相手が「あなたに会いたい!」と思う誘い方とは?《思わず会いたくなる人の特徴》

 

 

 

 

本日もこのブログの読者の方でメール登録をされている方の質問に、私が「お悩み相談」にお答えしたいと思います!

 

私なりにお答えした内容を

ピックアップして、

ブログの中で

【Q&Aコーナー】

としてご紹介していこうと思います。

 

今回相談したい内容は

「気になる女性をどうやって

デートに誘ったらいいか?」

という内容です。

宮さんこんにちは。

僕はいまデートに誘いたい女性がいます。

宮さんが以前のブログで

「相手がメリットになるようなこと考えて、

計画しておもてなしをすると良い。」

とありましたよね?

僕もとにかく彼女を情報収集して、

面白いネタ仕込んで、

彼女が楽しんでもらうように

努力してみようと思っています。

 

自分のように何の特技もない一般的な男子が、

宮さんのように

「聞き上手ではない人間」

の場合にどういうプロセスを踏めば

気になる女性にも会ってもらう機会

を作っ­てもらえると思いますか?

 

実際にお会いしてデート­をしたい女性

がいるのですが、

彼女へのコンタクトの方法

に悩んでいます。

是非宮さんのアドバイスを

よろしくお願­いいたします。

(30代 男性 会社員 Tさん)

 

《宮の回答》

Tさんが相手の女性のことを

いくら好きでも、

相手の女性にコンタクトを

取ったとしても、

「お誘いは嬉しいのですが、

今月も来月も忙しいので、またご連絡しますね。」

(私はあなたに興味はないの、

ごめんなさい。連絡はしないでください。)

と言う感じに当然ですが

断られてしまいますよね…。

 

相手の女性がTさんのことを

好きでなければ、

残念ですが…

「ただの迷惑男」

になってしまいます。

 

ですから、

相手の女性に

メリットがある提案

をしなければならないでしょうね。

 

Tさんが言うように、

その相手の女性のことを

徹底的にリサーチして、

彼女はどのようなことを

求めているのか?

 

それを彼女にピンポイントで提供できれば、

win-win(ウィンウィン)の関係

になって相手の女性も

 

Tさんに会う気になると思います。

それができなければTさんは

ただの一般的な知り合いの男性

と変わらない扱いをされるのは

当然だと思います。

 

彼女がミュージカルが好きなのであれば、

ミュージカルのチケットが二枚あるんだけど、

もし良かったら一緒にどうかな?

と誘ってみても良いでしょう!

現代はSNSなどのソーシャルメディアで

相手の投稿などを見れば、

どのような趣味なのか?

何が好きなのか?

などなどがわかる良い時代です。

 

ですから、

彼女をデートに誘う際には

「彼女が喜ぶことを徹底的に

リサーチ&マーケティング」

して彼女を喜ばすことです!

そして、交渉上手になることです。

頑張ってください!

 

◆追伸

私のところにもメールやTwitter、Facebookのメッセージなどなどから、

Aさん
宮さんの仕事に

感銘を受けました。

ぜひ一度お会いしたいので

ぜひ話を聞かせて下さい!

という内容の問い合わせがたくさん来ます。

 

私も時間が許す限り、

多くの方とお会いして

話を聞くようしたいのですが、

中にはマナーが悪い方もいます。

 

「会いたい。」

と言って連絡をしておきながら、

当日になって…

Aさん
「すみません、

仕事が入って行けなくなりました。」

というような方が

実際にいました…。(汗)

 

仕事であれば、

仕方がないと思うのですが…。

 

私にも予定というものがありますし、

時間に限りがあります。

 

ですから、その忙しい相手に会って…

「いかにして

相手に自分のことを

印象づけれるか?」

ということを考えなければならないのです。

 

ですから、

相手のことを徹底的に分析して、

「相手が喜ぶこと」

(メリットになること)

をして行かなければ、

その相手に印象付けられなければ

意味がありませんし、

その相手に気に入られることはありません。

 

これは交渉にも通じます。

 

Aさん
60分でも、

いや30分でもいいので

会えませんか?

そうおっしゃるのですが

これでは交渉ではありませんし

交渉決裂します。

 

相手にしっかり話を聞いてもらい

色々とアドバイスをもらいたいのであれば

色々考えなくてはならないと思います。

 

そうなのであれば、

どこに行ったらいいか?

何をすればいいのか?

などなど、自ずとわかってくると思います。

IMG_2136

先日、私は堀江貴文さんにお会いしてきました。

IMG_2137 IMG_2139

堀江さんにお会いするのに、

私は堀江の著書の

【ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく】

を読んで、その本を持って会いにいきました。

 

 

すると堀江さんは…

堀江さん
本を読んでくれてありがとう!

サイン欲しいの?

いいよ!

僕の本を買って読んでくれた人

には喜んでサインするよ!

と言って本にサインもしてくれて、

色々と為になるお話を聞くことができました。

 

堀江さんはサインをしてくれたし、

堀江さんとお話もできました。

 

でもそれができたのも

堀江さんの本」

を購入して読んでいたからです。

 

自分が書き上げた本

読んくれた読者が

サインを求めてきたり、

お話を聞きにくることは

本を書き上げた著者としても

嬉しいと思うのは当然だと思います。

 

ですから私は

「相手が喜んでくれることは何か?」

をいうことに集中して、

【ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく】

を読み込み、

その他にも堀江さんが書いた本を

数冊読んだし堀江さんが配信している

有料動画も登録して準備していたのです。

 

私も仕事柄、

色々な方にお会いします。

 

私に会いにくる方は、

私が開催する

ワークショップ講座

に申し込んでくれたり、

お試しカウンセリング

にお金を払ってでも

会いにくてく方々が

いらっしゃいます。

 

私もそういう方々には

精一杯の気持ちで対応させていただきますし、

何より

私が会いやすい行動

をしてくださってくれています。

 

ですから、いきなり…

「私の話を聞いてください」

「宮さんの話を聞かせてください。」

「いついつ、会えませんか?」

という、

アポの取り方

をする人には私も会いにくいし

その相手と会う気も失せてしまう

ことに気づいていないんですよね…。

 

◆最後に

以前の私も…、

「自分は何も無い、

だから教えを請いたい…。」

と思って色々な人にアポなしで

会いに行っては、

門前払いをされてきました…。(汗)

 

いま考えると、

その考えは

「甘え」

だったと思います…。

 

私も一日24時間しかないのに、

忙しい相手も同じ24時間しかないのです。

 

それを考えると相手もその忙しい中で、

優先順位を考えては…

「誰に会うか?」

と考えると思うので、

時間に限りがあるので

それは決めざるおえないですよね?

 

ですから、

今回の質問の内容で言えば…

「自分が彼女(相手)に

何を与えられるか?」

を考えて、

その彼女(相手)に

最大現に合わせる。

ということだと思います。

 

この考えは恋愛だけではなく、

ビジネスや人間関係でも

必要な考え方だと思いますからね。

 

また、

フットワークが軽くない人は

難しいかもしれません…。

 

 

あなたはフットワークは軽い方でしょうか?

 

そして、あなたが会いたいと思っている人から…

相手
私も君に会ってみたい!

と思われるようなアポイントを

取れているでしょうか?

 

おそらく、

ポイントが全然取れないという人は

このあたりの事

ができていないし、

その事をもっと考えてみてくださいね!

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!

 

募集中の講座・カウンセリング

お試しカウンセリング

60分のカウンセリングで、あなたの真の悩みを聞き出し、婚活(お見合い・ネット婚活)あげまん・個別セッション講座やブログの中でお話している「男性の本音」を男性目線でわかりやすくアドバイスをさせていただいております。

※無理な勧誘や営業はしませんのでご安心ください。まずは気軽にお話をしましょう!

 

オンライン講座 まもなく再募集開始!

2018年1月スタート
・ネット婚活アプリを使って結婚相手を探すテクニック
・SNSアプリを使って婚活を進めたい方
・会う前に好意的に接してもらう発信スキルなど

 

読むだけで「あげまん」になれて
素敵なパートナーに出会えるブログメール配信中!

このブログの読者になると、更新情報をいつでもあげまんになれるヒントを受け取れるようになります!

登録はこちら→読者登録する

 

  Facebook・Twitter・Instagramでも役に立つ
情報を投稿しているのでフォローお願いします!  

 

Instagram

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

あげまんコンサルタントの宮 弘智

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/