《30代独身女性のための婚活のトリセツ》婚活でパートナーをゲットするために知っておきたいこと5選

《30代独身女性のための婚活のトリセツ》婚活でパートナーをゲットするために知っておきたいこと5選

 

平成12年の35~39歳の女性の未婚率は13.9%、平成22年に45~49歳となった際の女性の未婚率は12.6%になっています。

10年間で結婚できたのはわずか1.3%

そして、40歳以上になるともっと下がり、平成12年の30~44歳の女性の未婚率は8.6%になっています。

《関連記事》

【40代の日本女性の多くは結婚ができない理由とは?】

メディアなどでは…

「40歳を過ぎて結婚できないと生涯結婚できない…。」

などと伝えられています。

 

実際に「よし!じゃあ婚活するぞ!」と思っても、実際に行動に移す人は少ないのではないでしょうか…!?

その原因の一つは、

異性との出会いがない

という理由が挙げられています。

 

 

そこで今回は【《30代独身女性のための婚活のトリセツ》婚活でパートナーゲットするために知っておきたいこと5選】をご紹介します。

 

① 合コン・街コン・人の紹介 

1341915645_photo
(画像:横須賀経済新聞「横須賀中央で「まちコン」、独身男女500人結集-飲食店街にぎわう」より)

新しい出会いをするために思い浮かぶものと言えば、街ぐるみで毎週開催している街コンが人気を集めています。

このようなイベントに参加したり、友人などから紹介してもらう方法があります。

 

でも、「婚活の場」としては、実際には”難易度はやや高め”のようです。

 

あなたが飲み会などを開くには、ある程度の人脈などの「ネットワーク力」(人脈の繋がり)が必要不可欠なので、年齢層が上がるにつれて「同じ仲間」(年代・話が合う相手)を見つけにくくなる傾向があるようです。

 

また、イベントには気軽に参加できるため「遊び目的」(軽いナンパ目的)で参加する人も少なくないので、本来の目的から外れてしまうケースがあるようです。

 

しかし、最近の「合コンサービス」「街コン」が手頃な料金で充実していることから、それらを利用すれば良い成果を得られることもあるでしょう。

《向いてる方》
・コミュニケーション力に自身がある方
・第一印象にそこそこ自信がある方
・初対面の人と楽しく過ごせる方
・チームプレイができ、協調性のある方

《向かない方》
・場の雰囲気が読めない方
・人見知りする方
・自分本位で、自己中心的な方
・受け身な方

 

② お見合いパーティー (婚活パーティー)

009
(画像:マイナビニュース 真剣な出会いを求め、お見合いパーティーに参加–さて結果やいかに?)

「決められた時間内に会える女性の人数が圧倒的に多い」のが、このお見合いパーティーというものです。

 

スタンダードなスタイルは、男女がお互いに向かい合って座り(立食タイプもあり)、数分間話したのち、相手が移動して、最後にカップル発表というものです。

 

これは「きちんと将来を見据えた人たち」が集まるので、趣旨もしっかりしています。

 

最近は特に人気なのが「◯◯限定パーティー」というものです。

自衛官の方に限定した、自衛隊ブライダルなど色々な企画があるようです。

《向いてる方》
・1対1で異性と話すことが苦手でない方
・第一印象やでそこそこ自信がある方
・一度にたくさんの異性と会いたい方

《向かない人》
・1対1で異性と話すのが苦手な方
・身だしなみやファッションに無頓着な方
・カップル成立しないとプライドが守れそうにない方

 

③ 婚活サイト (マッチングwebサイト

CSS85_mbakubiwokashige20131019-thumb-1000xauto-17314

最近の現代人の一般的な出逢い方となっているのがインターネットのネット婚活を利用した出逢いです。

 

家にいながら活動できたり、料金も無料で利用できたり、有料でも他の婚活スタイルと比べるとかなり割安で利用できるからです。

 

婚活サイトでは「ピンポイントの相手」(異性の好み、年収などの条件)を探すことができるのが人気の秘訣のようです。

 

しっかりと運営しているホームページでは「遊び目的の人」を除外したり、偽証できないようになっているので「婚活女子♀」がたくさん集まっているようなのです。

 

通常は男性から女性にメールを送りやりとりをしますが、コピペメール(コピーペーストの略:文章をそのままコピーして貼付ける作業)を送るのはお勧めしませんし、文章力も求められることは言うまでもありません。

 

相手のプロフィールのどの部分に興味を抱いたのか、相手にしっかりと伝えるのが最低限のマナーと言えます。

女性は無料で始めるネット婚活サイトに登録するだけで多くの男性からメールをもらうようになります。

 

ですから、男性は女性がメールをもらいやすい土日を避けたり、平日にメールを送るなどの工夫をしたり効果的な方法を見つけて探ることが重要になるでしょう。

《向いてる人》
・メールなど、文章でのコミュニケーションが得意な方
・条件・フィーリンが合う相手にピンポイントで会いたい方
・忙しい方

《向かない人》
・メールなどの、文章でのコミュニケーションが苦手な方
・受け身な方
・異性の見た目を最重視する方

 

④ 結婚相談所 (結婚相手紹介所)

 

一年以内の成婚率・交際率・成婚退会者の声も多いさ・が多くて高い結婚相談所をおすすめします!

【一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!】という記事の中でもご紹介していますが、結婚相談所の『パートナーエージェント』では専属のコンシェルジュがついて、出会い(お見合い)→交際→成婚までを二人三脚で活動していくスタイルが上げられます!

結婚相談所を選ぶ際に一番見て欲しいのは、「成婚退会をしているの人数がどれくらいあるのか?」という部分です。(一番気になる所だと思います。)

 

結婚相談所を選ぶ基準の一つとして、“実際に成婚して結婚相談所を卒業した人たちがどのようにして婚活をしたのか?”(成婚までの道のり)を知りたい方が多いのではないでしょうか?

 

パートナーエージェントでは成婚ストーリーという実際に結婚成婚された方々のサクセスストーリーがテーマ別で読めるということがとってもユニークだと思いました!

 

実際に担当したコンシェルジェの方が顔と名前を出して、婚活のサクセスストーリーを紹介しているのは他の結婚相談所にはあまり見られない試みでもあるので「自分が実際にパートナーエージェントで婚活をすると、どのような感じで進んでいくのか?」というイメージが掴めやすいと思いますよ!

サービス・料金プラン・コンシェルジュ・すべてが常識破りの「結婚情報サービス」はこちら♪    

 

《向いてる人》

・謙虚で自己PRが苦手な方

・プロフィールがよい方

・他人の意見を聞き入れられる方

・サポートやアドバイスをしてもらいながら婚活を進めたい方

 

《向かない人》

・何でも自分で決めたい方

・自分を客観視できない方

・他人の意見を聞くのが苦手な方

 

⑤ FacebookやLINEなどの「SNS」での出会い

 

40歳以上で結婚する方々は、

「過去に出逢った異性と結ばれる。」

という共通点があるようです。

最近では、FacebookやLINEのSNSのアプリなどがあり、出会いのキッカケで再び再会するケースが増えているそうです。

 

それから、職場の同期、大学の同期、学生時代の同級生などに再開して、恋愛に発展するケースも少なくないようです。

 

「彼女にもう一度会いたい…。」という、想い出の女性がいる男性のあなたにお勧めしたいツールです。

 

そして、その「過去の出逢いを引き寄せる強力なツール」とはFacebookやLINEなどの「SNS」と言えるでしょう。

 

しかし、もう一度会いたいがために「迷惑行為」に及ぶ行動はお勧めしません。

《向いてる人》

・積極性のある方

・再び出逢い相手がいる方

 

《向かない人》

・ネットがウトい方

・SNSに自分の情報を公開することに抵抗がある方

 

 

あなたに合った婚活の進め方は見つかりましたか?

 

今回の内容を参考にしていただきなから、素敵なパートナーを見つけてみてくださいね!

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/