の剃り残しがあるだけで、”美しさが台無し”ですよね?

 

”どうしたらもっと清潔に見えるか?”とか”どうしたらもっとキレイに見えるか?”いう目線で鏡を見て欲しいのです。

 

そのぐらい自分を疑って、自分を厳しく見ないと、本当の姿は見えません。

だから、ちゃんと「目的」を持って自分を見てください。

0815-2izumo01

自分の中に魂があるとしたら、自分の身体は神社でいうと「社(やしろ)」と同じなんです。

自分の社は、自分できれいにお護りしなければならないんです。

あなたは自分という社を護る「神主さん」と同じなんですよ。

 

髪型や頭というのは、神社でいうところの屋根にあたります。

この神社の屋根が、鳥が巣を作って、クモの巣ができちゃって、穴があいてボロボロな神社があったとしたら、あなたは神主としてダメです。

それから、顔とか身なりって、神社でいうところの正面で入り口になります。

横が穴あいちゃってる、垢だらけになっちゃってる、そこもボロボロになっている神社は誰もお参りになんて来ませんよね?

 

それから、靴です。

靴は「神社の土台」にあたります。

この土台が腐ってボロボロ、それからシロアリに喰われてすり減ってる…。

あなたがそれらをずっと放っておく神主さんであれば、神主失格です。

 

これを昔の人は、髪の毛を綺麗にしてる人は『天の加護』があると考えてきました。

 

それから、顔や身なり、これを清潔にしてる人は『世間の加護』があると考えてきました。

 

それから、履物や靴をキチッと綺麗にしてる人は『先祖の加護』があると考えてきました。

 

『天の加護』があって、『世間の加護』があって、『先祖の加護』がある人は、たった1%で、それらをやるだけで全て上手く行きます。

恋愛も婚活も、それらをすることで上手く行きます。

ですから、あなたは「1%の努力」で、あとの99%は周りの人があなたを選んでくれるのです。

 

もし、”どうしても婚活が上手く行かない人”がいたらそういう人をよーく見て下さい。

 

そういうことを、ちゃんとしてないんですって…。(汗)

 

この内容は【聞き上手のあの人が上手くいくのは、たった1%の行動力と99%の信頼力】に詳しく書いてありますのでご覧ください。

 

【まとめ】

髪の毛や頭を綺麗にして『天の加護』を得ましょう。

顔や身なり、これを清潔にして『世間の加護』を得ましょう。

履物や靴をキチッと綺麗にして『先祖の加護』を得ましょう。

これらの3つをすることで、あなたは異性から魅力的に見えて、恋愛も婚活が上手く行くでしょう。

 

また、婚活パーティーやお見合いパーティーで実際に使える【婚活をする上でぜひとも知っておきたい「パートナーに出逢ために知っておくべき5つのこと《婚活編》】という記事もぜひ参考になさって下さい!

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/