自分に質問することとは?

皆さんは昨日と同じ今日を生き、今日と同じ明日を演じる事に忙しくなっているのではないでしょうか?

新しい時間は、いつでも、何処でも始められることは誰でも知っています。

その自由は、あなたもずっと前から知っているし、待ち望んでいるのではないでしょうか?

不思議なもので時間はこうしている間も刻々と過ぎていきます。

何かに打ち込んでいても、心配で何にも手につかない時も同じ時間が流れています。

多くの方が”感覚”だけで世界を見て暮らし始めたら…一体どのような毎日が、世界が待っているのでしょう?

誰もが毎日を、このように生き、昨日の自分を思い出しては、今の自分を『自分』だと認識しています。

しかし、昨日の自分より『今の自分』の方が成長出来たのだろうか…とか、

何を手放し、何を加えたら成長出来るのだろうか…とか。

そんな事を日々考え、試行錯誤と工夫を繰り返し、突然に昨日の自分が懐かしく感じる…。

自分が世界が、古めかしく感じられるような瞬間を感じることもある。

あなたが好きな事は何か?

自分が好きなことは何か?

本当に自分が好きな事をしているのだろうか?

どうして自分がそこにいるのか…。

突き詰めると『どう生きていくのか?」

そんなことになってしまう。

自分の思考と感情が、自分の人生を創っています。

何を思うか?どう感じるのか?

何となくそう思い、そう思い感じる。

その”当たり前”を、疑ってみるのです。

そして、たまに頭の中でおしゃべりを黙らせて、目をこらして、耳を澄ますのです。

すると、あなたの周りの世界で『新しい世界と機会』が溢れているのに気づくでしょう。

「どうせ◯◯に決まっているよ」ではなく、

「もしかしたら…」と気持ちで覗いて見ると…

見えてくるものがあるでしょう。

「それ興味ない事だよ…」

そのようなものを見つけたら、

逆に食いついて、ぶら下がってみたら…

きっと以外に面白かったり、意外なものが手に入ったりする経験ない?

新しいくて「楽しさに溢れる毎日」は、

あなたに発見されるのを待ち望んでいます。

そう、探さなくても良いのです。

あなたがいる場所は常に『ヒント』に溢れていることに気づくでしょう。

目的地に到達するまでは様々な手段があるでしょう。

しかし、その手段を使うことすら、

いつのまにか『目的』になってしまっていることもあるよね。

どうやって、自分の心の底から喜ばせられるのか?

では、こんな質問を投げかけてごらんよ。

「どうしたら…」

そして、頭の中を整理して、

心をスッキリさせて。

部屋をきれいして、

気持ちの良い部屋に自分の身をポンと置いて。

明るい人に会いに行こう。

人に優しくしてみよう。

そうなっていくと、ありとあらゆる過程をショートカットして、

何処からともなく、素敵なアイディアが溢れて来て、

あなたの人生をがらりと

変えてくれるかも知れません…。

良いアイディアとは、

『良い質問』から出て来るプレゼントなのです。

「どうしたら楽しい誕生日会になるかな?」

「どうしたらビックリ腰を抜かすような誕生日会になるかな?」

「どうしたら『一生涯の思い出に残る』誕生日会に出来るかな…?」

質問によってその『答え』は変わります。

その『答え』によって、その人の『人生』も変えてしまいます。

良い質問をが出来る人は『自分自身の人生を自由自在に変えられる』のです。

そして、自分自身にする質問を変えてあげることによって、

成りたい自分になれるのです。

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/