30代女性の婚活は、年収300万円の男性を「年収1000万円」に育てる知恵を身に付けろ!

30代女性の婚活は、年収300万円の男性を「年収1000万円」に育てる知恵を身に付けろ!

 

皆さんこんばんは、宮 弘智です。そして明けましておめでとうございます!

 

皆さんがこのブログをどこでお読みになっているかはわかりませんが、いよいよ2016年度がスタートしましたね!

 

2016年はオリンピックまであと4年と迫って、日本は世界からますます注目されると思いますし、今後日本は色々な意味で世界から注目されていくと思うんです。

 

私のブログは『あげまん』の特徴でもある”聞き上手・質問上手・気づかせ上手“のスキルを身につけることによって、「恋愛」「結婚」「ビジネス」「人間関係」などの分野で成功を掴んだり幸せになってもらうための応援をしてきました。

 

そして、2016年の今年は「30代の独身女性の婚活応援」を前面にしていきたいと思います。

 

「今年は結婚をしたい!」という人は、恋の駆け引き恋愛テクニックだけを学ぶだけではなくて、以上にあげた”聞き上手・質問上手・気づかせ上手“のスキルを磨くことによって、”恋愛以外の分野“にも良い影響をもたらすことがわかっているんですよね。

 

ですから、恋愛だけのスキルだけではなくて、”それ以外のこと“に自分磨きをすることに目を向けと、意外なところで意外な結果に結びつくので面白いんじゃないかなと思っているんです。

 

2017年と2018年とオリンピックの年に向けて、「男女の未婚率」がおそらく上がありますし、少子高齢化がますます進んでいくことでしょうね…。

eye131007-2
(①画像:厚生労働省「人工動態調査」より)

というのも、1964年の東京五輪開催時は、実は開催が決定した1959年から数年は出生率が逆に低下していたんですよね。(①)

 

また、1959年より1964年の出生率の方がややあがっているんですけど、その差はわずか+0.01ポイントしかなかったんですよ、意外だし驚きですよね〜

 

また、1972年の札幌五輪開催時は、開催が決定した1966年は「ひのえうま」の年で出産が控えられたために、翌年は出生率が上がっているんですけど、その後は横ばいで推移しているんですよね。

 

特に、この期間は”第二次ベビーブーム“(11971~1974年)と重なっていて、実際のところ五輪の影響は見えにくかったんです…。

 

また、1988年の長野五輪開催時は、第二次ベビーブーム後に少子化が進行した時期で、すでに開催が決定した1991年の出生率は1.53と低いんですけど、さらに五輪開催の1998年にかけて実際には1.38にまで低下しているんです。

 

つまりどういうことかと言えば、過去3回の五輪開催時の出生率をみる限りだと、日本では「五輪と出生率は関係がほとんどない。」ってことなんですよ…。(汗)

 

また、婚姻の状況をみても、五輪との関係性はほぼ無いと言ってもいいかもしれませんよね。

 

 

それでも、現代の若者たちの間でどうして…

 
結婚したい!
 
子供が欲しい!

というようなツィート(【少子化】未婚・晩婚化の原因、未婚男性の5割が「経済的に余裕がない」 内閣府調査で浮き彫り)が増えたのだろうかってことなんですよね?

 

現在の日本ではいうまでもなく、未婚化・晩婚化、少子化が進行しているんです。

 

でもね、10代から20代の若年たちの大半は”結婚の意志“があって、また最近では、理想の相手を求めるよりも…

「ある程度の年齢までには結婚したい。」

というように、”結婚に対する先のばし意識“も薄らいでいるようなんです。

 

だから、TwitterやLINEやFacebookなどのSNSでのツィートは、五輪開催の決定をきっかけに「結婚したい、子どもを持ちたい」という願望が高まったわけじゃなくて、彼らが持っている「強い願望」が開催決定をきっかけにあふれ出たんだなと思うんです。

 

◆結婚率と出生率を遠ざけている4つの原因

現代の若者たちの中に「結婚願望」がある一方、アラサー30代からアラフォー40代の独身の男女の未婚化と晩婚化が進行している背景には、以下のような原因があると思うんです。

 

① 若年層の経済環境の悪化

・20代前半の失業率は6.3%…若年層の労働・就職状況

・若年層の非正規雇用の増加

 

② 恋愛の消極化

・草食系男子の増加

・恋愛よりも仕事や学業を選ぶ自立系女子の増加

 

③ 女性の社会進出(アベノミクスの推進)

・キャリア重視(年収・学歴・職業など”数値化されたものを重視“する女性の増加)

※↑①から③とも関連する

 

④男女の希望のすれ違い

・女性が求める経済力を満たす男性が減少(年収300万円以下の男性の増加)

・女性は男性にそれとなくリードされたい一方で、”安定などの横並びを好む男性“の増加

・「男女のコミュニケーションの違い」の無知から起きるすれ違い

 

などがあげられると思うんです。

 

 

この中でも特に大きな要因は、①の若年層と”30代から40代のアラサー&アラフォー世代“の経済環境の悪化ですかね…。

 

20~30代の男性では年収と既婚率の相関が高くて、年収300万円未満の既婚率は1割に満たないんですよね…。

 

若年層だけじゃなくて30代から40代の非正規雇用者が増加している中、非正規雇用者ではいずれの年代でも平均年収が300万円に届いていないんですって…。(汗)

 

さらに、正規雇用者と非正規雇用者では恋人がいる割合が倍近く違うし、”恋人がいない人の方が自己評価も低い“という傾向があるですって…。(汗)

 

だからね、何が言いたいのかって、自信をもって恋愛をするにも、『結婚をするにも経済環境』が整っていることがとっても大事で必要と思うんですって。

 

◆稼げる女性は男から見れば結婚したくないのが本音とは!?

現在のアベノミクス成長戦略の中で、人口減少社会にある日本で将来の労働人口を確保するためにも、少子化に歯止めをかけるためにも、特に女性の活躍を推進するための政策の検討がすすめられているよね。

 

以前に【これからの”女の生きる道”とは?《年収300万円の男性と結婚して出産後も共働きを続ける時代》】という記事の中でも書きましたけど、経済環境がなかったり整っていないが為に、そもそも結婚もせず、子どもももたずにいる若者たちも多いし、それ以上に30代から40代の独身男女がめちゃくちゃ多いんですって…。(汗)

 

若年層に安定的な雇用を確保することは、労働人口を確保するためにも少子化に歯止めをかけるためにも、入り口となる課題だと思うんですよ。

 

五輪開催はアベノミクス成長戦略の「第四の矢」と言いますけど、日本経済回復の起爆剤として今年が問われますね。

 

2020年に向けて様々な政策検討がすすむ中で、オリンピックに向けて結婚・子どもをのぞむ若者たちのために、喫緊に若年層の安定的な雇用の確保を求めたいですよね。

 

それ以上に、30代から40代の独身男女のための婚活政策を真面目に取り組んでいってほしんです。

 

男は”可愛げがある女性♀“が好きなんです、でもね「自分で稼げて自立している女性♀」と言われる独女はぶっちゃけ男からしてみれば可愛くないんですよ。

 

女性が自分で稼げちゃうと…

 
最低でも私以上に稼げている男じゃないと結婚なんて考えられないわよね…。

とか言うんですよ。

 

でもね、その思いはわかるんです。

 

でもね、その考えはヤバイんですって…。(汗)

IMG_1540
(画像:統計元 国税庁 平成26年 民間給与実態統計調査結果より)

 

年収1000万円の男性は日本に4.9%しかいないんですよね。

 

でもね、日本人ってのは…

「年収1000万円の男は日本に4.9%しかいないの?じゃあ、私には無理だわ…。」

と思わないんですって…。

 

どういう意味ですかと言えば、日本人の中にある「宝くじの概念」と言われるのですよ。

 

◆人は「自分だけが特別」と思いたい生き物

宝くじを買う人は…

 
私なら、きっと宝くじが当たるわ!

という自分だけは特別という”根拠のない自信“があって、みんな宝くじを買うんですよね。

 

でも、結局宝くじには当たらなくて愕然として、いい夢を見させてもらったと思ってまたダラダラ生きるんですよ。

 

そういう考え方を「自分の結婚観」にも持ち込んでいるんですって。

 

どういうことかと言えば…

AMI88_kangaerumorigirl_TP_V
(画像:白馬のお王子様を夢見る女性)

 
私だけは特別だから、いつか年収1000万円の白馬に乗った王子で出会えて結婚できるわ!

とか思っているんですけど、30代にもなって”いつまでも夢見る少女“じゃいられませんから。

 

てか、年収1000万円の白馬の王子さまとはそう簡単に出会えませんから…。

 

お金持ちの男はモテるんですよ、【JPモルガンのCEOが語る「50万ドル(5000万円)稼ぐ男性と結婚する方法」とは?《玉の輿に乗る方法》】という記事の中でも書きましたが、”お金持ちの男性が持っている価値観や概念に似合う女性“じゃないと釣り合わないし、お金持ちの男性と結婚しても幸せになんてなれっこありませんって、マジで…。(汗)

 

年収1000万円の男性と出会うためには、”それらりの計画性と行動力と意識改革“が必要ですよ。

 

それに、お金持ちの男性と結婚しても結局離婚する女性があとを絶えないんですよね。

 

そもそも、年収300万円〜500万円の価値観とマインドを持った女性が、年収1000万円の価値観をマインドを持っている男性とウマが合うわけがないんですよ…。

 

私もそういう女性をたくさん見てきたし、【神様はあなたに平等を望んでいない。】という記事の中でも書きましたけど結局は最後には”自分と同じレベルの男性(年収、価値観、外見)“と一緒になってくっ付くんですって…。(汗)

 

まあ、「類は友を呼ぶ」っていう”類友“ってやつですよ。

 

だからね、2016年に婚活をする人は年収1000万円の男性を探すよりも、『あげまんの先見の眼』を持って”年収300万円でフィーリングが合う「伸び代がある男性」を見つけて年収1000万円に育てること“を考えた方がどれだけ賢いことでしょう。

 

この内容は【良い男は「探す時代」から「育てる時代」です。】の中でも書きましたけど、今やベッカムはファッションリーダーで飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されてますけど、それは元スパイスガールズで妻のヴィクトリアさんのおかげなんですって。

 

だから、ヴィクトリアベッカムさんは「あげまん女性」なんですよ。

 

◆最後に

これからの婚活は”伸び代がある男性“を見極めて、その男性を「経済的」にも「精神的」にも教育育成をしていくことを声を大にしてお勧めしますよ。

 

ですから、これだけ熱く語ってしまったのでもうわかると思いますが、今年は”婚活応援“に力を注いでいきます。

 

年収300万円の性格のいい伸び代がある男性を見極め、あげまん思考とテクニックを使って年収1000万円に教育育成していくプログラムを進めていきます。

 

でも、「私は男性を一から育てるよりも、年収が高い異性と出会って結婚したい!」のであれば、結婚相談所に登録して婚活した方が良いかもしれません。

 

例えば、【婚活するならまず結婚相談所に登録して活動する事をおすすめします!】という記事の中でも書きましたが、結婚相談所のパートナーエージェントでは55,000名の方が登録されているので、“自分が出会いたい異性に出会える可能性が高い”と言えると思いますからね!

結婚相手をエージェントで独自の入会基準で優良な会員多数! 

 

一年以内の成婚率・交際率・成婚退会者の声も多いさ・が多くて高い結婚相談所をおすすめします!

↑詳しくは【一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!】という記事の中でもご説明しているので、ぜひご参考になさってくださいね!

 

それでは、今年も皆さんにとって素晴らしい一年になりますようお祈り申し上げます。

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

宮がおすすめする結婚相談所情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

【シングルマザー婚活応援コース】(限定20名様:婚活ママ応援特別価格6/30まで)

↑これまで婚活コンサルティングという婚活サービスを行ってきましたが、この度シングルマザーの方を対象にした婚活ママ20名限定応援特別割引価格の「婚活支援をするコース」を開設しました!

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/