運の良い男が大切にしている「美人よりも大事なこと」という基準

このブログで色々とお話してきましたが、同性でも異性でも、さげまんに誘われているうちは”自分の魂”がまだグラついている感じなんですよね。

 

自分の「運」をグンとあげてしまえば、”さげまんの女性””運の悪い男”に寄りつかれることはないんです。

 

これには思い当たる節があるんです。

 

最近思うのが「美人かどうかよりも、大事なこと。」があるんじゃないか…、そう思っているんですよね。

 

それは、ダンスで組んだときの”フィット感”です。

 

ダンスで組んだときの「フィット感」とは?

auto_6Punxv

ダンスとは、”寝てすることを立ってする”っていう世界ですよね?

 

だから、立って音楽を流しながらする「ダンス」という名のセック◯です。

 

ダンスで組んだときに、手から伝わる感覚とか、身体から伝わる感覚とか、呼吸から伝わる感覚とかね…。

 

その感覚で”好き嫌い””合う合わない”がきまるんですよね。

 

これって、”美人かどうか?”は関係ないないんですって。

 

美人じゃないのに、ものすごい好きになっちゃうこともあるんですって!

 

「これって、何なんだろう…?」

 

あるダンスの先生にこのことを聞いたら、

「これは、”わかる人にしかわからない宿命”ですよ。」

とおっしゃっていました。

 

美人で良い人を選ぶのではなく、”フィット感で好みの人”を選ぶという選び方に変わってきますからね。

 

異性を「フィット感」で選ぶとは?

どういうことですか?と言えば、究極を言えば”肌と肌”を合わせてみないのわかりません。

 

肌と肌を合わせてみて”あげまん””さげまん”を見極めるんです。

 

中には”セック◯をしてから付き合うか決める。”という人もいるかもしれないですよね?

 

肌と肌を合わせるってのは別にセック◯でなくても、ダンスでも良いし、会話でも良いし、食事でも良いし、スポーツでも良いし、相手の身体や言葉や笑顔から伝わるフィーリングや波動が伝わってくるんですって。

la1

女性なら、”触られても良い男””触られたくない男”と言うとピンときますよね?

 

だから、爪が汚いとか、口が臭いとか、鼻毛が見えるとか、体臭がキツいとか、髪がフケだらけどか、不衛生な人は最低限のエチケットは欲しいですって…。(汗)

 

さげまんや運の悪い人と一緒いた女性の表情や発言が変わってしまうのを見たときに、

”自分も同じことをしていないかな…?”(汗)

と思うときがあって怖くなるときがありますよね。

 

N112_sonnabakana500

「今日は言葉の使い方が刺があったな…。」


「今日は何だかイライラしちゃった…。」


「今日は何だか喧嘩腰になっちゃった…。」

 

というときは、誰かそういう人に会っていたり、SNSでそういう人がアップした投稿を見てしまったりしていることがあるんです。

 

だから、そういう人やそういう出来事を避けていったほうが良いでしょうね。

 

そうしなと、本来あなたが付き合うべき『運の良い人』と喧嘩して離れて、残るのは”さげまん””運の悪い男”しか残らないんですって…。(汗)

 

これは異性関係だけでなく、男同士や女同士の同性でももの凄い大事なことは言うまでもありません。

 

もし、女性でいつも”ダメ男”とばっかりくっ付くようなら、その女性は”さげまん”になりますからね。

 

それだけだはなくて、その”さげまんの女性”は普通の男も”ダメ男”にしていってしまうんdすって…。

 

では、”運の良い男”(あげまんの男)はどうなの?と言うと、スーッとそれらを避けているんです。

 

女性は意外にさげまんの親友がいても、「親友だから避けられない…。」と言う。でも、”強い意志”を持って避けなければ避けられない人もいますよね。

 

男はどうなんですか?と言えば、意志で避けているのではない。もう、”直感的”に避けているんですって。

 

だから、”さげまんの男”は誘われても誰でもかれでも行きません。

 

もし、電車で隣になったとしても、風邪の人が隣にいたら息を止める感じですよ。

 

だって、風邪を引いている人が隣にいたら、誰だって風邪をうつされないようにようにしたいですよね?

 

それは誰も「かわいそう。」とは言いませんよね?

 

風邪を引いている人ならマスクをして、家で寝ていれば問題はないんです。

 

ところが、さげまんはマスクもしなければ、家でおとなしく寝ている訳ではなく、”さげまん菌”をばらまきまくりですって…。(汗)

 

さげまんは人にどんどん絡んでいっては、仲間を増やそうとするからたちが悪いんです。

 

だから、”大勢の人に会う”のはとても危険なんです。

 

風邪やインフルエンザに感染する時期は決まって秋から冬に多いですよね?

 

秋にはハロウィンパーティー、冬はクリスマスパーティーや忘年会、ハッピーニューイヤーパーティーや新年会、不特定多数の大人数と会えば色々な菌をもらって当たり前ですって。

 

不特定多数とエッ◯なことをすれば”変な性病”に感染するのもこの時期ですよね?(汗)

 

だから、「俺はモテモテだ!」と言っているのほとんどは、”さげまんの女性”にモテているんですから「あげまんの女性にモテモテになる。」ということはあり得ないですよね。

 

それはなぜですか?と言えば、あげまんの女性は「一人の男を一途に愛する」からモテモテというのはありえないんです。

 

” 来るもの拒まず精神”でやりまくるヤリマン♀ヤリチン♂は、間違いなく一度は”変な病気”に感性しているし”さげまん女””さげまん男”ってことになりますからね。

 

だから、「誰にでもモテたい!」と思うのは、ダメ男など色々な男が寄って来るから”さげまん”になりますからね〜

 

あげまんの女性は「一人の男に選ばれる。」ことを考えていますからね〜

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

宮がおすすめする結婚相談所情報!

この記事ではおすすめの結婚相談所選びのコツが読めます!

一年以内の成婚率の高さ・交際率の高さ・成婚退会者の声が多い結婚相談所をおすすめします!

【大手結婚相談所比較一覧】会員数・成婚実績・一年間の総額費用が一番高い所は!?

募集中の講座・カウンセリング・お知らせ

2018年4月30日に【運命の人と結ばれたいなら、 今すぐ婚活はお辞めなさい。 : 極上のパートナーと結ばれている幸せな 「あげまん」が実践してる21のこと】 「電子書籍」を出版しました!

今まで誰も語らなかったパートナーシップの考え方や男女の結ばれ方ついて書きました。

日本の婚活業界のブレイクスルー(婚活業界をひっくり返す内容)について書かれていますので、是非手元に置いてご覧ください!

 

 ◆《人数限定》「30~40代独身男性専門♂・婚活コンサルティング」の募集を開始します! この度、人数限定で30~40代独身男性専門の個別婚活セッションコースを始めました!

今、男性のあなたにはこんなお悩みはありませんか?

・結婚相談所に登録して活動してるけど、数回会ってそれっきりになる事が多い。

・いつも理由がわからないまま女性にフラれてしまう事がある。

・女性とお付き合いができたとしても、何をどうして良いかわからない事がある。

・婚活パーティーや出会いの場に頻繁に参加しても、思うように結果が出ない。

・婚活をしていく上で相談できる人や、アドバイスをしてくれる人がいない。

以上のようなお悩みを持っている独身男性の皆さんのために『30~40代男性向けの個別婚活セッションコース』を人数限定で募集します。→詳しくはこちら

 

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン個別講座 

・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・男性に会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

Webオンライン上で個別コンサルティングを行なっております。

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

 

パートナーエージェント
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/