相手を素晴らしい気持ちにさせるコミュニケーション

コミュニケーションを取る上で大切なことがあります。

「コミュニケーションを図る目的そのものを忘れてはいけない」ということです。

人はなぜお互いに話し合うのでしょう?

コミュニケーションの目的をどのように考えると、充実した人間関係が築けるのでしょうか?

そもそも、愛から来るコミュニケーションはどのようなものでしょう?

人間関係を改善させるコミュニケーションや、充実した男女関係を築けるコミュニケーションには、独特な感情があり目的意識があるようです。

コミュニケーションの目的は「相手を素晴らしい気持ちにさせること」です。

もう一度言っておきましょう。

経営コンサルタントをしているジェームス・スキナー氏の書籍373312-1「愛の億万長者」の中にで、コミュニケーションの目的は「相手を素晴らしい気持ちにさせること」と紹介されています。

愛の億万長者

¥1,500
Amazon.jp

それだけ簡単で単純明快なことなのです。

そして、もしそれが本当であるとするならば、毎日その目的にフォーカスを置いてコミュニケーションを図る必要があるのです。

今朝、あなたはパートナーとの会話の中で、「この目的」を果たすことができたでしょうか?

昨日はどうだったのでしょうか?

あなたとの会話が終わる時に、相手は最高にいい気持ちになっていたでしょうか?

あなたは彼女に愛を伝えたのでしょうか?

あなたは彼のプライドを立ててあげたのでしょうか?

または、パートナーを美しく感じられるようにしてあげたのでしょうか?

パートナーの人間性を信じて肯定し、大きな希望と可能性が感じられるようにしてあげたのでしょうか?

そして、あなたはパートナーに感謝を示したのでしょうか?

それとも、小言をばかりをグチグチ言って、叱責して、今の悪い状況をパートナーのせいにしようとしていないでしょうか?

また、あなたはパートナーに変わるように要求して、自分の心の悪の部分を露にしてしまっただけなのでしょうか?

もし、喧嘩をするようなことがあっても、この「相手を素晴らしい気持ちにさせるコミュニケーション」を思い出させてあげましょう。

そして、最後にパートナーが”最高の気持ち”になれるようにして差しあげましょう!

これはビジネスにおいても同じことが言えます。

この原則が適用されることは言うまでもありませんね。

あなたはお客様と接するそもそもの目的は「お客様を最高の気持ちにさせること」なのです。

満足では満足しない…。喜ぶだけではつまらない…。

あなたが「お客様が完全に腰を抜かすところまでやる!」とどうなるのでしょう?

それはあなたが「愛の源」になることで成せる行為であり、商売が繁盛し、与えた愛があなたに戻って来るのが分かるでしょう。

そまさに「ギフト」なのです。

そもそもコミュニケーションのやり方、相手を素晴らしい気持ちにさせる方法は、何も言葉(会話)だけではないのです。

・言葉(会話、言語:聴覚)

・声(声の大きさ、音:聴覚)

・表情(笑顔、視覚:視覚)

・動き(ボディーランゲージ:触覚)

実際に相手のためにしてあげることは五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)すべてがこのためにあるのです。

あなたの笑顔一つで、相手は素晴らしい気持ちになることもあるでしょう。

あなたが夕食を用意してあげることで、相手は喜ぶこともあるでしょう。

つまり、コミュニケーションとは「自分のギフトを与え、相手からのギフトを受け取るプロセス」にほかならないということを理解するとで、相手から愛を奪うことをしなくて済むことに気づくでしょう。

 

【宮 弘智のおすすめ書籍】
373312-1https://www.miyacoach.com/blog/archives/2680

【書評をご希望の著者の方へ】
373312-1https://www.miyacoach.com/blog/archives/2651

 

【5月の”聞き上手になれる”お茶会690637

5/25(土)13時〜 彼の男心をアゲる『アゲMAN(男)』(あげまん)な女子限定ランチ会開催♪
373312-1https://www.miyacoach.com/blog/archives/2492

 

【彼が進んでプロポーズしたくなる”私”になる4ステップ】
プロポーズさせニスト 宮 弘智
image
373312-1http://www.miyacoach.com/love/

 

【話し相手、愚痴聞きをお探しなら】
聴き上手の宮 弘智へ
logo
373312-1http://www.miyacoach.com

mainichi_4
LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/