あげまんは仕事・恋愛・パートナーシップでも、弱音を早めに吐けるから「成功しやすい」とは?

 あげまんは仕事・恋愛・パートナーシップでも、弱音を早めに吐けるから「成功しやすい」とは?

仕事でも恋愛でも悪い出来事が起きたときに「早く言わないと…。」と思っていても、なかなか言い出せないとってありますよね?

 

特に女性で弱音を吐けない人は「大丈夫!」と言いつつ、最後になって♀「やっぱり、ダメなの…。」とか、♀「やっぱり、できません」と言ってくる女子も少なくありません。

 

そこで、今回は「大丈夫!」と言いつつ、全然大丈夫ではない女性心理のお話をしたいと思います。

 

【弱音を言えない女性】

【上司と女性社員の会話】

♂「来週の仕事の打ち合わせで使う資料作成は進んでいるかな?」

♀「…はい、大丈夫です…。」

♂「それは良かった!」

(本人も”大丈夫”と言っているから、問題はないだろう。)

〜 打ち合わせ前日 〜

♂「例の資料はできているかな?ちょっと見せて!」

♀「…すみません、資料の作成が進んでいないんです…。」

♂「どれ、見せて!ぜんぜん進んでいないじゃないか!?この前に聞いたときは”大丈夫です”と言っていたじゃないか!?」

♀「だって…。」(涙)

♂「泣いてもどうしようもないだろ!今日は徹夜で資料を仕上げるか…。」(汗)

♀「大丈夫です。」

と言っていた彼女は、”まったく大丈夫ではなかった”ようですね…。(汗)

 

彼女は資料作成の仕事を任されたときから、資料作成はできないし期日までの間に合わないのはわかっていたのです。

 

彼女はどうして、

♀「間に合わないです。」

♀「手伝ってください。」

♀「教えてください。」

と言えなかったのでしょうか?

 

彼女は”何らかの理由”があって言えなかったのでしょうか?

 

◆「使えない奴だ」と思われたくない女性心理とは?

仕事の打ち合わせの切羽詰まった前日になるまで「できません。」と言えなかった彼女ですが、彼女もいつかは…

♀「”すみません、資料ができていません”と言わないといけない…。」

と思っていたし、わかっていたんです。

 

でも、♀「すみません、できていません。」と言う”タイミング”が掴めずにいたのです。

 

上司の顔色を伺って言うタイミングを狙っていたのですが、なかなか良いタイミングがあるわけもなく、自分から言うタイミングが掴めずに打ち合わせ前日までズルズルしていたという訳だったんです。

 

男性から言わせると、

♂「どうして彼女は”できません”と言えずにいたんですか?」

と思いますよね?

 

女性は「悪い情報」「badニュース」を伝えるときには、男性と違って”物凄く気を使う”のですよ。

 

そして、相手が「悪い情報」を聞いても、心配させたり不安にさせたりしないような”タイミング”を選ぼうとしているんです。

 

でも、そのタイミングが掴めないまま、

”ズルズルと言えない状態が続いてしまう”

ことになるんですって…。(汗)

 

そして、”NOとは言えない何事にも一生懸命の女の子”ほど…

♀「できません。」

と言うことで”使えない奴だ”と思われることを怖がってしまうんです。

 

ですから、”何事にも一生懸命の女の子”は、♀「できません。」と相手に言うことで…

♀「”自分の評価”や”自分の価値”を下げてしまうのでは?」

と思ってしまうんですね。

 

◆怖くて言えないことで、いつも「最悪の結末」になる

そもそも、ビジネスの世界では…

”悪いことはいち早く報告し、素早く改善する”

という「お約束事」がありすよね?

 

”悪い情報”を前もってわかっていれば、対策も練れるし、悪くなる状況を食い止められのです。

 

これは、「恋愛」「婚活」「結婚」「夫婦関係」などの”男女関係のコミュニケーションの世界”でも同じことがいえるんです。

PAK88_unadarekabedon20140301-thumb-1000xauto-16804
(画像:別れ話をしているカップル)

”破局になる原因”(別れる原因)がわかっていれば、早めに対策ができるし、”最悪の結末”を食い止められるのです。

 

いつも”最悪の結果”になってから、

♀「宮さん、彼と別れました…。どうしたらいいですか〜!?」

と言ってくる女性の特徴は…

「報告」→「連絡」→「相談」

”報連相”(ほうれんそう)なんですが、これではダメなんです。

 

別れたあとになってから「報告」(事故報告)されても、後の祭りになってしまうんですって…。(汗)

 

ですから、

♀「宮さん、何だか彼とギクシャクしてきている感じがするんです…。どうしたらいいでしょうか?」

と確認が出来次第、相談してくる流れの…

「確認」→「連絡」→「相談」

”確連相”(かくれんそう)がベストなんです。

 

この”確連相”できる人が「あげまん」なんです。

 

ダメになる前に「確認」して「連絡」をもらえれば、破局を止める”何らかの対処方法”があるってもんですよ。

 

だから、自分には「できない。」と思っているのであれば…

♀「私にはできません。」

と早めに伝ることが大事なのです。

 

◆「手伝ってください。」「教えてください。」と素直に伝えよう!

そして、もう一つ知っておくと言いことがあります。

 

それは…

・「手伝ってください。」

・「教えてください。」

と相手に伝えることは”悪いことではない”ということです。

 

すると…

♀「宮さん、そんなことを言ったら”お前は使えない奴だ”と思われますよね?」

♀「”できない”なんて、相手に借りを作るみたいで絶対に言えないですよ。」

と言う人もいるでしょうね。

 

実は、「できないです。」と言ったとしても、自分が思っているほど”周囲の評価”は落ちないのですよ。

 

ですから、「できないです。」という言葉は、言い換えると…

・「やりたくない。」

・「面倒くさい。」

・「やる気がない。」

と勘違いされやすいのも事実です

 

そのようなときは…

・「できないので、手伝ってもらえますか?」

・「できないので、教えてもらえませんか?」

と言ってみましょう。

 

「教えてもらえませんか?」とか「手伝ってもらえませんか?」と言うことで、”自分のやる気”が相手に伝わりますからね。

 

また、

YOTA86_purezenok15135259-thumb-1000xauto-14189

(↑ 画像:専門家として扱われて”まんざら”でもない喜ぶ上司)

『教えてもらえませんか?』

という言葉は、相手のことを”専門家”として認識したうえでの言葉なので、相手も悪い気はしないし、気を悪くする人は少ないんです

 

以前に【可愛がられる人、そうではない人の違いとは!?《指導される側が持っている能力》】という記事を書きましたが、人から目をかけられたり、人から可愛がられる人は、アドレスをしやすくて”指導される能力が高い”という特徴があるのです。

 

◆最後に

何事でも一生懸命に頑張る女性で、”仕事で弱気な言葉を吐けない”と思っている人が多いと思います。

 

しかし、できないことは誰かに教えてもたっらり、誰かに手伝ってもれば良いだけのことですからね。

 

相手が困っていたら助けてあげる、自分が困っていたら手を差し伸べる、それで良いと思いますからね〜

 

また、恋愛でも”男性に自分の弱気なところを見せれない”と思って、男性に甘えられない女性も多いかと思います。

 

仕事でも、恋愛でも、あまり自分を追い込まずに”助け助けられのお互い様”という気持ちを忘れずにいきましょうね〜

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

【最新情報・お知らせ】

「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』(半年:全6回コース)

この個別オンライン講座では一人一人のパーソナル個別オンライン対応で傾聴を仕事にしたい方のために傾聴ノウハウやスキル顧客獲得コンテンツを学んでいただきながら、“傾聴ビジネスで活躍する方々を応援”して個別で丁寧にアドバイスご指導します!

詳しくは【《アフターコロナ時代に求められている仕事》「話を聴く仕事」をしたい人の為の『傾聴ビジネス個別オンライン講座』(全6回コース)】←をご覧ください!

【「人の話を聞く仕事」を始めたい方へ(傾聴で起業または副業をお考えの方々へ)】

「人の話を聞く仕事に興味をお持ちの方」 「高齢者の方々のお話を聞く事が好きな方」 「副業として傾聴の仕事を始めたい方」 「個人事業主として傾聴サービスの仕事を始めたいと考えている方」を育てて、今後の超高齢者社会や引きこもりなどの問題解決をするべく傾聴という仕事を社会的に広めるべく活動をしたり、傾聴を仕事をする仲間たちを増やして行きたいと思っております。

詳しくは→「高齢者の話を親身になって聞いてあげられる人を育てよう!」(「傾聴のプロ」を生み出すプロジェクト)をご確認ください。

◆LINE公式「宮 弘智」アカウント開設しました!

いつもブログをご覧になってくれてありがとうございます!LINE@を始めましたので是非ご登録よろしくお願いします!

この LINE@にご登録するとブログやYouTubeの新着情報「宮に直接相談したい!」という方は LINE@にご登録ください!

 

【宮 弘智公式SNS情報】

→LINE公式アカウント(※友だち追加していただいた方にお得な20%割引クーポン贈呈中!)

→公式Twitter

→公式instagram

→公式Facebook

→日本あげまん研究所

宮がおすすめする結婚相談所&婚活アプリ情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所や婚活アプリ選びのコツが読めます!

【おすすめ婚活アプリ紹介】婚活アプリのブライダルネットは「本気で結婚したい人」におすすめできます!

【結婚できる大手結婚相談所紹介】「パートナーエージェント」の口コミ評判徹底分析!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 

オンライン個別講座

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/