異性の枠を超えて「個人」(個性・生き方・ライフテーマ)を愛し愛される時代に突入しました。

異性の枠を超えて「個人」(個性・生き方・ライフテーマ)を愛し愛される時代に突入しました

 

よく…

「私、異性にモテないから同性愛者になろうかな…。」

と言っている人がいますよね?

 

私にはゲイの友人がいて社会に対してカミングアウトを宣言して、彼らは同性愛者という事にプライドと誇りを持っています。

そして、彼らは美的意識が高く、所作や身のこなしも女性以上に意識していて、一般的な女性よりも美を研究しています。

そのような考え方や在り方といった生き方(価値観・思考・ライフテーマ・個性)を持っていますし、彼らは異性や同性の枠を超えて相手個人の生き方に惚れるのです。

 

ですから、「私、異性にモテないから同性愛者になろうかな…。」とっているような物事を何も考えずに発言したり、人に流されてただみんなと毎日を生きている人が本当に同性愛者になったとしても、相手にされないこと(モテない)には変わりないのです。

 

特にこの時代は転換期に差し掛かっています。

今後、婚活をしていく上でうまくいく人そうでない人の格差がさらに広がっていくことになるでしょう。

 

本日は【異性の枠を超えて「個人」(個性・生き方・ライフテーマ)が愛される時代到来。】と題して、これから私たちが経験するであろう新たなパートナーシップの定義についてお話しましょう。

 

◆ 異性とお付き合いする定義を超えて「個人とパートナーシップを組むことになる」とは?

この転換期とは…

異性の枠を超えて個人(個性・生き方・ライフテーマ・思考・精神)に惚れる時代

に突入しているのです。

これはパートナーシップのパラダイムシフトと言えるでしょう。

 

先日出版した【運命の人と結ばれたいなら、今すぐ婚活はお辞めなさい。」極上のパートナーと結ばれている幸せな「あげまん」が実践している21のこと】(電子書籍)の中でも書きましたが、私は常々…

「人は相手の生き方(ライフテーマ・在り方・考え方・価値観)に惚れたパートナーシップを組もうとする。」

とお伝えしていますが、実際にその通りになって来ていると実感しています。

 

婚活をしている人の多くは…

「子どもが欲しい。(家族が欲しい)」

「一緒に居てくれる異性が欲しい。(独りじゃ寂しい)」

「一度は結婚してみたい。(一度は子どもを産んでみたい・子どもを育ててみたい)」

という思いを持って異性との出会いを求めているのではないでしょうか?

それ自体は別に悪いことではありませんし、当たり前の事だと思います。

ただ、この時代の婚活はそれだけでは難しくなってきているのも事実です。

 

ここでの難しいと言うのは、結婚・子ども・家族(普通の目標)と言う目標だけを掲げて婚活をしても、パートナーシップに恵まれる人そうでない人に別れてしまうのです。

 

【結婚できる人とできない人は、なぜ30歳が別れ道になるのか?《アラサーアラフォー女性の婚活が難しい理由》 】という記事の中でも書きましたが、婚活をしてもなかなか成果が出ない人の特徴として…

自分の強みや個性を引き出すにも何もない人

が残念なからほとんどです。

 

自分自身が個性的でも無い、特別な感性を持っているわけでも無い、それなのに…

個性的な人とお付き合いしたい!」

「異性なら誰でもいいわけじゃなくて、
人とは違う感性を持っている相手と出会いたい!」

と言って婚活を進めても「出会いが無い…。」「婚活が上手くいかない…。」というのは当たり前です。

 

人は「自分は特別でいたい!」と思う生き物なので、パートナーに求める条件の中に「人(自分)にはない個性」を求めていますし、つまり相手に対して『自分にはない能力・スキル・生き方(ライフテーマ)』を望んでいるのです。

私はこのことを、能力(Ability)・スキル(skill)・ライフテーマ(LifeThema)の頭文字をとってASLと呼んでいます。

このASLの中には、経済的状況(お金)・外面(顔立ち・身体のスタイル)・学歴職歴(大学出身・勤務している会社)なども入ってきます。

 

しかし、お金・外見・学歴などのスペックと呼ばれるものよりも大事なものとは…

「どのような生き方をしているか?」

「どのような活動を行っているか?」

「どのようなライフテーマを生きているか?」

ということが注目されるのです。

 


(画像:同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト BUZZ FEED NEWSより)

 

先日、【同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト】という記事でカミングアウトを告白された作家で評論家の勝間和代さんが話題になっています。


(画像:同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト BUZZ FEED NEWSより)

相手の女性はLGBTアクティビストの増原裕子さん。

増原は自分自身もレズビアンであることを公表しており、LGBTに関する情報を発信する企業「トロワ・クルール」を設立したアクティビストです。

 

私がなぜ同性愛者の話をするのか?と言えば、これからの時代は個人の時代になるからです。具体的に言えば個性の時代です。

 

勝間さんは「好きになった相手がたまたま同性だっただけの話。」とテレビ番組でおっしゃっていました。

私は婚活支援をしている身として、この感性はとても大事な気づきでした。

その理由は、異性と一生涯のパートナーシップを組む時代から…

個人と一生涯のパートナーシップを組む時代

に突入したと確信したからです。

 

↑最近ではおっさんずラブというドラマも話題になりました。

 

私は皆さんに同性愛者に慣れ!と言っているわけではなくて…

・個人として魅力的な生き方をしよう!
(自分のライフテーマを生きよう!)

と言っているのです。

 

そうなれば、男性脳や女性脳という男女のコミュニケーションの違いという概念を遥かに超えていることになるので、これからの婚活の仕方やパートナーシップの在り方も180度変わることになるでしょう。

 

私が言う「これからの婚活の仕方やパートナーシップの在り方も180ど変わることになる。」とは、この個人とは個性の事であり個性とは生き方の事であり、生き方とはどのような人格や価値観や思考を持って人生を歩むか?という事であり、つまり…

・個人が持っているASL(能力・スキル・ライフテーマ)

・心(精神性・マインド・考え方)

に惚れて恋をして愛するという時代になったということです。

 

◆個性が無い人たちは「結婚もできないし、仕事もなくなる事になる」とは?

 

個性とは誰でもない、世界でたった一人の生き方のことです。

例えて言うならば、『個性的』という意味です。

 

この個性的とは、時に魅力になります。

魅力とは「みんなと違う。(その他大勢ではない。)」ということです。

 

ファッションでもその人に合った個性的であるだけで、魅力的に見えますし、突出した存在としてみられるようになります。

それだけで、カッコいい、可愛い、独自性があると思われます。

 

芸能人やタレントも人気になる人は、誰もやらないことをしていたり、誰も知らないことを知っていたり、誰もできないことができたり、他には類のない存在であると言えます。

以前に【片岡愛之助のソリタリー体質は「あげまん女性」に好まれる体質だった!】という記事の中でも書きましたが、そのような人の特徴といえば…

・悪口噂話を言わない

・聞き上手

・友達が少ない

・友達を増やそうとしない

・芸術肌

・他人の干渉嫌う

・友達は少なくても一定数の異性に好かれる

というソリタリー体質だと言えるのです。

 

つまり…

『その他大勢でない個性がこの時代では魅力的な人として見られる。』

ということです。

 

時代の流行りなどもありますが、ビジネスでもスポーツでもファッションでもみんなと一緒の事(同じ事)をしていては、突き抜ける存在にはなれないし、自分が望んでいる結果も得ないのです。

 

人とは違うことを自分の価値観を持って、常に革新的なことを考えて行動できる人のことを私はあげまんと呼んでいます。

人と同じでみんなと同じことをして、右にならえの保守的なことだけしか考えずに石橋を叩いて行動し続ける人のことを私はさげまんと呼んでいます。

 

つまり、後者のさげまん思考の人間の多くは、その他大勢の人間として見られるので婚活をしていても「どの異性と変わらない…。」(記憶に残らない・引用が薄い・パッとしない)という印象を受けるのです。

このような人が就職活動をすると企業から「君のような人は他にもたくさんいるんだよね、残念ですが…。」ということを言われてしまうのです。

企業としてはこのような人よりも、他にはない個性(ASL:能力Ability・スキルskill・ライフテーマ LifeThema )を持っている人材を求め流のは当たり前になってきているのです。

 

残酷に聞こえてしまうかもしれませんが、これと同じことが婚活業界でもすでに起きているのです。

 

つまり、

・「どの異性とお付き合いしても一緒だし…。」
と諦めて理想の条件を下げた
お相手と付き合う人

・「自分が理想の条件の相手に似合うような人物になろう!」
と決めて自分磨きをして成長する人

という、さげまんあげまんに分かれるのです。

 

しかし、後者の自分が望んでいる条件を持っている異性求めて婚活を進める人魅力的なASL(能力Ability・スキルskill・ライフテーマ LifeThema ) をと心(精神性・マインド・考え方)持っていない限り、魅力的な個性を持った相手と出会うことは難しいでしょう…。

 

優れたASLを持った人物も人間ですから、相手のASLに惹かれるものが無ければ興味を示すことはありません。

厳しいことを言えば、類は友を呼ぶと言いますから「凡人は凡人に出会う」ようになっているのです。

 

以前に【「あげまん」と「さげまん」の決定的な違いは『解釈の仕方』にあった!】という記事の中でも書きましたが、あなたが魚だったらイカやエビやサメと出会いますが、鳥類のクジャクに出会うことはありません。当たり前ですよね?

えら呼吸をしている魚のあなたがいくら「私はクジャクと結婚したいんです!」と言っても、それは無理です。

せめてえら呼吸から肺呼吸になって、翼を持つように進化をし続けるしかないのです。

 

私が言っている進化とは、自分が理想としている相手が活躍して居るステージまで上り詰めるための勉強をしたり、練習をしたり、トレーニングをしたり、時には失敗や試練もあるかもしれませんが、自分の歩みを止めないで一歩一歩進んで行くのです。

 

その歩みこそがあなたの個性になり生き方つまりライフテーマになり、人から魅力的に見られるようになり、パートナーシップ組む相手と巡り会えるようになるのですし、それが本来の婚活だと思いますからね。

 

◆最後に

 

【オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」】という記事にも書かれていますが、今後はAI(人工知能)が、車の運転(タクシー運転手)、コンビニのレジ、翻訳、アナウンサー(ナレーション)、レストランの案内係、ネイリスト、人間に変わって多くの仕事をするようになっていきます。

 

(↑画像:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」 週刊現代より)

 

そして、【PS4】Detroit: Become Humanというゲームがあるのですが、このゲームの中では2038年のデトロイドが舞台になっていてアンドロイド(人造人間)が、子育て、家事手伝い、介護、宇宙探査、スポーツトレーナー、画家、学校の先生、人質交渉、警察(犯罪捜査)、などなをしています。

これはゲームの中の話ではなくて、おそらく10年以内には実際にアンドロイドが出現してくると思いますし、大勢の人間はさらに仕事を失い、淘汰される人たちが山のように出ることでしょう。

そうなれば、自分の個性を持たない人たち(独自性がない人・受動的な人・受け身に人)にとっては肩身が狭くなる時代になるのはいうまでもありません。

そのうち、アンドロイドが人間の相談相手になり、恋人になり、いずれパートナーシップを組む相手になる時代が来るでしょう。

特に日本は人口が減り続けるのは明確なので、数年のうちに代理出産法のような法案で国会で通り、10代うちから健康診断と一緒に卵子・精子凍結をすることが義務付けられて、片親が人間であれば片親がアンドロイドでも許される法律ができるかもしれません。

(このAI・アンドロイド・人間・性別と種を超えた未来のパートナーシップの在り方については、またブログの中で書きたいと思います。)

 

そうなれば、婚活もしなくても良いかもしれませんね〜

 

でも、あと数年は生身の人間との関わりを持つ時代が続くことになりますからね。

 

私が出版した初の書籍【運命の人と結ばれたいなら、今すぐ婚活はお辞めなさい。極上のパートナーと結ばれている幸せな「あげまん」が実践している21のこと】(電子書籍)の中でも書きましたが、あなたは…

個人の生き方(個性・ASL・価値観・思考・人生観・マインド)

をしっかりと生きていれば、それだけで魅力的ですし、あなたに恋をする相手と必ず巡り会えますからね!

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

  ◆「婚活をせずに運命のパートナーと巡り会う方法」があったら、あなたの人生を変えてみませんか? 

「グループ講座をやっていませんか?」「数名のグループ講座があれば参加したいです!」「同じ目的で頑張る仲間がいたら婚活も頑張れると思います!」というお声にお答えしましてグループセッション(1クラス:6名限定・半年全6回コース)で行う「30~40代女性専門・大人の婚活塾」 の五期生の募集をします!

詳細はこちら  

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/