成功した男の運気を一気に下げる「さげまん女」の恐怖とは?《モテる人ほど不幸になる理由》

 

 

 

 

普通は「モテる」というと多くの人が”良いこと”だと思いますよね?

 

しかし、「モテる」ということほど、男性にとっては”不幸になる始まり”だったりするんです。

 

モテモテの男性も、たった一人の『あげまん女性♀』から愛されれば良いのです。

モテモテの女性も、たった一人の『運気が高い男性♂』から愛されれば良いのです。

 

しかし、モテる人ほど多くの『運気が低い男性♂』や『さげまん女性♀』から狙われることになるんですって…。(汗)

 

◆男のすべての運気を下げる”さげまん女”とは?

さげまん女性からモテモテになるということは…、

・貧乏神

・悪魔

・テロリスト

・ウイルス

・ストレス

などなどに取り囲まれているようなものですから、【面倒見が良くて誰にでも尽くす人は、さげまん。】の中でも書きましたが、”さげまん女性”に関わることで男性の仕事運が下がり、金運が下がり、健康面も悪くなり、気持ちもボロボロになっていくんですって…。

 

成功したきた男性は”運気が強い人”なんです。

 

しかし…、

ZOM93_aishiauzombie20140503-thumb-1000xauto-12865
(↑さげまん女に生気も運気も吸われて”ゾンビ化する男子”)

だけど、一人のさげまん女性と関わっていくことで、徐々に狂っていくんですって…。(汗)

 

◆さげまんは運気を下げて「人生」を狂わせる影響力をもっているとは?

私の友人でイケメンな男性がいました。

 

彼は意欲もあり、ビジネスを展開しても「成功は間違いない!」と思えるスポーツ業界で活躍して、私も彼から”良い刺激”をもらっていたのです。

 

しかし、彼は”とある一人のさげまん女性”と関わっていくうちに、だんだんとそれまでの歩みが狂っていったのです…。

 

その彼女は美人で一見性格もよく”良い人”に見えますが、色々な男性にチヤホヤするし、影では人の悪口を言ったり、典型的なさげまんちゃんだったのです…。

 

共通の友人たちも、

「彼には”もっといい女性”がいたろうに、もったいないな…。」

と言われていたようです。

 

以前の彼は、ブログなども頻繁に更新したり、SNSでも頻繁に近況情報を発信したり、自分からビジネスを展開したり、海外旅行も大好きでてもアクティブに活躍する人でした。

 

しかし今の彼は、全く向上心も無くなり、現在は何をやっているのかもわからない…、生きているのかもわからない男性になってしまいました。

 

これは、男性に限ったことではないのです。

 

美人で可愛い女性は、”タチの悪い男”に狙われることが多いんですよね…。(汗)

 

◆美人で可愛い女性は”波瀾万丈の人生”を送るとは?

6b76aab9

その昔、徳川家康が天下を納めていたころ江戸城には「大奥」という”男子禁制の園”があったのをご存知でしょうか?

 

【大奥】

江戸時代,江戸城中で将軍の妻および側室のいる居室を呼びならわしたもの。

将軍には、みだい(嫁)が必ずいたが、みだい様との間に子供ができない若しくは、男子が生まれない場合、世継(後の将軍)の問題があるので側室を設けていた。

側室は、世継を生む為に将軍と肉体関係(子作り)をもち、大奥勤めしている女性が自ら志願して側室になったり将軍が指名したり、または、大奥総取締が指名したりします。

 

そのころの女性は、美人で可愛い女性であればあるほど「大奥」の側室として強制的に連れていかれる時代だったそうです。

 

しかし、側室になれるということは現代で言えば「玉の輿」のような出世でもあり、【玉の輿に乗ることを「棚ぼた的な勘違い」している人は”さげまん”《玉の輿に乗るには「実力」が必要》】の中でも書きましたが”大奥=玉の輿”を望む女性もたくさんいたのです。

 

でも、将軍の後継を生んで子供が大きくなれば、自分ではもう世話(子育て)はをさせてもらなくなるのです。

 

実の親子なのに引き裂かれる運命が待っているんですね…。

 

子供からすれば「産みの親」「育ての親」がいるってことです。

 

いくらそれが当たり前の時代といっても、「大奥」は女性にとっては”シビアな世界”だったでしょうね…。(汗)

 

ですから、どの時代でも、どこの国でも、美人や可愛い女性は、”波瀾万丈の人生を送る定め”なのかもしれません。

 

◆最後に

男性は、”さげまん女性”に関わると一気に運気は吸い取られて『運気が悪い男』になる。

女性は、タチのわるい”運気が悪い男”と関わると『さげまん女性』になる。

 

以前に【彼氏が途切れることがない女性は、さげまん】の中でも書きましたが、”美人でモテる女性はさげまん”でもあるし”カッコよくてイケメンだけど運気が悪い男”ということがあるということを覚えておいてくださいね〜

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン講座 まもなく再募集開始!

2018年1月スタート
・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/