◯◯が貧乏な人は、お金も貧乏!?

「◯◯が貧乏な人は、お金も貧乏!?」というテーマで「何がお金に関係があるの?」と心の中で問いただした方は多いと思います。

今日は「愛」「お金」の関係についてお話したいと思います。

image

大金持ちの事を「資産家」と言いますよね?
つまりそれは大きな資産を持っているという意味なのです。

そして、この「資産」とはどういう意味なのでしょうか?

会計学によると、資産とは「お金を払って取得したもので、引き続き持っており、減価償却が終わっていないもの」という意味になるそうです。

ちょっと聞きなれないこの定義は、税理会計を行う上で最も大切な概念になるのですが、資産の形成の上において、何の役にも立たないのです。

そこで、より近代的な考え方は…。

資産とは、お金の流れを生み出すものです。

負債とは、お金の流れを食いつぶすもの。

だというものがあるのです。

しかし、ここで疑問が湧いてきますよね?

「お金の流れを生み出すには、どうすればいいのでしょうか…。」と言うことですね。

簡単なところで、自動車一台を例に考えいきましょう。

自家用車はほとんどの場合、負債といえます。

維持費やガソリン代、保険料など、お金がかかって仕方ないといっていいでしょう…。

しかし、同じ車がタクシーの運転手さんにとって、大きな資産となり、毎月の収入を生み出してくれるものになります。

一体何が違うのでしょうか?

持っているものは全く同じなのに「資産」にも「負債」にもなりますね。

では、家の場合はどうでしょう?

マイホームを建てると、維持費やローンの利息といったお金がかかるばかりです…。

しかし、賃貸を営む方にとって、これは大事な収入源ですし、生活の基盤といえます。

それは、どんな物であっても同じなのです。

資産にも負債にもなりえるのです。

物でお金の流れを生み出すためには、一体何が必要なのでしょうか?

それは、資産にも負債にもなりえるというこ事です。

物でお金の流れを生み出すためには、一体何が必要なのでしょうか?

その答えは『他の人のニーズを満たすためにそのものを使うとこと』だと思います。

つまり、それはなのです!

自分のためだけに持っている物は全て負債となり、お金の流れを食いつぶしていくのです。

しかし、他の人の役に立たせるようにすると、それは資産になります。

自分自身を豊かにしてくれることと一緒なのです。

わがままは貧乏の道に過ぎないのです…。

自分の持っているものを全てを、他の人のために活用しようとする事は、愛の道であえるし、大富豪とも億万長者へつながる道なのです。

「愛の大富豪」のもう一つの表現ともいえますね。

自分の為だけの人生を生きているだけでもありません、自分の為だけの物を所有しているわけでもありません。

実を言うと、実際は自分のニーズを満たすだけであれば、大したお金は要りはしないのです。

それなりの食べ物を得れて、住む所を確保して、着る物を手に入れることなどは、そんなに難しい事はないと思います。

しかし、他の人のニーズを満たそうとする思いがあれば、お金があっても、まだ足りないと思う事でしょう…。

天地や万物は上手く出来ていますから、他の人間を助ける心がない人間のところに大きな財産が集る事はないでしょう…。

しかし、他の人間を助ける大きな夢を思い描けば思い描くほど、自分の所に大きな財産が集ってくるでしょう。

愛の大富豪も、お金の大富豪も、表裏の一つのものとしていえましょう。

次回は「人生を最高の努力で済ます」ことについてお話しましょう。

ほとんどの方が、何に対しても、最低の努力で済まそうとする事があります。

そこで、手を抜いてしまう人生が始まるんです…。
しかし、愛は違うことについてお話します。

お楽しみに!

logo_love logo

 

LINEで送る
Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Miya Coach

名前:宮 弘智(みや こうち) あだ名=みやっち 血液型:小さな事にこだわらないO型 健康:体力勝負は負けないぜ〜!(自分を追い込むドM型) 特徴:目が開いてないといわれる。(本人はパッチリ二重) 職業: ・プロポーズさせニスト ・話し相手、愚痴聞き、傾聴サービス 経歴:二十歳でテニスコーチとして就職する。 当時の上司から「ザ・リッツカールトン」の話を聞くうちに、そのサービスと心からのおもてなしに感動しテニスコーチからリッツカールトンのホテルマンになることを決意する。 二十七歳で「ザ・リッツカールトン東京」に転職。 初めて働く外資系の職場。 英語を話せないことから、ありとあらゆるミスや失敗をして、胃潰瘍や腰にポリープができるまでストレスを溜め込んでしまう…。 しかし慣れない環境に苦戦する中で、お客さまと真摯に向き合い、お話を一生懸命に聞くことで信頼関係を結ぶことができると気づきはじめる。 お客さまの話し相手としてホテルの部屋に呼ばれたり(当時禁止されていました)、ホテルの外でも会って話相手になることが増えていった。 自分が話を聞き、話した人が自ら「自分が進むべき道」を決めることができるようになるのを見て、かつてない喜びを感じた私は、話を聞くことを一生の仕事にしようと決意するのだった。 「ザ・リッツカールトン東京」を退職し、話を聞き、進むべき道を気づかせる、コーチングの会社を設立。 しかし、独立したものの生活は厳しかった…。 電気が止まる(笑) ガスが止まる(笑) 最後に水道が止まった(笑) このままでは心臓が止まる…死ぬ。(笑えない!) 貯金も底を尽き仕事をしなければと思い、以前から興味のあった「東京ディズニーリゾート」でキャストになり、ホスピタリティーや人を喜ばせることを学び続けた。 コーチングの仕事をしながら「男女のコミュニケーションとニーズの違い」の研究をはじめる。 「婚活に悩む30代男女の気づきのブログ」を開設。コミュニケーションの違いから遺伝情報の違い。職場での男女関係の築き方、伴侶と良い関係でい続ける方法などを伝えるコーチとして、1000人以上の男女の話を聞き続けた。 2012年「聴き上手の宮 弘智」としてマイナビやエキサイトニュースで取り上げられさらに、男女コーチングの経験を生かし、世界初の「プロポーズさせニスト」として「プロポーズされる女になる4つのステップ」サービスを開始。 現在は多くの女性が、パートナーと幸せな結婚生活を送るため考え方やテクニックを啓蒙していくべく活動中。 プロポーズさせニスト宮 弘智 http://www.miyacoach.com/love/