結婚前の同棲は別れる!?(後編)|あげまんラボラトリー《文字起こし&Podcast》

このブログを初めてお読みになる方は最初に→【あげまんとは?】をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんこんにちは、プロポーズさせニストの宮 弘智です!

 

皆さん、お待たせしました〜!

 

今回は、【結婚前の同棲は別れる!?(前篇)|あげまんラボラトリー第6回《文字起こし&Podcast》】の続きの後篇です。

 

この後篇では、結婚前の「男の覚悟」について同棲にまつわる内容をお話ししていきます。

 

結婚前に同棲すると、相手の男性の”結婚に対する覚悟“を鈍らせることにもなるので、ズルズルと「結婚が先送り」になるケースもあるのです…。(汗)

 

結婚前に同棲をしようと考えているカップルは是非お聞きください!

 

↑ 動画はこちら

 

↓無料配信のPodcastで聞きたい方はこちらからどうぞ!

・iPhoneの方はこちら

・Androidの方はこちら

史織
今回は後篇ということで、前回答えが保留になっていたので夜も眠れませんでしたよ!
え?本当ですか!?
史織
実は夜も爆睡してました〜!(笑)

では、前回の質問を振り返ってみましょう。

【ペンネーム:フナッピーさん(30代 女性)からの質問】宮さんこんばんは、いま私は3年ぐらい付き合っている彼氏がいます。

彼も結婚のことを考えてくれているようで、近々同棲をする予定です。

私としては同棲をせずに籍を入れて、正式に夫婦として住みたいと思っています。

結婚前に同棲ってするべきでしょうか?それともしないべきでしょうか?

アドバイスをお願いします。

 

【結婚前の同棲は別れる!?(前篇)|あげまんラボラトリー《文字起こし》】では、では史織さんが専門でもある”不動屋さんから見たアドバイス“をしてもらって、同棲のメリットとデメリットの話をしてもらいました。

また、同棲の手続きなどのお話をしてもらいましたね。

今回は深いところの内容をお話していこうと思います!

史織
はい、よろしくお願いします!
じゃあ今回は結婚における『男性の覚悟』というお話をしたいと思います。
史織
その結婚に対しての今日は『男性の覚悟』って、女性としてはとても気になります…。
女性のみなさんは、『男性の覚悟』と聞いてどんな連想やイメージをしますか?
史織
そうですね〜、「オレが幸せにしてやるよ!」みたいな、”男気あふれる決意“って感じですかね〜!
あ〜、「守ってやるぞ!」って感じを想像しますか?

幻想ですね〜!

史織
アハハ〜!(笑)

え〜?本当ですか〜!?

この前もちろん、そういう方もいらっしゃいますよ!

ただ、以前にもお話したと思いますが”結婚“というものを考えたときに、男性にとってみれば「試練」とか「忍耐」とか、結婚は”ハッピーや幸せを連想させるものではない“んですよね…。

【男は「経済力」で判断されて、女は「可愛さ」で判断されている。】という記事の中でも書きましたが、男性にとって『結婚』は良いイメージよりも、ネガティブなイメージがあるので♂「この彼女と一緒になることで、俺は彼女を守ってしっかりやっていけるだろうか…!?」ということを考えるんですよね。

やっぱり一人ではないですからね。特に真面目な男性ほど、責任を感じてしまうんですよ…。

史織
なるほどですね〜
結婚に比べると、同棲は籍を入れていないわけですよね?

たとえ別れたとしても入籍もしていないわけですから、書類の手続きもいりませんから簡単にというわけじゃありませんけど、同棲しているぐらいなら”別れることは容易ではある“んですよ。

史織
ま〜、そうですよね…。
なので、同棲して何年もズルズル生活した後に、彼が♂「やっぱり彼女と結婚できないかな…。」とか♂「俺はミュージシャンの夢をまだ追いたいんだよな…。」とか、そういう思いが出てくるとなんだかんだで別れたり破局してしまうんですよね…。(汗)

ただ婚姻届などの書類を交わして結婚もして新居に住んだり、「新居のマンションを一括、またはローンで買いました!」とかなると、お互いに揉め事があっても今でのようにすぐに別れられませんから覚悟を決めて頑張ろうとしますよね。

史織
確かに!それは覚悟が決まりますよね!
そうすると仕事から疲れて帰ってきて、奥さんが奥の部屋で先にいびきをかいて寝ている姿を見ても♂「頑張らないと…!」と思ったりするんですよね。

逆に夫がトイレの便座を閉めない人だったり、トイレットペーパーが逆の向きになっていて巻き取りにくいと思ってイラついても♀「彼と結婚したし、一緒に住むと決めたし、私も短気になところは直そう…。」と思えば、お互いにやっていと思うんですよ。

もしも、お互いにやっていけないと思っても「どうしたら相手と気持ち良くやっていけるかな?」などの前向きな考えができると思うんです。

史織
そうですよね〜、結婚して一緒に住むとなると逃げられないですよね…。
そうなんです、逃げられないんですよ。

まあ、離婚するという選択もありますありますけど、マンションも買って籍も入れていると、別れるのにはエネルギーがいると思うんですよね。

私の周りの人も「結婚よりも、離婚の方が大変!」って言っていますからね…。

ですから、そうなると同棲レベルの話じゃないんですよね…。(汗)

史織
そうですよね。
そうなると、男の人に覚悟をしてもらうなら同棲をして一緒に住むよりかは、結婚して夫婦として一緒に住んだ方が彼の覚悟も決まるし、お互いに前向きに歩んでいけると思いますよ。
史織
なるほど、まあ確かにそうだと思います。

これ、フナッピーさんとしては結婚を考えてくれた彼が♂「同棲をしよう!」と言ってくれているんですよね。

そんな彼に♀「同棲じゃなくて、私は結婚をしたいの。」と伝えるのは、言いづらいところもあると思うんですよね…。

そこですよね…。

例えば、そこは”物は考えよう“なんですけど♀「一緒に住むんだったら、籍を入れてから一緒に住むのはダメなの?って両親が心配して言ってくるのよ…。」とか言ってみたらいいと思うんです。

史織
それいいですね〜!
あと、♀「私も年齢的に子供も欲しいし、それを考えるとやっぱりちゃんとした住まいがいいし、籍を入れておけば子供が生まれても安心できるし”そういう環境“が欲しいな…。」とか言えるといいですよ。
史織
いや〜、素晴らしいんですね!

これ模範解答じゃないですか〜!

ありがとうございます!!
史織
アハハ!でも、この進め方だったら、嫌な感じは全然しませんよね!
ありがとうございます!!

ですから、嘘が嫌いで”ぜんぶ本当のことを言うことが大事“と思う人もいますけど、自分とお互いの状況を『良い状況』にしていくことを考えたらそういうことも言える方が良いと思うし、実際にそうなれば良いので嘘ではないと思うんです。

史織
いや〜良いですね!

これだったらフナッピーさんも結婚を前提に彼とお話をすれば、彼も♂「じゃあ、籍を入れて一緒に住もう!」となれば、次の一歩が見えてくると思いますね!

なるほど、わかりました!

フナッピーさん、これでお悩みは解決しそうですね!

何かあればまたお便りをちょうだい!(笑)
史織
アハハ!(笑)

そうですね!

こんな感じで色々な方々からメッセージをいただけると嬉しいですね〜!
史織
今回は前篇と後篇に渡り、具体的な内容でお答えできましたね!

私も今回の「同棲」の内容を聞けてよかったです!

これでマンションを探している方々は、史織の元に来て相談すれば全員結婚できますね〜!
史織
ですよね!

同棲をする前に、まずは籍を入れメリットの話をしちゃいますよ!(笑)

今回もありがとうございました!

ありがとうございました!

 

《同棲をしようと考えているカップルは必見!》結婚前に同棲すると破局する理由4選

↑関連記事もぜひご覧ください!:《同棲をしようと考えているカップルは必見!》結婚前に同棲すると破局する理由4選

 

追伸:不動産屋nikochaの代表の山田史織さんは、初めての一人暮らしを応援している女性だけの不動産屋さんをしております。

女性スタッフが一人暮らしの味方としてお部屋探しをサポートしてくれて、一人暮らしの疑問や不安に応えながら、二人三脚で新生活の準備を進めくれます!

女性の方で一人暮らしを考えている方、カップルで同棲をしたい方、結婚をして新居を探している方はぜひチェックしてみてください!

女性だけの不動産屋nicochaのダマされない知恵ブログ

 

 

あげまんラボラトリーでは皆様からの、お悩み相談、質問、疑問、解決したい事など、宮 弘智に聞きたいことアドバイスしてほしいことを募集しています!

 

あげまんラボラトリィーへのお悩み相談、疑問、質問、お問い合わせはこちら
https://www.miyacoach.com/blog/love-contact

皆様からのお便りをどしどしお待ちしております!

 

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/