異性の誘いを”相手に嫌われないように断る人”は「さげまん」《「八方美人」と「一方美人」の違い》

このブログを初めてお読みになる方は最初に→【あげまんとは?】をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんこんばんは、宮 弘智です!

 

本日も読者の方からの質問や悩みにお答えしようと思います。

 

今回は「気のない男性からの誘いを断りたい女性は必見」の内容になっております!

 

【30代 女性 会社員】

「私はよく初めて会う男性に、”連絡先を教えてくれる?”とか”連絡を教えてくれる?君と色々話したいんだけど。”とか言われるんです。

私はそういう男性に『個人的に誘われる』ことが多いんです。

そういうときに、誘われた相手の男性と付き合う気もないし、そのつもりもないんです。

断固として相手の男性の誘いを断る方が良いと思うのですが、そういう男性の誘いをヤケに扱ったり、バッサリ断ったら”何か嫌がらせをされないか?”と不安で心配になることがあるんです。

そういう男性に対して、何か『上手い断り方』あれが教えていただけますでしょうか?

宜しくお願いします。」

以上のような質問がきました。

 

はっきり言うと、『上手い断り方』などというものはありません。

 

ここで大事なことは、誘って来る気のない男性に『上手に嫌われる』ようにすることを心がけてほしいのです。

 

◆「上手い断り方」=「嫌われない断り方」】とは?

『上手い断り方』というのは、別の言い方をすれば…

『上手い断り方』『嫌われない断り方』

ということですよね?

 

この『嫌われない断り方』という、この発想は”大きな間違い”なんです。

 

相手の男性に、

♂「僕は彼女に嫌われていないし、もしかしたらまだ脈があるかも❤︎

と勘違いをさせてしまうだけなんですって…。(汗)

 

そもそも、”関わりたくない異性””運の悪いさげまんな人”からは、”嫌われないと意味ない”んです。

 

そういう”関わりたくない異性”から、誘わらないようにするには簡単な方法があります。

 

メールだったら、”間違ったアドレス”を教えたらいいんです。

♂「君に送ったメールが帰ってきて、メールが送れないんだよね…。」

♀「あれ?そうですか?おかしいな…。確認しておきますね〜」

と言って、ササッとその相手からフェードアウトしていけばいいんです。

 

もしLINEだったら、「私、LINEとかやってないんです。」と言えばいいんです。

もしFacebookだったら、「私、Facebookとかやっていないんです。」と言えば良いんです。

 

そもそも、あげまんは…

「私は”運の悪いさげまん”に嫌われても構わない。」

というサッパリ感があるのです。

 

そうすると、運の悪いさげまんは「残念だけど、この人には関われないな…。」と思うので、そういう人からの誘いはなくなっていくのです。

 

 

◆八方美人の女性は”さげまん男”に付け込まれるとは?

 ”運の悪いさげまんの人に付け込まれる人とはどんな人と言えば…

『”人に嫌われることが怖い”と思っている女性』

が、さげまん男に誘われて、さげまん男に付け込まれるんですよね…。(汗)

 

誰にでも良い顔をする”八方美人”にならないことです。

 

要するに、一人だけそ愛する『一方美人』になれば良いんです。

 

中には、

♀「宮さん、私はあげまんで”一方美人ですよ!」

と言っている人がいるのですが、そういう人に限って…

”異性を色好みして”一人の異性”に絞れないでいる”

ことが多いんですって…(汗)

 

この”八方美人”で無くなると言うことは、”七方不美人”になるってことなんですよ。

 

【あげまんが持っている「七方不美人」の意味】

”七方不美人”とはどういうことですか?と言えば…

「一人の異性に好かれて、他の異性には嫌われる覚悟」

を持っている人のことを…

”あげまん”

と言うのです。

 

ですから、”八方美人”の人は…

・誰にでも電話番号や連絡先をバンバン教えている人

・SNSとかでどんな人とでもお友達になっちゃう人

・どんな人でも誘われたらホイホイ付いて行っちゃう人

などなどですから、そういう人は”さげまん”ですよね。

 

 

”一方美人””七方不美人”の人は…

・連絡先は簡単に教えないし、誰とでも繋がらない人

・SNSなどでも、すぐにお友達になったり繋がることはない人

・運の悪いさげまんの誘いには付いて行かない人

などなどですから、そういう人は”あげまん”ですよね〜

 

さげまんあげまんで、この”大事なことの認識””大事なことの感覚”が違うんですね。

 

”大事なことの感覚”とは…

さげまんは、”人に嫌われることは恐怖”だと思っているんです。

あげまんは、”人に嫌われても平気”だと思っているんです。

 

【「あなたが私のことが嫌いになったか知りたいの、だから連絡が欲しいの…。」と言ってくる人は”典型的なさげまん”】の中でも書きましたが、運の悪いさげまんの人は、精神的にサッパリとしているあげまんの人には寄ってこないんです。

 

運の悪いさげまんには、運の良いあげまんに対抗する”そこまでの元気”がないんですよね…。

 

いじめをする人は”自分よりも弱い人”をターゲットにしていますよね?

 

それと同じように、さげまんは自分と”同じレベル”、または自分より弱い”運の悪い人”を誘って絡んで、グダグダやっているのが好きなんですって…。(汗)

 

 

◆”運の悪い人”の「誘い方文句」とは?

「君のメール教えて。」とか「あなたの電話番号教えて。」とか、最近では「君のLINE教えて?」とか「あなたのFacebook教えて。」っていうような誘い方をしてくる人は、やっぱり”運の悪いさげまん”なんですよね…。(汗)

 

これはその時点で運が悪い人なんです。

 

どういうことですか?と言えば、本当に”運が強いあげまん”は…

『その時点で約束をしている❤︎』

のです。

 

メールとか電話、SNSとかで後ほど連絡を取り合うのではなくて…

PAK75_kanpaishiyouyo500-thumb-1000xauto-3654

「もし良かったら、今日このあと私と一緒に飲みに行きませんか?」

とその時点で約束を交わしているのです。

 

昔は携帯の電話番号、メールのアドレス、現在ではLINEやFacebookなどのSNSで簡単にやり取りができるようになりましたよね?

 

◆情報化社会なればなるほど「さげまん」に関わる機会が増える

この”簡単にやり取り”ができるようになって、余計に”さげまん”に関わることが多くなって、”運の悪い人””関わると面倒な人”に関わるようになってきたんですって…。(汗)

 

これはIT化が進み”情報化社会”になればなるほど、その傾向があるんです。

 

そうなればなるほど、気をつけないといけないのは…

”相手に無闇に関わらないこと”

ということが大事になるんです。

 

これはSNSからでも、”さげまんウイルス”というものに感染します。

 

◆最後に

例えば、あげまんの人からの来るメッセージでも、”さげまんメッセージ”になっていることがあるのです。

 

そういうときは、そのメッセージは削除することをお勧めします。

 

メッセージボックスに”さげまんメッセージ”が残ってちゃダメなんです。

 

【「誤送メッセージを送ってしまいました。お願いですから読ますに消してください。」《読む人はさげまん、消せる人はあげまん》】の中でも紹介しましたが、喧嘩をしたり”誰かの愚痴や文句が書かれたメッセージ”をいつまでも残していてはいけません。

 

それを見ると、そのときの感情を思い出すし、せっかくの”上機嫌”が掻き回されはもったいないですからね。

 

ですから、「ごめんなさい。」とか「すみません。」という内容の文面はメッセージボックスには残しちゃいけないんです。

 

そもそも、「ごめんなさい。」という内容のメッセージがあると、”何か揉めた出来事”を思い出すことになるんですよね?

 

”そういうメッセージ”はとにかく消しておきましょう。

 

それをするだけで、”スッキリ感”が全然違いますからね〜

 

この”スッキリ感”を持っている人こそ「あげまん力」が高まっていきますからね!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

〜 最新情報 〜

2017年 1月28日(土)に結婚相談所に頼らない30代独身女性のための婚活講座を開催します。

2017年に「結婚に繋がる素敵な出会いをしたい!」という方のご参加をお待ちしております!

※1月28日(土)は満員御礼になりました。

※次回2月25日(土)も残り席がわずかですのでお申し込みをご希望の方はお急ぎください!

   

 

 

◆宮 弘智ホームページ◆

あげまんコンサルタント

→彼氏やご主人を成功させたいという願望を持つ女性のための、通称“あげ活女子”のための新たな恋愛カウセリングサービスです。

 

  プロポーズさせニスト

→彼が進んでプロポーズしたくなる”私”になる4つのステップを解説しています。

 

 結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代〜40代専門婚活コンサルティング

→結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代独身女性のための婚活コンサルティングです。

 ★依頼をご検討の方は【結婚相談所に頼らずにパートナーに巡り会いたい30代独身女性のための婚活コンサルティングのQ&A】をご参考にしてください。  

 

 

宮が主催するセミナー・講座・個別カウンセリング情報はこちら

 

このブログのメール読者登録をすると、「為になる最新記事」「ワークショップなどの講演情報」をいつでもメールで受け取れるサービスを”無料”で配信中!

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/