結婚したい30代独身男性は知っておくべき、彼女に「ごめんなさい、他に好きな人ができたの…。」と突然フラれないための4つこと《後篇》

結婚したい30代独身男性は知っておくべき、彼女に「ごめんなさい、他に好きな人ができたの…。」と突然フラれないための4つこと《後編》

 

この記事をご覧になる方は【結婚したい30代独身男性は知っておくべき、彼女に「ごめんなさい、他に好きな人ができたの…。」と突然フラれないための4つこと《前編》】前回からご覧ください!

結婚したい30代独身男性は知っておくべき、彼女に「ごめんなさい、他に好きな人ができたの…。」と突然フラれないための4つこと《前編》

 

前回の記事からわかったことは…

・♂「彼女が彼氏の気づかない間に、彼からどんどん気持ちが離れていくということはわかった。」

・♂「でも、別れる前にどうしたら”女性の気持ち”に気づくことができるのかな?」

・♂「どうすれば、お互いに破局を迎えないで済むのかな?」

せっかく深めた二人の関係が、いつのまにか壊れていってしまう…。

 

これは、男性にとっても、女性にとっても、

”お互いのコミュニケーションの仕方の違い”

がわかっていれば、お互いに『一生涯のパートナーシップ』でいれたかもしれないのです。

 

ですから、男女の心理を知らないと、”本当にもったいないこと”になるんですって…。(汗)

 

本日は、『別れの4パターン』に入り込まないためにしておきたいことをお話していきましょう。

 

①女性は会えないと寂しくなる生き物

女性は相手とコミュニケーションを取ることで…

♀「私は彼に大切にされている♥」

と感じているとお話しましたよね?

 

ですから、彼氏彼女の関係や夫婦関係において、お互いにコミュニケーションがなくなる(会話が少ない)と、寂しいという気持ちになってしまうのです。

 

 

②女性は自分の話を聞いてくれる「彼以外の男性」を見つける生き物

女性は寂しい気持ちが徐々にたまってくると、彼以外の人(夫以外の人)の”男友達”にその寂しさを打ち明けることで寂しさを紛らわそうとするのです。

 

 

③彼女の心が、彼から離れていく

女性は自分の話を聞いてくれる「話し相手♂」が見つかると、女性のイライラやモヤモヤは消えていきます。

 

夫婦で言えば、夫は”気持ちが落ち着いた妻”をみてホッと心をなでおろすのです。

 

しかし、実際は妻の心は夫からどんどん離れていっているのです。

 

ほとんどの男性は、”このこと”に気づかないのです。

 

④彼女の彼氏が「他の男性」に代わる

そして、Xデーが訪れてしまうのです…。

 

女性の心が男性から離れてしまうのです。

 

そして、女性が決心した頃には、もう取り返しの付かない事態になってしまうんですって…。(汗)

 

では、この『別れの4パターン』から抜け出すにはどうしたら良いのでしょう?

 

 

◆結婚したい30代独身の男性が知っておきたい別れの『4つのパターン』から抜け出す方法とは?

《彼女の「離れる気持ち」に気づくためには?》

この、『別れの4パターン』の中で、女性の心が男性から離れていっていることに気づくことができるポイントが2つあります。

 

それは、からへの変わり目と、からへの変わり目です。

 

 

からの変わり目》

ginza_applemae201409211656191-thumb-1000xauto-17795
(画像:意味もわからずイライラしている彼女に、困惑している彼氏)

からの変わり目の中で、女性は男性に会えない寂しさから愚痴っぽくなったり、意味もなく何となく不機嫌になったりするんです。

 

女性は感情的に不満をぶつけたり、不機嫌になることで、彼に「別れのSOS」を発信しているのです。

 

このとき、女性の気持ちとしては…

♀「どうして連絡するのはいつも私ばっかりなの?」

♀「メッセージを送ったり書くのはいつも私からだよね?」

♀「あなたはLINEを送っても既読になるけど返信をくれないわよね?」

というような不満を男性に言ってきたり、そういう態度を見せてくるのです。

 

女性が不機嫌なときのいうのは、彼から、

♂「どうしたの? 何かあったの? 機嫌悪いの?」

と聞いても、彼女は、

♀「別に、何でもないわ…。」

という、”意味ありげの返事”が返ってくることが多くなるんです。

 

しかし、女性にとってこれは…

♀「ねえ、私の話を聞いてよ!」

♀「私は寂しいの、私はあなたに話を聞いて欲しいのよ!」

というメッセージなのです。

 

ですが、男性は女性に♀「別に、何でもないわ…。」と言われると、

♂「そっか、何でもないんだ。」

♂「何でもないなら、まあ気にすることはないか…。」

とぐらいに思ってしまうんですよね。

 

 

しかし、女性が言う♀「別に、何でもないわ…。」ほど、何でもないってことはないのです。

 

もし、女性に♀「別に、何でもないわ…。」言われても真に受けないようにしましょう。

 

もしも、本当にそんなことをしたら、彼女の心は”不満や寂しさ空っぽ”になってしまいまますからね。

 

ですから、もしこの状態になった場合は、男性はしっかり女性の話を「聞き上手」になって聞くことで相手の女性の心は”愛で満たされて落ち着く”のです。

 

そうすれば、『別れの4パターン』にハマってしまうことはないでしょう。

 

簡単に言えば…

「会話の切れ目は、男女の縁の切れ目」

というこですね〜

 

女性の話の聞き方は、【白黒つけるたがる男・グレーでハッキリしない女《女性の相談に乗って解決してはダメな理由とは?》】を参考にしてくださいね。

 

 

からへの変わり目》

で不機嫌だった女性が、になると男性からは…

「彼女が気持ちが落ち着いてきているように見えている。」

のですよね。

 

確かに、女性の気持ちが落ち着きはしているのです。

 

しかし、男性に対する女性の心や気持ちは、どんどん離れていっているんですって…。(汗)

 

実は、女性の”その気持ちに気づくポイント”があるのです。

それは、女性が不満を言ったり、機嫌が悪くなることが徐々に無くなったり、少なくなってきている状態は”要注意”だと知りましょう。

 

ikebukuro-seibu120140921143908_TP_V

(画像:♀「彼女は俺の事を好きでいてくれる!」と安心しきっている彼氏)

ここで多くの男性は…、

”彼女が自分のことを愛しているし、自分に対して何の不満もないんだ!”

と考えているんですが、実はそうではないのです。

 

どういうことですかと言えば、彼女に対する「自分の態度」が変わったわけでもないのに、彼女の「不満な態度」「寂しいという思い」が減ったとすれば、それはある意味の”危険な信号”なんですって…。

 

ですから、この状態をこのまま放置していると、からへと進んでしまいますからね。

 

そして、まで進んでしまうと、あとはXデーの「破局」にまっしぐらに向かうことになるのです。

 

「破局」にならないためには、私がいつも口を酸っぱく言っていることですが、やっぱり女性の話を男性が「聞き上手」になって聞いてあげる必要があるのです。

 

話を聞いているときには、女性の話に口を挟まず、解決策やアドレスも言わずに、”ただ共感して聞いてあげる”ことが大切なのです。

 

しかし、男性にとっては「女性の話をただただ聞き続ける」ということは、とても難しいことだと思います。

 

でも、女性の話を聞くことはとても大切なことなのです。

 

そして、女性の被害者意識を和らげるように、男性は少しでも「聞き上手」になって、話を聞いてあげて”女性の心を満たすお手伝い”をしましょうね。

 

 

女性には”こまめなメンテナンス”が必要なことを、男性は知っておくと良いと思います。

 

女性のメンテナンスの仕方は、【結論を出したがる男性は要注意?《男性が知っておくべき女性が持っている「会話のノルマ」》】を参照くださいね。

 

【最後に】

いかがだってでしょうか?

 

結論を言うと、

女性も男性にわかりやすい「SOS」を発信していこう!

ということです。

 

男性が気をつけることも大事なのですが、女性の皆さんにもできることがあると思います。

 

それは、”男性にわかりやすい「SOS」を発信する”ということです。

 

からに移行するときに、女性が男性に対して「不平」「不満」をぶつけたりして”不機嫌”になってしまうことがあるとお話しましたよね?

 

女性の多くは、

♀「私が不機嫌になれは、彼は私の気持ちに気づいてくれるわ。」

と思い込んでいるんです。

 

実際、それだけで女性に気持ちに気づく男性は100人に1人、いや1000人に一人かもいしれません。

 

その『女性に気持ちの変化で、男性は女性の気持ちを察するべき!』と思う、女性の気持ちもわからなくもないのです。

 

でもね、「男」って、”その気持ちに気づけない生き物”なんですよね。

 

「男」って、”そういうところに鈍感な生き物”なんですよ。

 

だから、女性の皆さんには、

♀「私、寂しいの…。」

と男性にハッキリと伝えてみてください。

 

中には、♀「女にそれを言わす男ってどうなのよ!?」という女性の気持ちもわかりますが、それだけで話し合いが進むことがとても多いですからね。

 

お互いに少しの、「思いやり」「歩み寄り」を見せるだけで”男女の破局”は防げるものですから、男性を徐々に『察のいい男』とか『できる男』に育成していきましょうね!

 

《婚活中の30代独身女性は知っておくべき!》良い男は「探す時代」から「育てる時代」です。

↑おすすめ関連記事:良い男は「探す時代」から「育てる時代」です。《良い男を育てられる”あげまん”、ダメ男をにしてしまう”さげまん”》

 

[sc:blog_ad ]
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/