「自分を知る」ことから始めよう(中篇)《「今の自分を認める」ことで、新たらしい自分に出会える。》

このブログを初めてお読みになる方は最初に→【あげまんとは?】をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんこんばんは、宮 弘智です!

 

前篇、中篇、後篇にわたっては「自分と向き合う」というテーマについてお話しています。

 

前回のブログでは【「自分を知る」ことから始めよう(前篇)《自分の好みを明確にすることで相手とのズレを無くす。》】という内容でお送りしてきました。

 

今回は【「自分を知る」ことから始めよう(中篇)《「今の自分を認める」ことで、新たらしい自分に出会える。》】というテーマで話ししていこうと思っています。

 

「自分を知る」ことができたら 、次には『自分を認める』または『自分を許す』というステージに上がります。

 

【自分を認めたり、許すためには、どのようすればいいのか?】

実際に「自分を認めれない人」「自分を許すことができない人」は以外にたくさんと思います。

ここで大事なことは“気持ち良く自分を認めよう”としたり、“心地よく自分を許そう”と思うと…

DI_IMG_5697500-thumb-1200x800-5666

「私は今の自分を認めていいのだろうか?」

「私は今の自分を許していいのだろうか?」

などなど、”不安な気持ち”が出てきてしまうのです…。

 

その場合は…

「とりあえず、今の自分を認める。」

「とりあえず、今の自分を許す。」

ということからはじめてはいかがでしょうか?

AL005_konnnahazujyanakatta20140830500-thumb-1200x800-5317

「でも、今の自分を認めれな場合はどうしたらいいの!?」

「それでも、今の自分を許せないとしたらどうすればいいの!?」

というのであれば…

「『今の自分を認めれない自分』を認めてみる。」

「『今の自分を許せない自分』を許す。」

と言ってみてください。

 

それができれば、”最初のステージ”はクリアできたのと同じです。

 

”なかなか自分を許せない自分”という『その現状』を認めてあげましょう。

それができなければ、

「今の自分から変わっていきたい。」

という思いにはなれないのです。

 

それは何故かといえば…

「今の自分が許せないんです…。」

「今の自分を認めれないんです…。」

と言う人はいつまで経っても、”その自分”から変われませんよね?

 

ですので、「自分を認められない」または「自分を許せない」という現実があるとすれば、「そんな自分を認めてみる」または「そんな自分を許してみる」と言ってみることから始めてみましょう。

 

【人間が持っている「認められやすい部分」と「認めにくい部分」の関係とは?】

人間は自分の「認められやすい部分」「認められにくい部分」というものを持っていると言われています。

PAK55_ouranwotubusu20140828500-thumb-1200x800-5256

例えば、「夜遅くに”汁なしチキンラーメン卵乗せ”を食べてしまった自分を許せない人」もいれば、

N112_kaowoooujyosei500-thumb-750x500-1953

「人に対して悪口を言ってしまった自分を許せいと思う人」といるのです。

Green7_hissyou20141123180454500-thumb-1199x800-5737

例えば、「私は頑張っているな〜!と認められる人」もいれば、

ookawapin_546020140927112809500-thumb-1200x800-5686

「俺は今日も最高だ〜!と認められる人」もいるのです。

 

最初は「自分が認めやすいところ」から認めたり、「自分が許せるところ」から許して始めてみることが”二番目のステージ”になってくるのです。

 

ですから、

「結果は出ていないけど、まず『頑張っている自分』を認めてみる。」

ということができるようになってくると、”普段の自分ができていないところ”も含めて…

GREEN_YA20140125500

「この”できない自分”にも何か意味があるんじゃないだろうか?」

という感覚になってくるのです。

OZPA_hi-rudehumarerudansei500-thumb-750x500-3179

もし、今婚活をしていて結果が出ていない人がいるとすれば、”今の婚活のやり方”が向いていないのかもしれませんよね?

 

”結果が出ていない自分を否定”するのではなくて、

「結果が出ない自分を受け入れて認める」

ことで、他の方法やアイディアが思いついたり、新しい考え方が見えてくることがあるのです。

 

このように「今の自分の現状を100%受け入れる」ことでしか、次のステップには行けないのです。

 

そう考えると、「できる自分」「できない自分」を受け入れるようにしていかないと、いつまで経っても”次のステージが見えてこない”のです。

 

ですから、「できない自分を認める」ことや「できない自分を許す」ことで、”次のステージが見えてくる”のです。

 

 

【本心で「認める」と思わなくても大丈夫《運気の反転》】

「できない自分を認める」と思うときに、本心でそう思っていなくても大丈夫です。

そうは言っても、

OZPA_appakumensetu500

「私は心の底から自分を認めているのだろうか?」

という不安出てくると思います。

 

そもそも、人間は完璧にできてはいないのです。

 

大事なことは…

「今できる限りの自分で『今の自分』を認める。」

ということができれば、そこから「運気の反転」というものが始まります。

 

今までは「自分を認められない無限地獄」だった人生から、自分を認めるという行為をすることで”プラスのエネルギー”に変わっていくのです。

 

「今の自分を認められない人」ネガティブですから、そういう人は”マイナスエネルギー”に満ちているのです

 

「今の自分を認められる部分」を見つけられた人から、「運気の逆転」が始まるのです。

 

ですから、

「今の自分はネガティブな方向に落ちている…。」

「私はお手上げです、もう降参しました…。」

などなどと、”自分を認める”ことができたら、もうこれ以上は「自分の気持ち」「自分の運気」も落ちなくなるのです。

 

そう思えた人があげまんと言われる人になれるのです。

 

もし、あなたの「自分の気持ち」「自分の運気」が今でもズルズル落ちているとすれば…

『あなたはまだ運気の反転するところまで行っていない…。』

という『運気の反転のプロセスの途中』ということになります。

 

そういう人は「私は落ちるところまで落ちたい…。」とか「私はすっと落ちていたい…。」とか思っているさげまんということです。

 

 

ですから、さげまんと言われる人も人生の中で落ちるところまで落ちれば、あとは上がるしかないのであげまんと言われる人になるのです。

 

 

【『運気の反転』ばかり望む人は「薄っぺらい人生」になる】

そういう意味では、『運気の反転』ばかり望んでしまのはお勧めしないのです。

 

それは何故ですかと言えば、人生の中でわりと早い段階で『運気の反転』をしてしまうと、”人間的に浅い人”になってしまうのです…。

 

以前に【なぜ、いつの時代も男たちは「あげまん」を求める?《運気を上げる考え方》】という記事の中で紹介した松下幸之助さんのように、落ちるところまで落ちてから『運気の反転』をする人は、より人生を謳歌しているのです。

 

人生の中で苦労したり、困難を乗り越えて来た人たちのいうのは”人間的に深い人”なのです。

 

 

 【まとめ】

できない自分、ダメな自分を認めよう。

 

私がビジネスを一緒にやったり、ビジネスパートナーとして一緒に組む人の条件は…

・事業で失敗した人

・事業で苦労した人

・事業でボロボロになったことのある人

すなわち、「苦労や困難を乗り越えてきた人」という意味です。

 

人生で”何の問題も無い人”というのは…

PAK86_takoyakisantakosu1344500-thumb-892x500-3869

「すごく薄っぺらい感じ」

がしてしまうのです…。

 

失恋経験がある男性はまだ良いのですが、”失恋経験がない男性”と付き合うほど危ないものはないですよね?(笑)

 

ですので、そういう意味では、深い闇に入っていた期間があったり、苦労の穴ボコに入ったら…

”とことんそれを味わってみるのも良い”

と思えるようになりました。

 

私も「自分を認める」ということは苦労しました。

 

でも、今では自分を認めすぎて、

宮「ちょっと、一杯のビールを飲んでも大丈夫だよね〜!」

と思ってしまうぐらい、自分のことを認めらるようになりました(^^)

 

それまでは色々なワークショップをしたし、色々なセミナーにも参加してきました。

 

ある意味で「なんでもOK!」にしてしまうと、「宇宙が味方してくれるんだ〜!」と天狗になってしまう人がいるので”ある意味紙一重”だと思いました。

 

全てがOKだったら努力する必要もないし、極端を言えば「人を殺してもOK」になってしまいますからね…。

 

ですから、「自分の感情」「心の声」に耳をすませることが大事ですね。

 

次回は【「自分を知る」ことから始めよう(後篇)《「自分を愛する」ことで初めて「相手を愛して、相手に愛される❤︎」》】に続きますので、合わせてご覧下さい!

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/