「オトナ女子 第1話」あげまんコンサルタントから見た感想&レビュー

このブログを初めてお読みになる方は最初に→【あげまんとは?】をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_1333
(画像:オトナ女子・フジテレビ より)

 

皆さんこんばんは、宮 弘智です!

 

女優の篠原涼子さん(42)が2年半ぶりに連続ドラマに出演されます。

 

10月スタートのフジテレビ木曜劇場「オトナ女子」(木曜後10:00)で…

「”あげまん“だけど自分は幸せになれない40歳独身女性役」

を演じるようです。

 


(動画:【公式】新木10ドラマ『オトナ女子』初出し映像集より)

 

この「あげまんコンサルタント宮弘智のブログ」では、篠原涼子主演のドラマで描かれる「あげまん行動」あげまんコンサルタントの目線で、レビューをまじえて、毎週チェックしていきます。

 

また、私自身も「あげまん研究」をしていますが、篠原涼子さん演じるヒロインの中原亜紀の奮闘ぶりと、”あげまんコンサルタントの私から見た感想“を交えて見守っていきたいと思います!

 

ドラマを見ながら、

私だったらはこうするんだけど、宮さんはどんな感じでみてるのかな?」

「ドラマの1話でやっていた、あの行動は正しいの?」

「本当のあげまんは、どんな人のことを言うの?」

など気になる部分をズバズバと、レビューしていきます!

 

では、記念すべき「オトナ女子」の第1話のあらすじをお話しましょう!

 

◆第1話のあらすじ

亜紀の良き友人であり相談相手は、色んな男性に一目惚れをしてアプローチする独身の大崎萠子(吉瀬美智子)とバツイチで3人の子持ちの坂田みどり(鈴木砂羽)です。

 

同じ年齢の3人は、何かにつけ「女子会」という名の飲み会をして、ああでもないこうでもないと愚痴を言い合える関係を楽しんでいたのです。

 

篠原涼子さんが演じるヒロイン・中原亜紀は40歳独身の会社員の役で会社が新規参入した「恋愛ゲームアプリ」の部署のリーダーとして奮闘していました。

 

この新しい部署は、自分より若く年下の部下ばかりでアラフォーの亜紀は”肩身が狭い“こともあり、また現実の恋愛でも戸惑いを感じている亜紀は「恋愛アプリ」の開発に戸惑いを覚えるのでした…。

 

そんなとき、亜紀は「恋愛アプリ」の監修に、脚本家の高山文夫(江口洋介)をアドバイザーとして迎え入れたいと思い亜紀は高山に会いに行くが、お互いの価値観が合わず”ビミョウな感じ“になってしまったのです。

 

脚本家の高山は、10年以上前に恋愛ドラマで立て続けに大ヒットをさせてブームを巻き起こすが、最近はあまりヒットがなくなっていたのです…。

 

亜紀の年下の彼氏がいて”成功を目指して頑張っている年下のミュージシャン“の伸治という、夢を追いかけている彼がいたのでした。

 

亜紀の年下のミュージシャンの伸治は、亜紀の支えによってメジャデビューが決まったが、その彼が自分よりも若い女と浮気をしているところを目撃してしまうのです。

 

亜紀は男を出世させるあげまんであるが、実際の亜紀と言えば“便利で都合のいい女”という扱いになってしまいっていて、亜紀自身も「自分でもどうしてよいか分からない…。」と悩んでいました…。

 

亜紀は一見は「デキる女」に見えるが、恋愛となると“ただのイイ人”になってしまって、自分の恋愛はまったくもってうまく行かないのです…。(汗)

 

そんなとき、高山は「彼氏に振られた亜紀」を偶然目撃してしまうのです。

 

亜紀の前向きに生きる姿に魅せられて、高山は「恋愛アプリ」のアドバイザーを引き受ける決意をするのでした。

 

亜紀と高山の間に「恋の予感!?」を思わす展開が待っているのでしょうか!?

 

 

 

篠原涼子さんは…

篠原涼子さん
今回のドラマはいろんなテーマが盛り込まれておりますが“女子は何歳までが女子なのか”もテーマの1つになっております。

私自身、女子はいつまでも女子と思っておりますので、全国の女子の皆さまには、ぜひご覧いただきたいなと思います!

とコメントをされています。

 

フジテレビの中野利幸プロデューサーは…

中野利幸プロデューサー
最近の女性たちを見ていると、いくつになっても美しくかつパワフルだと思います。

ひと昔前には、オバサン化して女性を忘れていくイメージがありますが、今は年齢を重ねるごとに魅力を増していく女性たちが増えていると感じました。

今回は、そんな女性たちが主人公のドラマにしたいと思い、企画しました。

最高の出演陣とともに強く生きる女性たちへの応援歌になるようなドラマを目指します!

とコメントされています。

 

CAST

篠原涼子
江口洋介
吉瀬美智子
鈴木砂羽
谷原章介

 

STAFF

脚本尾崎将也

・・・・・・・(『結婚できない男』『梅ちゃん先生』ほか)

 

プロデュース 中野利幸

・・・・・・・(フジテレビドラマ制作センター『ディア・シスター』

・・・・・・・・『ラスト・シンデレラ』ほか)

 

演出     田中亮

・・・・・・・(フジテレビドラマ制作センター『医龍4』『ラスト・シンデレラ』ほか)

 

・・・・・・・関野宗紀

・・・・・・・(『ディア・シスター』『医師たちの恋愛事情』ほか)

 

制作 フジテレビジョン

 

 

◆まとめ

ドラマ「オトナ女子」に出てくるアラフォー女子の亜紀は、仕事ができるキャリアウーマンで自分の信念を貫けたりブレない軸をもっていて、それが”女々しいダメ男“を引き寄せてしまうのは納得でした。

 

【面倒見が良くて尽くす人は”さげまん”だった!?《人に関わらない”あげまん”、人に構いたい構われたい”さげまん”》】でも書きましたが、本当のあげまんは”誰にでも尽くすことはしない“のです。

 

ドラマの中に出てくる亜紀は、正直に言うと”尽くしたい女“という印象を受けました。

 

確かに、自分が誰かに必要にされていると思うと「自分の存在感」が実感できたりします。

 

ただ、他人に構うことで”自分自信の存在価値”を確認するのはさげまんがすることです。

 

それから、さげまんは他人に構われるのも好きなので、他人に構われることで”自分自信の価値や存在”を確認しようとしているのです。

 

ですから、さげまんは人に関わることで”自分自信の存在価値”を見出したり、他人に構われることで自分は必要とされていると「安心感」「人との繋がり」を見出そうとしているのです。

 

そして、さげまん”他人を構いたくなる衝動に駆られるとき”というのがあるのです。

 

それは、相手の状態が「幸せな状態」ではなくて、相手が「不幸な状態」のときに構いたくなるのがさげまんです…。(汗)

 

さげまんが最も大好物は「看病」「お見舞い」「お世話をすること」なのです。

 

誰かが病気になったら、”さげまん”と言われる人たちは何故かテンションが上がるのです。

 

それは何故か?

 

さげまんは「お見舞い」「看病」が大好きなんです。

 

うっかり病気に成ろうものなら、さげまんが看病に来ちゃって大変なのです(汗)

 

もし病気になったらSNSとかで絶対に言っちゃダメだし、もしもSNSで書き込みでもしたなら面倒なことになるのです。

 

あげまん”誰にでもマメ“と思っている人がいるのですが、それは大違いなのです。

 

”あげまん”と言われる人たちは、「愛しているあなただから、私だけにマメにしているのよ!」という思いでいるからです。

 

また、【自分で「私、頑張ってます!」とか言っていませんか?《パートナーに巡り会える人、そうでなう人の違いとは?》】という記事の中にも書きましたが、「私、頑張ってます!」というアピールをする人は”さげまんな人“ですからね。

 

「オトナ女子」の第2話のレビューはこちら→【篠原涼子主演「オトナ女子」 第2話 あげまんコンサルタントから見たレビュー】をご覧ください!

 

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/